上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がついたら、かれこれ3週間も放置していました。
その間、何をしていたかというと、平日は某メガバンクのシステム開発で
23時頃に退社(帰宅は24時過ぎなのですが)していました。
休日は土日とも葛西臨海公園でカイトの練習。

大会での成績は大したこと無かったですが、とりあえず自分の印象だけは与えて
終了し、自分なりに納得のいく出来でした。

昨日もカイトをしていたのですが、遊び過ぎて足腰が立たず、ほとんど寝たきりの1日
だったのですが、少しばかり部ログのマイナーチェンジをしようと思いました。

bocoのdeco*boco」というサイトをリンクさせて頂いているのですが、
このブログの中で使用されている「カピバラさん時計」が最近妙に気になり出して、
「そういえば、自分のブログには時計が無かったっけΣ(゜□゜;」
ということで、私もカピバラさんを設置してみようかと思ってしまいました。

私のブログの左上にやたらと「ゆる~い時計が見えると思います。
まったりとして頂けると光栄です☆⌒(*^∇゜)v !
スポンサーサイト
今まで書いていたブログが突然閉鎖になってしまいました。
そこはアクセサリー専門ブログだったのですが、和気藹々とした、まるで大学のサークル感覚で運営できた空間でした。

「自由気ままに・・・第2章」となっているのは、そこでのブログのタイトルが「自由気ままに・・・」だったので、それ以上のブログにしようという気持ちからつけられたタイトルです。
前のブログはどうしてもアクセサリーの話題を前面に出す必要がありましたが、こちらではそれに限らず、休日に行っているスポーツカイトや、その他興味のある内容も積極的に綴っていきたく思います。

こちらのFC2さんで今回からお世話になりますが、何せ機能を全然理解していないので、最初のうちは何かと手間取ってしまうかもしれませんが、なにとぞ宜しくお願いします。

テーマ : ブログはじめました
ジャンル : 日記

修業は相変わらず続きます。。。 さすがに「もう銅板の画像なんて見飽きたよ!」なんて思われた方もいらっしゃるかと思いますが、 そんな声を丸っきり無視し、半ば意地になって画像をアップしております。 とはいえ、同じ角度からの画像だとさすがに反射で見難く、どの程度まで上達したのか全然分からないかと思い、 少し斜めからの画像に今回は切り替えてみました☆⌒(*^∇゜)v !


昨日は5センチ四方の銅板に1.65センチ間隔でケガキを入れ、それをヤニ床にセットして彫りました。 前回はけがいた後でカットし、1.65センチ幅の銅板をセットしていたのですが、 ずぶずぶ・・・ずぶぶぶぶ という具合にヤニ床の中に銅板が埋没してしまい、彫る場所が少なくなって「酢酸アミール」という非常にシンナー臭のする薬品で銅板の付着したヤニを除去していました。 今回はそんな時間すら惜しい、と思い、カットしないでそのままセット。その後に彫っていますが左から古い順になっています。 いちばん右だけ、「丸毛彫り」と呼ばれるタガネを用いて一部彫っていますが、左2点の彫りとその差異がわかりますでしょうか? 左2つはシャープな感じがしますが、ちょっと線が細い感じがして、唐草というよりは「蔓に無数の針が刺さっている」ような印象がしなくもありません。 右は部分部分で太くてやや深く少し丸みを帯びた彫りになっています。こうした後を彫れるのが「丸毛彫り」なのですが、この彫りの難点は大きなスペースには有効なのですけど、狭い部分には向かない、という点です。 つまり今まで私が行ってきた細かい唐草のデザインに対しては、やや不利なのです。 む、むぅぅぅぅ(--〆) まぁ5センチ四方の銅板はまだ3枚持っていますので、3週間は練習できるということで、その間に「丸毛彫り」に適したデザインを模索してみようと思います。 少し時間があったので、前回製作途中であったペンダントトップの丸カンをロウ付けしようと思ったら、教室で今まで使用していた「ブルーフラックス」が品切れになってしまったそうです。 「通常のフラックスがまだいっぱいあるので、ブルーフラックスは購入しない」との事ですが、小さなパーツには通常のフラックスでは銀ロウが流れにくいんです。 仕方なく、東急ハンズ渋谷店にてブルーフラックスを購入(新宿店ではないところがミソです♪)。


まさかフラックスを自前で購入するとは。。。そのうち銀ロウも自前で購入することになるかも。 「タガネやオタフク槌も自分用に作った方が良いですよ」と土曜日担当の彫金の先生が言っていましたが、このままでいくとガスバーナーとリューター以外の工具は全部自前で購入しなくてはならないかもしれません。 ドリル刃とか棒ヤスリとか結構ガタガタになっていますし。 私は他の彫金教室は知らないのですが、こういう消耗品で値の張るものって、皆さん自前で購入されているのでしょうか?
自宅にアートクレイ倶楽部からセミナー案内の封筒が届きました。 メインは特別研究コースの案内ですが、金融系SEの仕事をし、 特に今回の仕事は来年の秋まで修羅場が確定している私にとって、 平日参加など到底出来る筈ないですし、そんな金もありません。 端っからパ~ス(^。^)y-.。o○ そんな中にも、興味のあるセミナーがありました。 中村るみ先生の「日本の美を見つめ直す-金粉と和紙でつくる和風ペンダントセミナー」。


こ、これだΣ(゜□゜; 私が受講せずして誰が受講するっちゅうねん! という気持ちが沸々と沸き起こってしまい、本日の朝10時過ぎに陽だまり工房に早速申込みの電話を入れてしまいました。 平日休むわけにはいかないので、6/29(日)に申し込みましたが、あっけなく受理されました。 とにかく「手ぶら」で参加出来るのが一番の魅力です。 前回は緑川先生の「二本爪とオパールのスクゥエアリング」。そして今回は中村るみ先生の「和風ペンダント」。 銀粘土ならではの「にゅるるん」とした(?)作品を作りたく思います♪
史上最強のゆるキャラ「ひこにゃん」に心を奪われまくりながらの彫りの練習を行う日が続きます。 未だに癖は直らない状態のままなのですが、先生に見せると何故か好評だったりします、私の唐草彫り(--〆) デザインで誤魔化しているだけで、細部は全然駄目なんですけどねぇ。。。 「もう本番で大丈夫なんじゃないですか?」と先週あたりから言われているのですが、彫りの幅が一定なのがどうも気に入りません。 「唐草彫りはどのレベルで自分に見切りを付けるかがポイントなんですよ」 とこの課題を終えた人は皆さん言っていますが、私は全てが納得した上でないと先に進めない性格なので、特訓はまだまだ続きます。 最初に彫ったラインの上を次の彫りのラインが潰してしまったりして、結構ガタガタになります。


前回の練習したプレートを左に3枚並べ、今回の2枚を右に並べました。一番右が最新のものになります。 だいぶデザインは一定してきたようです。 前回、「いきなりリングは無謀~Σ(゜□゜;」と先生に言われたので、彫りで疲れた時に合間合間でペンダントトップに着手してみました。幅15ミリ×長さ40ミリ×厚さ2ミリの地金に3ミリ×10ミリ程の長方形状の穴を糸鋸で空け、直径2ミリの丸カンを4つ通しました。 ・・・まだロウ付けはしていませんが。


考えたらペンダントを彫金の課題で作るのは今回が初めてですΣ(゜□゜; これと同じデザインの杢目金の地金のペンダントが教室に置いてあるのですが、ちょっと面白いなぁ、いつかこのデザインで自分も作ってみたいなぁ、と思っていました。そのペンダントも唐草彫りが施されているのです。 で、帰宅途中の自宅から最寄りのセブンイレブンでこんなものを購入。


期間限定の缶コーヒー。「ゴルゴ13」です。何気にデザインが好きです。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。