上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の13時から彫金教室に行き、杢目金の制作をスタートしました。 杢目金・・・この課題は銀と銅を使用し、金属による木目模様を表現する江戸時代は出羽秋田県が発祥とされる伝統的な金属工芸の一つです。 元々は日本刀の鍔(つば)に使用される技術なのですが、これがジュエリーに応用されるようになりました。 ポイントは以下の2点。 ●異なる金属によるデザイン表現 ●とも付け 今日は以下の作業を行ってきました。 ?縦2センチ、横2センチ、厚さ1ミリの銀と銅をそれぞれ12枚カットします。 ?銅と銀を交互に重ね、一番外側の面に修正液を塗る。 ?銅製の大きなクリップで地金を挟んで、高温のガスバーナーの火で地金の側面4箇所をドロドロに溶かす。 ?ハンドルのついた巨大なローラーに地金を挟み、厚さ6ミリになるまでプレスする。 ?ヤニ台に地金を載せ、タガネで銅の上から銀肌が見えてくるまで、模様を彫リ出す。 ?再度ローラーでプレス。      その結果が上に掲載した「薄汚れた地金」です。今、縦3.5センチ、横2.5センチ、厚さ6ミリのサイズになっています。 普通、地金は銀ロウでロウ付けするものですが、高熱で融点の異なる金属を溶かすと、融点の低い金属が高い金属にくっつこうとします。 このような溶接方法を「とも付け」と呼び、ロウ目が無い分、溶接部分の見分けがつき難いという利点があります。 ただし、あくまでも融点の違う金属に対してのみ有効な方法です。 この地金に対し、タガネで模様を深く彫リ出す→ローラーでプレス→潰れた模様を再度タガネで彫り出す→ローラーでプレス というように厚さ1ミリになるまで繰り返します。 これを2ヶ月行う予定(^_^;)
スポンサーサイト
去年末にデザインを起こし、1月中旬より制作していた彫金作品がやっと完成しました(^_^)v 四角い箱をモチーフにした「箱もの」のリングに4つの石(ぺリドット3つ、アメジスト1つ)を、各側面の同一方向に対し、「ポンチ留め」にて石留めした作品です。 各側面には2つずつ穴があり、そのうち石留めしていないもう一方の穴は、ダミーの穴です。テクスチャーにしています。 更に内側のリング本体にも4つの穴が開いています。 そもそもこれは、ロウ付けした後で、硫酸で酸洗いを行う際に、箱の中に流れた硫酸を水で洗い落とす為の水の逃げ場になっているのです。 今日の11時に教室に行き、先日石留めで玉砕したので、その教訓から「伏せ留め」を止め」、「彫り留め(ポンチ留め)」に切り替えようと思い、まずは厚さ1.5ミリの銅板で練習をする事にしました。 でもハンドドリルで直径4.1ミリの穴を2箇所開けるのに3時間半かかり(その間、ドリル回しっ放し)、それからポンチ留めの練習に1時間費やしました。 ポンチ留めとはいいますが、ミルタガネを使用しての彫り留めで「ナナコ留め」とか言うそうです。「ナナコ」の正式な漢字を私は知りませんが。。。 練習で上手くいったので、実際に天然石を使用して、作品に彫り留めを行いましたが、プレッシャーで今日は追加購入したアメジスト4ミリをダメにしました(T_T) ミルタガネがアメジストに直撃~!!!(T_T) ああ、この東京砂漠~♪・・・ち、違う!Σ(゜□゜;) ああ、何てこったい! 泣きながら必死に石留めしました。これで前回のぺリドット1個とあわせ、計3個の石を破壊しました。 でも「箱もの」でリングを作る、という発想は珍しかったらしく、しかも薄い箱ものに「彫り留め」を行うというタブーを犯したわけですが、逆にそのチャレンジ精神は評価されました。。。 何にせよ完成です。3ヵ月半かかりました。 燃え尽きた~。。。 これで次回は宣言どおり、「杢目金」に入れます。 でも今度も持久戦なんですよねぇ。。。。
先週の土曜日にとんぼ玉教室に行った時、ガラスで葉っぱを作りました。 ただ、幾ら作っても徐熱材の入った箱の中に、まだ熱を持っている作品を入れた時点でことごとく割れてしまい、ほぼ壊滅状態でした(T_T) その際に、先生がサンプルとして制作された葉っぱを頂きました。右側の素敵な一品が先生作。 ちなみに左側のちゃちなのが私の作ったもの。唯一割れなかったのはこれ1点だったのですが、これ、実は一番最初につくった一番出来の悪い葉っぱです。その後、かなりリアルな葉っぱが作れるまでになったのですが、全部割れました。。。 このサンプルくらいのレベルの作品、作れるようになりたいです(T_T)
そして石枠部分です。。。 去年の9月中旬から11月末までかけて作っていた力作です。 リング部分、石枠部分と螺旋状に拘った作品で、銀粘土のスロードライで花びらを作り、それを彫金のSV950銀線と組み合わせています。 去年の秋にアートクレイ倶楽部全国セミナー「シルバーアレンジメント」があり、男だてらにもこのセミナーに参加してきました。 銀粘土でバラの花を作るものです。 講師の先生は「一番難しいのはカトレアとか胡蝶蘭とかいったラン科のお花なんですよ~♪」と仰っていたので、是非作ってみたいと思ったわけです。 9月一杯かけて石枠を作り、10月一杯かけて油粘土でお花作る特訓を、11月からリング制作に入りました。 使用している天然石はラウンドカット6ミリのガーネット。これをサーティーワンアイスクリームのコーンみたいな石枠の上にのせて爪留めしています。 でもいぶしたら何か「胡蝶蘭」というよりも「エリマキトカゲ」みたくなってしまいました(^_^;)
自宅のPCが昨日21時にクラッシュしました。 詳しくはノートPCのバッテリーパックですが。。。 ところが販売終了になったPCのバッテリーパックなので、入手不可能な状態です。 そんなわけで今、地元のネットカフェから書き込んでいます。 googleでバッテリーパックを検索してみましたが、扱っている店は皆無。。。 PC購入する金もない状態で、どうする私。。。。 そんなわけでしばらくカキコミできないかもしれませんが、ご了承ください。
今日は朝から中野区議会議員選挙があって、普段の私なら日曜日は午前中寝ぼけているのですが、 珍しく朝5時半頃に起床し、洗濯機回してのんびりTV見て10時頃に投票してきました(^_^;) んで、午後から空いたので、15時くらいまで銀行業務検定試験の受験勉強し、新宿・東急ハンズに出かけてきました。 8月中にサイズが全部異なるリングを成り行き上、20~30個作らなくてはならなくなり、考えたらリングゲージ持ってなかったので、いつか買おうとは思っていたんです。 資格取得してもう3年目にもなるのに、未だにリングゲージも持っていないなんて。。。 彫金では圧倒的に平打ちリングを制作する事が多く、アートクレイ倶楽部でも、通常のリング・ゲージは売っているものの、平打ち用は販売終了しているので、では、とばかりに購入に踏み切ったわけです。 金額3,257円也(税込)~(T_T)/~~~ 意外と高いですΣ(゜□゜;通常のリングゲージが確か税込で1,680円(ただし、技能認定士なので、これの15%オフです)するので、約倍するわけです。。。 幅広で素材が2倍くらいの金属使っているしなぁ・・・・(え、そんな問題ではない?) 隔週の土曜日に教室に通っているので、いつも号数はそこで測っています。だから別段号数を測ることもしないし、彫金だと結構時間かかるし、その多くがメンズ物になるわけだから、必然的に自分の指用になります。 自分の指なんて殆ど全ての箇所のサイズを記憶しているので、こんな文明の利器なんて本当はいらないのですが、自分以外の人に今年の夏はリングを大量に作る必要性があるので、仕方ないですね、買うの。 そのうち、リューターとか、バレルとか買いそうな気がしなくもない(ーー;)
今日は彫金教室&とんぼ玉教室ダブルヘッダー2日目。 本当は例の「箱もの」のリングを完成させる予定でした。「箱もの」としては完成しているんです、「箱もの」としては。。。 問題は「彫り留め」と組み合わせた課題にしているので、天然石ぺリドットを「伏せ留め」で留めようとしたのです。 ところがいくらやっても石が留まらず、作品の表面はタガネの傷だらけになり、しかも石は割れてしまいました(T_T) ぺリドットは脆い石なので、タガネ部分がちょっとでも当たるとすぐ割れるんです。当てた覚えはないのに。 石は割れ、しかもタガネで寄せた部分で石用の穴は狭まり、周りはガタガタ。。。その前にヤスリとバフで擦り飛ばしているので、結構表面は薄く、これ以上は擦り飛ばせない状態なのです。 ああああああああああああああああああああああ(T_T) とりあえず、石は余分に購入しなくてはなりませんが、脆いぺリドットはもう使えません。仕方ないので同じサイズのアメジストをとりあえず2個購入。 今月30日に予約を入れ、せめて2個は石留めをしようと覚悟を決めました。 ガラスの方は、一応ぶどう玉は完成。でも次の課題のガラスの葉っぱはことごとく割れてしまいました。。。こんな悲惨な日もあるんですね。。。 気を引き締めて、4/30に挑みます。 そんなわけで今日はギブアップ。戦意喪失して帰宅しました。
去年のコンテスト作品のシリーズ物(全4点)のうち、3点まではブログに載せていたのに、ガラスだとか彫金だとかを載せていたらすっかり最後の1点を度忘れしている事実に気付きました。 ブローチ、ペンダント、ピアスと紹介しましたが、最後にリングを載せたく思います。 甲丸リングですが、まるで木魚みたいにズングリした指輪です。 こういったコンテストでは皆さん、アピールの為、ビッグサイズの作品を出品するのが暗黙の了解みたいで、しかもブラスワークになると立体的な作品など作れるわけが無く、かなり無理して大きく作ったのを憶えています。 で、これは何をイメージして作ったものかというと、「昆虫が飛んでいる所を待ち構え、捕らえようとする食虫植物(左側の物体が「蝿」をイメージし、右の物体が「蝿採り草」)を意味しています。。。 う~ん、判り辛い(^_^;) 一応角度を変えて画像を3つ載せました。 こうしたリングに真鍮線を埋め込むのが一番難しいのです。ある程度大きさが制限されるのでブローチやペンダントのようにはいかない。かといって小さい作品に埋めても削り出す苦労は同じ、というかリングの方が難しい。しかも弧を描いているので、真鍮線も同様に弧を描きつつ、象嵌しなくてはならない。 焼成前の象嵌時点でこれだけの苦労をし、焼成後においても平面作品よりも真鍮線の外れやすい危険性と隣り合わせになりながら、限界ギリギリに削り出す作業を強いられます。 楽しみながら作る銀粘土の中において、もっともストイックさを要求される技法です。そのくせ完成度高く作れば作るほど、見る側は素通りしていくほど目立たない出来になる・・・展示会では注目され難い、非常に割に合わない技法です。 事実、入選後に「ホビーショウ」で私の象嵌作品が展示されましたが、全くの素通り。。。 評価して下さったのは、同業者のみ、という厳しい結果に終わりました。 彫金に転向した今でも、このブラスワークシリーズはガラスフュージングと共に、絶えず制作していますが、私は常に「日常で身につけられるもの」を意識しての制作態度は何ら変わっていません。 今後ますます銀の高騰が予想されるので、制作する側もコンテスト向けの大きく派手な作品は厳しくなるかと思います。 そんな中、コンテスト参加者はそれでも益々アピール度の高い作品を制作されていくのだと想像できますが、私はむしろ同業者が「う~ん」と唸る渋い作品作りを目指したい、と思います。 そんな人間が一人くらいいても良いですよね?(^_^;)
先週の彫金&とんぼ玉のダブルヘッダーを体験して、これは体力的に無理があると悟った私は、来週の土曜はとんぼ玉だけに専念すべく、今日の14時に急遽、彫金教室の予約を当日行いました。 「今行きますから」って。。。 例の四角いリングに石を留めるべく、ハンドドリルにドリル刃を取り付け、穴を開ける作業に行ったのです。 開ける穴は全部で8箇所。石はラウンドカット天然石の直径4.1ミリ。 事前に開けてあったのですが、バフ掛けを行ったら表面を必要以上に削ってしまっていたので、丁度良い大きさに開けていた穴が浅くなってしまっていたのです。それを開け直す作業をしていました。 まずドリル刃2ミリで穴を開け、次に2.5ミリ→3ミリ→3.5ミリ→3.6ミリ→3.7ミリ→4ミリ→4.1ミリ→4.2ミリ、の順に行いましたが、途中ドリル刃が地金に引っ掛かり、無理に開けたら穴が裂けてしまいました。。。 教室の先生と相談して地金の欠片で穴を完全に覆い、7分ロウでロウ付けする指示を受け、作業をしました。ところが・・・早ロウで行ったロウ付け箇所のロウが流れてしまい、リングの内側の傷が露出してきたり、箱ものの表面のロウ付け箇所が復活したり、と散々な目に遭い、それを直し、全ての穴を開け終わるのに21時半までかかってしまいました。 結局7時間、渾身の力でドリルを回している事に気付きました。 1日の1/3をドリル穴あけに費やす私って。。。(T_T) 当初はあの作品、今日中には完成すると高をくくっていましたが、思いっきり甘かったです。 もう今日は悔し涙で枕を濡らしつつ、爆睡する事に決めました。 来週の土曜日は結局、彫金&とんぼ玉のダブルヘッダー2日目になります。。。
未完成の作品や文章だけの記事では何か申し訳ないので、過去作品を載せたく思います。 といっても、この画像もブログの最初に載せたものをそのまま再掲載しているので、穴があったら入りたいくらいなのですが。。。 ま、まあ作品の解説を前回は行わなかったので、良いかぁ・・・という事で(^_^;) SV950銀線1.5ミリにピンバイスで穴を開け、SV950の銀線1ミリを突き刺し、ロウ付けしています。 その上に「パール・片穴石」をエポキシ系接着剤で固定する事により、体積差のある石を留める、という課題です。 銀粘土だと、「パールをあしらったツイストリング」とか「エンジェル・パール・リング」がありますね。 あれの彫金バージョンです。 私はパールがあまり好きではないので、片穴石の「ブルーレース・アゲート」(天然石)を3つ使用してリングに留めてみました。葉っぱもSV950で作って、ブルーベリーっぽくしています、 私、こんな女性的な作品も一応作れま~す♪
今は彫り留めの課題(彫金)をやっていて、来月土曜日に完成の予定なのですが、さてその次に何の課題をやろうか、正直迷いました。 今、作っている彫り留めは「箱もの」の試作品でもあるのですが、本番の「箱もの」で「市松模様」に挑戦してみようと思いました。市松模様ってマス目のあのツートン模様の事です。 教室の校長先生の作品で、銀と銅のマス目模様(市松模様)の指輪が何点かあるのですが、これが凄く鮮やかなんです。 ただ、それを習得する為には、杢目金(もくめがね)の技術を事前に持っていないと無理なようなのです。 杢目金とは? 今から400年前、江戸時代初期の秋田県に生まれた金属工芸の事です。銀と銅の板を交互に各12枚ずつ重ね、ボロボロになるまで高温のガスバーナーで溶かし、タガネで模様を丁寧に彫り、ローラーで延々とプレスし、1枚の地金を作ったものに対し、指輪やペンダントにする技法で、金属で木目調の模様を作り出す手法です。 開祖は出羽秋田住正阿弥伝兵衛(「しょうあみでんべえ」と読みます)で、「倶利彫り」に始まるのだそうです。当時は指輪という風習はあまりなく、日本刀の鍔(つば)とか、印籠に用いられた工芸だそうで、「幻の技術」と呼ばれます。    木目金(木目金)は一度途絶えたが復活し・・・    しかし一部の技術はまた途絶えてしまった    不思議な技術である。 とあるサイトでこのように説明がされていますが、江戸時代の間に一旦途絶えてしまいました。技法が複雑なのと、同じデザインは二度と出来ないとされる、極めて偶然性の高いデザインという事もあり、伝え手が一旦消滅し、明治後期にまた復活しては再度消滅した不思議な運命を辿った金属技法です。 その中の一部が彫金の技術としてかろうじて残っているそうなのですが、そろそろ銀がまた値上げするという怪情報を入手してしまい、値上げする前に地金を購入すべきではないか?と思い、本当は後のお楽しみにしようと思っていましたが、来月行う事にしました。 まだ制作は先ですが、私の得意とする「象嵌」と並ぶ日本が世界に誇れる技法「杢目金」・・・今からワクワクしています(^_^)v
昨日の彫金教室で制作していたリングです。 まだ完成にはもう1日要するのですが、ここまで仕上がりました。7面体のリングです。 「箱もの」の課題だけなら、これでOKなのですが、一応教室の先生には「彫り留め課題の作品です!」と宣言している為、これに4つの天然石を「伏せ留め」にて留める予定です。 ごついリングに見えますが、中は空洞になっているので、意外と軽い作品です。 再来週土曜日で完成させる予定。 この作品を完成させたら、正式な「箱もの」課題を行おうと考えていたのですが、その課題にあるプランを組み込もうとしたら、その前に習得しなくてはならない課題に遭遇してしまいました。 その為、5月からはその課題に取り組む事になりました。 それは・・・「杢目金(もくめがね)」です(^_^;) 杢目金とは何か?それは追々お話しましょう。。。
今年度最初の彫金教室にて、第1回目のとんぼ玉教室の「魔のダブルヘッダー初日」Σ(゜□゜; 朝の10時半~17時半まで彫金。17時半~19時までとんぼ玉という強行スケジュールがスタートしました。 まず彫金ですが、例の角張ったリングを相変わらず制作中。不要な地金の切断を行い、リューター&バフ掛けをひたすら繰り返し、バリが全く無い指馴染みの良いリングになりました。前回まではリング部分にポッカリと大きな穴が開いてしまっていましたが(ロウ付けの際の過度のバーナーワークによる地金の溶解により)、その修復作業とロウ付けの甘い箇所、そして全体的にヤスリ傷が目立っていたので、その除去作業を繰り返し行っていました。 その間休みなし。。。 17時半からは遂にとんぼ玉がスタートですが、その教室ではとんぼ玉だけに限らず色々な課題があります。とはいえ1時間半の間、実は何作ってもよいと言う「ゆるい」カリキュラムなのですが(先生がおおらかな人なので)、 「どうしましょうね~。事情が事情なので、カリキュラムに即さなくてもいいですよ~」 前回、ある人から「とんぼ玉の作品20~30個作って8月までに納品!」と言われた事を話していたので、こういう話になっていたのですが、せっかくカリキュラムがあるのにそれをやらないのも勿体無いので、 「時間が空いたらとんぼ玉作ると言う事で、どうでしょう?まだ完全なとんぼ玉を作る自信もないし、そんなテクニックまだ身に付けていません」 と私の方から正規のカリキュラムにするように打診しました。。。 初日ということで、市販のガラス棒から「細いガラス棒を作る」練習を始めました。 次にその細いガラス棒で「ぶどう玉」という小粒のガラスを、0.5ミリ直径の真鍮線の先端にまき付けていく練習をしました。 本当は11個作る事になっているのですが、今日は9個までしか作ってませんでした。 っていうか、流石に8時間半ぶっ続けは辛いです(^_^;) 彫金でバーナーワークやって、とんぼ玉でバーナーワークやって。。。炎を見続けていると何かあらぬ妄想をしてしまいました。 “ヘ(゜▽゜*)オイデオイデ うとうと、うとうと。。。 “ヘ(゜▽゜*)オイデオイデ うとうと、うとうと。。。 炎の上を飛び越えて私の元にやって来い! ・・・三島由紀夫の「潮騒」ですか~?Σ(゜□゜; 眠ったら危ないとばかり、気力を振り絞って作っていました。 ぶどう玉はまだ途中だったので、教室に置いて来ました。再来週の土曜日が教室の日、と決めているのでその時には完成する、と思います。 ですので今日は残念ながら画像はありません(^_^;)
私は結構苦手な技法が多く、今まで色々失敗しています。ペーパータイプ粘土の作品とか、スロードライ粘土を使用した「お花」とか。 大抵、その後は何とかサマになるように進歩しているのですが、いまだに苦手なものがあります。 それは・・・ロイヤルシルバーレースを使った作品です(ーー;) 以前、みれいさんに「透かし模様のボリュームリング」を御教授頂いたのですが、石がロイヤルシルバーレースに留まらずに、最後はエポキシ系接着剤で強引に固定した、なんて悲しい現実がありました。。。 「2005年アートクレイ倶楽部全国セミナー」で「アベンチュリン・ペンダント」というものがありました。あの有名な川島真喜子先生のオリジナルテクニックのセミナーですが、私は参加できず、川島先生のお友達が、私の彫金の先生という事もあり、その人(陽だまり工房の講師)に教わりました。 深緑色の「アベンチュリンガラス」という厚めのガラスの上にオーバーレイ・シルバーペーストでランダムに線を描きます。乾燥後に同じ大きさのクリアガラスを載せて870℃で焼成してフュージング。 その上に再度オーバーレイ・シルバーペーストでランダムに線を描き、乾燥後にクリアパウダを疎らに塗します。 そして今度は780℃で焼成。すると不思議な現象が発生します♪ クリアパウダが載っているオーバーレイペーストの上だけが黄色くなるのです。これを「黄変(おうへん)」と言うのですが、透明のガラスの中にシルバーを入れてフュージングすると発生する現象なのです。普通はこの状態はフュージングの失敗を意味するのですが、逆手を取って、この変色を楽しむ技なのです。微妙な温度の誤差と時間でさらに色は変わりますが、長時間行うと真っ白になってしまうので、意図的にこの色にするのが結構難しいです。 問題はロイヤルシルバーレースを予め銀粘土の土台に埋めて焼成しておき、天然石を留める要領でガラスを留めるのですが・・・サイズを間違えてシルバーレースの「中」を使用してしまいました。本当は「大」でなくてはならなかったのです。その為、ガラスが上手く留まりません~(T_T) さらに土台の裏を鏡面仕上げにしようと、ロイヤルシルバーレースを埋めた後にヤスリで削ったら焼成時にロイヤルシルバーレースに銀粘土が引っ張られて、大きな隙間が出来てしまいました。 次の画像はその時のものです。凄く無残な感じしますよね。 何か「サメの歯」の標本みたいです。 慌てて補修しましたが結構ガタガタです。。。 土台を通常の銀粘土で作っていますが、スロードライをシリンジで出して作った方がキレイかも。。。 是非いつか再チャレンジしたい作品です。
私の得意なモチーフの一つに「竹模様」があります。 彫金の透かし彫りリング。ブラスワーク・リング。そしてこれら以上に制作する機会がダントツに多いのはガラス・フュージングです。 彫金の場合は糸鋸でギコギコ切断する作業の為、鋸刃を頻繁に折ってしまいます。また、ブラスワークだと硬い真鍮線をヤスリで削り出すので、とにかく体力を使います。 そしてこれら2つに関しては、途中でやり直しが効かず、最初から作り直しをしなくてはなりません。 それに比べ、ガラス・フュージングは焼成前ならオーバーレイペーストは水で溶けるので、普通の水彩絵の具と同じ感覚で作品が作れます。あとは作る側の絵心だけでしょうね。 最初の画像は昨日の金箔作品と同時期の古いもの(今から2年前)です。その次のは少し光で反射していて見辛いかもしれませんが、去年の8月末に制作したものです。 こう見ていくと、やはり後者の方がそれらしく見えます。
春といえば・・・そうだね、「お月見」だよね\(,,)\バキッ☆ 今週土曜から「とんぼ玉」という事で、ガラス・フュージングを始めた所期の頃の作品の画像を載せてみようと思います。 大きさは縦4センチ、横3.5センチの特大サイズのペンダントで、実用性を完全に無視した作品です。 黒い不透明ガラスの上にクリアガラスを載せてフュージングしていますが、その間に金箔を挟んで、月をイメージしています。 普通は三日月か満月と相場は決まっているのですが、そのどちらでもない所がひねくれ者の私らしいというか。。。 その後でガラスの上に木々(紅葉)をオーバーレイ・シルバーペーストで描き、また上にクリアガラスを載せ、フュージング。作品の裏には裏付けバチカンをオーバーレイ・シルバーペーストを使って接着しています。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。