上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼前に地元で小学時代からの友人(女性)に会っていました。といっても恋愛感情は皆無、本当に友情で繋がっている友達です。 先日、六本木で行われたシルバーアクセサリーコンテスト2007展示会にも足を運んで頂いたり、また私の通う彫金教室の展示会にも足を運んで頂いたり、と色々お世話になっているのですが、「年内にクラス会やりたいねぇ~♪」という相談でお話をしていました。 で、私が「ブラウニ~刻」に変身していたのにビックリΣ(゜□゜; 「そ、そんな人では無かったのにぃ~」 ・・・どういう人だったんだ、私って(ーー;) という事になり、スポーツカイトという趣味は良いけれど、日焼けは皮膚癌になるもとだから、気をつけた方が良いよ。昔の夏とは違って、今、紫外線って本当に危ないんだから~ と、説得されてしまいました。。。orz 幸い、地元の中野駅の近くに「ドンキホーテ」があるので、彼女と別れた直後の13時半頃に、散歩がてらのんびりと中野駅に出向く事にしました。 そうしたら、いきなり集中豪雨(T_T) 今日初めて穿いたおニューのEdwinのジーンズ(青)の足元が雨水で泥だらけに。。。靴も水浸し。。。     ドンキホーテに着き、日焼け止めの薬を購入。その隣がジーンズショップ「マルカワ」で、たまたま3千円割引券を持っていたので、パープルの色のサングラスとEdwin生地のポーチを購入♪ 私、サングラスはおろか、眼鏡すらしない人間なので、まずこういう目にかけるものって縁が無いのですが、この際だからと何度も店内の鏡の前でサングラスかけてはカッコつけてみました(^_^)v 何せ、視力が両目とも1.5なもので。。。 あまりレンズの大きいものは私には似合わないみたいで、そうなると必然的にカラーも絞られてしまいました。結局、何度も掛け直して重くならなそうなサングラス、ということで画像のものになりました。 ポーチの方は、中に凧糸を巻いておくワインダーとか、タオルとかを入れる為に購入です。 多分、カイトって殆どの人はやった事が無いスポーツだと思いますけど、ゴルフとかスキー、スケボー、サーフィン、等と感覚的には似通ったスポーツなのではないか?と私は思います。対象が空を相手にするので後者とは全然別物ですけど。。。 最近、芸能人もカイトするらしいですよ。松浦亜弥のモノマネで有名な前田健さんが葛西臨海公園で日曜日にたまにカイトしに来ているそうです♪ 仕掛け人は先週金曜日にカイト修理に出かけた南流山にあるカイトショップ「エアレックス」さん。 前健さんはすっかりハマったそうで、「GENESIS」という名のドイツ製カイトを店で購入し、飛ばしているそうな。 あとGLAYのメンバーの誰だかは知りませんが、カイトが趣味の人がいるらしいです。 サングラスで思いついた。彫金でグラスホルダーって作れたら面白そうですね。今はブレスレットしか考えていませんが、「チェーン」の課題で候補に入れても良いかも。
スポンサーサイト
    遅々とした作業ですが、一応進捗報告を(^_^;) 透かし彫り部分は終了し、引き出しの真ん中の段の地金に対し、もう1枚長い板を載せて、重なる部分(面)に対し、ロウ付けを行いました。「オーバーレイ」ですね。 1.5センチ程はみ出ている箇所がありますが、これは引き出しの奥行きになります。まだ当分先になりますが、これを直角に折り曲げて「L字型」にしていきます。 それと右側にある小さな「コの字型」は引き出しの取っ手部分になります。2ミリ、10ミリ、2ミリで幅3ミリのサイズののものです。これを長さ調節してオーバーレイにしたパーツの中央上部の窪みにロウ付けします。 まだまだ先は長い~(^_^;)
今日は午後から千葉県南流山に出向きました。 ここに紹介したカイト(タマネギ模様のカイト、顔のデザインをした大きいカイト、微風用の黄色いカイト)3機が全て骨折状態で、普通の風で飛ばせるカイトがほぼ壊滅状態になってしまいました。 微風で飛ばせるカイトや爆風で飛ばせるカイトは他にそれぞれ2機ずつ持っているのですが、こういうのは適した風力で飛ばせないと後々、カイトの寿命を縮めてしまうので、無理せず修理してもらう事にしました。 事前に修理の予約をメールで入れ、元々有給休暇を取得していたので、午後2時に店前に到着しました。 アクセサリー専門ブログなのに、関係ない話題だろう!と思いっきりツッコミを入れられるのは重々承知しております(^_^;) カイトは私のアクセサリーの一つ、という苦しいこじつけで、ここは一つ御容赦をm(__)m お店の画像。     御夫婦で経営していらっしゃるお店で、しかも世界大会で入賞する実力の持ち主Σ(゜□゜; こちらで購入したカイトは黄色いカイトだけだったのに、嫌な顔一つせず、喜んで修理して頂きました。 黄色いカイトのC21や先日玄関先で手入れしたマスクは完全に元の状態に。 そしてタマネギ模様のカイトは、更に軽くして頂き、物凄く弱い風からでも飛ばせる中風用カイトにリニューアルしました。 何にせよ、これでまた思う存分飛ばせます(^_^)v そして明日は彫金教室で「箱もの」が待ってます。。。
    朝の出勤時、会社の最寄駅のJR目黒駅でこんなものを配っている女の子がいて、思わず貰ってしまいました。 最初、ティッシュかな?と思ったのですが試供品のガムだそうです。 カラダ香るフレグランスガム。ローズメントール・・・折角ブログのバックに薔薇を背負っているのですから、画像を載せてみたくなりました(*^_^*) 開けたらこんな感じ。     ピンクの板ガムの中に濃いピンクの点がひときわ怪しい。。。 とりあえず噛んでみました。 ん~、オトナの味がする♪ シュガーレスガムですがほんのり甘いです。でも控えめ。 試供品ということなので、市販はされていないのでしょうね、まだ。 ハッキリ言って私は好みです♪
    先週、地金を切り出しましたが、その中の一番短い3枚の透かし彫りに着手してきました。 方眼紙にデザインをボールペンで描き、それを地金に糊付け。ドライヤーで十分に乾燥させた後、ポンチタガネで透かしになる部分に何箇所も打ち付けて、前準備終了。 ポンチタガネでの打ちつけは、太さ1ミリのドリル刃で穴をスムーズに開けるための位置決め作業です。 模様は私の十八番「竹模様」(^_^)v 少し動きを出したく、笹の葉が風でたなびくようにデザインしています。3枚の地金のうち2枚は透かし彫りが終了。一番上の段に当たる地金の部分はポンチタガネを打ち付けた時点でタイムアップ。 先はまだまだ長いので、今日はここまでにしておきました。
ここのブログでは私の日常は殆ど公開していませんでしたが、たまには書き込んでみましょうか?(^_^;) 会社のお話です。 現在、私は東京・目黒から徒歩20分かかる距離にある某信託銀行の電算センターに出向しています。といっても派遣ではありません。 この職場で、数学の微分積分やエクセルを駆使して年金数理の仕事をやっています。 連休明けの出社で、毎週火曜日はこの1週間の進捗発表の日なんです。 客先の上司は、元・女子高の数学教師だった男性で、生徒からイジメに会い、赴任半年足らずでリタイアしたという、独り言がやたら多い人です。 その人の上に立つサブマネージャーは千葉から出社している女性の人なのですが、人ごみが嫌いという理由だけで、就業開始時間が8時50分なのに、毎朝6時50分頃に出社している人です。 で、この2人の下には私を含む3人の男性が協力会社社員としてついています。 16時から進捗の為に会議室に行き、個々で内容を発表し、当然私も発表だったのですが、女性サブマネージャーさんが私に質問しようとして顔を見た瞬間、大声でビックリされてしまいました。 「?(゜△゜)えええええ。その顔色、一体何があったんですか?Σ(゜□゜;」 ・・・私が「ブラウニ~刻」に変身していた事による絶叫だったのですけど。。。 「顔色悪いのかと思ったけど、両腕も真っ赤なので多分日焼けなのでしょうが。。。この3日間で何があったのですか?」 ま、まぁ、このサブマネージャーさん自身、結構厚化粧で色白肌だったので余計に自分とは正反対の肌の人を真向かいで見て驚かれたのでしょうけど。。。 その様子を見た他の強力会社の人(一番の年配者)のツッコミが酷い。。。 「酷い人ですよね。仕事中の昼間っから酒飲んでるんですよ~!」 ち、違う!飲んでない。確かにいつも酔っ払っているように見えるかもしれないけど(T_T) かくして私は昼間から飲酒している濡れ衣を着せられてしまいました。 命がけで遊んでいただけですぅ~。 「1日中、日陰の全く無いところで遊び狂っていました。」 「砂浜の上なので照り返しがきついんですよね?」 「そうそう、だから逃げ場が無いんですよ~」 「逃げ場が無いって、あなた自分から好きで遊びに行っているんでしょ?」 ・・・こうやって私は心を弄ばれながら、平日は面白おかしく生活しています(屈辱)
東京は台風が逸れてしまい、直撃は免れたのですが、土、日は終日雨でした。 3連休の最終日である今日は朝から晴天だったので、葛西臨海公園に出かけました。 到着した時間は午前10時。 新潟・長野方面が地震だったそうですが、それを尻目に東京駅から京葉線に乗ってGO~!(^_^)v 葛西臨海公園の敷地内で、一番海寄りの「西なぎさ」というところまでは徒歩15分かかります。そこまで出向きました。 先日購入したおニューの「オピウム」というタマネギ模様のカイトを飛ばし始めた途端に糸がブチーン!と切れてしまいました。 ・・・今思えば、それが不幸の前兆だったんですよね。。。 休日(土曜でなく日曜・祝日等)になると、私よりも一回りくらい年配の男性に色々アドバイスを頂いています。この人に千葉・流山のお店を紹介して頂いたのですが、現在この人がカイトの師匠になります。 この人に見て頂いて練習していたのですが、糸がカイトに絡まった状態で力ずくで引っ張った為、骨折してしまいました。。。 しかも帰宅して初めて気がつきましたが、ジーンズのお尻の部分がパックリと裂けていました。目立つほどではなかったのですけど、洗濯したら破けていました。。。恥ずかちぃ(T_T) 朝10時から結局15時まで5時間炎天下の中で飛ばしていたので、顔面、首、両腕が真っ赤に日焼けしてしまいました。 ・・・ブラウニー刻。。。Returns(^_^;) 入浴を早めに済ませたのですが、もう顔といい、両腕といい、「因幡の白兎」状態で、散々な1日でした。 カイトは月末にお店に出向き、修理してもらう予定です。
明日は天気が回復するという予報もあり、普段メインで飛ばしているカイトの手入れをしました。 といっても雑巾で汚れを拭く、という程度ですけれど(^_^;) 玄関前の空きスペースに立てかけて撮影しました。      画像のカイトはここのサイトで何度か名前を出していました「マスク」というフランス製カイト。何と翼長260センチあります。大体235センチくらいを超えるサイズを俗に「フルサイズ」と呼び、主にチーム用、ペア用として位置づけられている代物です。 ・・・だから画像に収まりきらないんですぅ(T_T) このカリビアンブルーのカイトは中・強風用のスタンダードと呼ばれるバージョン。この裏に同デザインで色違いの微風用と爆風用のカイトが重なっています。 ちなみに先日購入した「オピウム」というカイトは220センチのサイズで、個人競技主体のものです。
SV950地金が6枚から9枚に増殖~♪(^_^;)     台風接近の最中、彫金教室に出かけました。課題「箱もの」の続きです。 前回は幅1センチの地金4枚の長さが約6.3センチ、幅1.5センチの地金2枚の長さが6.4センチあったのですが、これを限りなく全ての地金が6.1センチの長さまでになるように棒ヤスリ(ワックス専用)でガ~リガリと均一に削っていました。 完全には6.1センチにはなっていませんが、それは組み立てる際に微調整する予定。 今日はこの地金に対し、長さ4.6センチになるように、幅1センチの地金2枚、そして幅1.5センチの地金を1枚切り出しました。 ・・・何故「4.6センチ」かというと、これ6.1センチの地金を1.5センチ長さの部分から折り曲げる事になっているのです。1.5センチ部分は奥行き部分。残り4.6センチが「引き出し」の長さに該当します。そしてこの4.6センチ部分に対し、先の4.6センチに切り出した地金を「板のせ」技法によるロウ付けを行う事になっているため、この長さになっているわけです。 この長さになるように地道に削るヤスリ掛け作業に4時間要しました。そして残り1時間で「板のせ(オーバーレイ)」の為のデザインを方眼用紙にひたすら何度も下書きを行っていました。 この続きは来週土曜日に。。。今回は大して変わり映えしない画像でしたが、多分来週はもっと面白い画像になると思います♪(^_^;) デザインを他の人に見せたら、溜息つかれてしまいました(≧▽≦) 「板のせ」部分がどのようになるのかを御期待下さい。
散々な結果ですっかり打ちのめされた「とんぼ玉」の日曜日でしたが、ではガラスの前の数時間は何をやっていたかというと、彫金の次の課題に突入していました。 本格的な「箱もの」の課題。その為のデザインを描きつつ、地金の切り出しに着手。 今回は、タイトルにも書きましたが、「引き出し」を制作します。つまり彫金でミニチェアの「箪笥」を制作するわけです。 といっても、私の事ですから、素直な作品を作るはずも無く、相当手の込んだ作品を作ります。     まずは、厚さ1ミリ、幅1センチ、長さ6.3センチの地金を4枚。そして厚さ1ミリ、幅1.5センチ、長さ6.3センチの地金を2枚切り出しました。これを各2枚組み合わせ、引き出しの枠を3つ作ります。 上段と中段は1センチの幅の引き出しを、そして下段には幅1.5センチの引き出しを、つまり計3段の引き出しを作る予定です。 今回のネタ晴らしはここまで。今週末の土曜日に続きを作りに行ってきます。 半年以上かけて、皆さんがアッと驚く大作を作る計画でいます♪
       実際の所は「円柱玉に点を置く」の応用編で、「花柄模様を作る」というのが課題になります。 固まっている円柱玉(といっても徐冷を行ったわけではなく、炎の上で形作った円柱玉から日を離して硬化したガラスの表面に白いヒゴ棒を置いて、すかさず切り離し、満遍なく炎にあてます。 その上で更に別の色のヒゴ棒を置いて、これもすかさず切り離し。再度満遍なく炎にあてます。 といっても引っ張って切り離すわけではなく、置いたヒゴ棒の接着点のほんの先を熱して自然に取れるのを待つわけですが、いくらやっても私はこれが出来ません(T_T) 前回(この画像のものがその時制作したもの)の円柱玉が6個。そして今日作ったものが3個。。。 全滅でした。。。 まず同じ大きさの点にすることが出来ません。そして小さい点する事も出来ません。 つまりこんな「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉親父状態のものが出来上がります。 黄色いのならまだ良いのですが、緑の点など悲惨です。本体の円柱玉がグレープ色なので、「カビの生えた葡萄」にしか見えません(T_T) 元々、このガラスコースに関しては、8月末までにとんぼ玉をトップにした全てサイズの異なるリングを20~30個作る、というものでしたので、次回から8月末まではその作業にかかりきり。 しかも9月から、ガラスコースの先生が産休に入るため、実質今年一杯休校になります。 ということで、この花柄模様は、必然的に来年1月以降に持ち越しとなりました。。。(T_T) テキストを見ても、先生の説明どおりに作ってもどうしてもこんなものしか作れません。多分私はガラスコース開校史上、最も出来の悪い生徒なのでしょう。 先生もどうしたら良いか判らず、途方に暮れていました。。。
今回は完全にアクセサリー関連の記事では無いことを予めお断りしておきます。。。 テレビ東京で放送されている「ケロロ軍曹」が終了した10時半に自宅を出て、葛西臨海公園に出かけました。 今回初めて最寄駅名を明記しますが、私は西武新宿線の「沼袋駅」が最寄駅になります。この沼袋から高田馬場まで西武線で、新宿まで山手線に乗り換え、東京駅まで中央線で、そして京葉線で東京ディズニーランドのある舞浜駅の手前の葛西臨海公園駅まで行きます。 大体1時間半くらいでしょうか。。。 この公園の「海風の広場」(旧「西なぎさ」)はイベントのある時は手入れがされていますが、それ以外は草ボウボウなんです、ここ。 白骨化した鳥の死骸の異臭がする中、そして巨大なつくしんぼうのような怪しい華が咲き誇る中、オピウムという怪しいデザインのカイトを飛ばしに行ってきました。 「バリバリ」という音のする、スピードの出るカイトでした(^_^)v 上空から急降下してくるカイトを反転させて一瞬無重力状態にさせ、更に一回転させて反対方向に飛ばす「ストール&アクセル」という技を12時半~16時までぶっ続けで特訓し、最後は綺麗に出来るようになったのですが、会とが一部壊れてしまいました(T_T) 以前、黄色いカイトを購入した「エアレックス」というお店の店長さんの携帯に電話を入れ、急遽お店のある武蔵野線の南流山駅まで向かいました。 到着したのが17時。。。 店長さんは近くの河川敷に会とを飛ばしに行っていて、奥様が対応してくださいました。 「お見かけした事ありませんねぇ」 「ほら、巨大なマスクを飛ばしている人間です」 「あ~あの?」 ・・・顔は判らなくても私のカイトは珍しいので、それで有名になっているらしいです。。。 「これ、披露骨折してますよ。よほど集中して練習していたんですね」と言われ。。。破損部分は結局取り替えになったのですが、店でやってもらうというのではなく、パーツのカーボンロッドを購入し、自分で適度な長さにカットし、取り付ける、という事でパーツ代を支払いました。。。420円也。 葛西臨海公園から南流山まで電車賃450円。南流山から高田馬場まで540円。計990円かけて420円のパーツを買いました。 何やっているんだか、何やっているんだか。。。 で、糸鋸でロッドを切って、中目甲丸大の棒ヤスリで形を整え、新品同様に修復が完了。 彫金やっていたおかげで、こういった切ったり削ったりする道工具には不足しないのはありがたいことです。 今日は終始曇り空だったのですが、紫外線ゼロということは無く、結局また顔、首、両腕上腕部が日焼けしてしまいました。 小麦色の肌です(^_^)v ・・・ブラウニー刻とでも呼んでやって下さい。。。 さて明日は彫金&とんぼ玉の日。少しずつ「箱もの」を着手していきます。その都度地味にアップしてきますので、退屈かもしれませんが、その過程を御覧になってやって下さいm(__)m
教室での杢目金のチェックは一発OK♪予想通り、合格を頂きました。 昨日は次の課題「箱もの」の本格的な作品のデザインを描いていました。 3つの「引き出し」を持つ箪笥のようなオブジェ、です。 デザイン描きを3時間くらいかけて、3時半くらいから地金の切り出しに着手。まずは一番冗談に当たる高さ10ミリ、長さ46ミリ、奥行き15ミリの引き出しを作るため、厚さ1ミリ×幅10ミリの地金を14センチを購入。バローベの糸鋸でカットし、ヤスリ掛けをのんびり行っていました。 制作期間は半年強を考えており(来年1月中)、急いで作る事も無いと、じっくり構えています。 私のデザインを覗き込んでいた人からは、「建具職人?建築家?」と驚かれた、というか呆れられた、というか。。。 17時からガラスコースの予約をしていて、円柱玉に点を置き、花柄を作る練習の続きだったのですが、ここでアクシデント。 両肘を肩の高さまで上げて、玉を作る作業で両肩の筋を違えてしまい、何も出来なくなりました。ロッド棒やステンレス棒を斜めにしか持てません。 というか、両腕をせいぜい肘の高さくらいまでしか上げられなくなってしまったのです。 ・・・これはとんぼ玉をやる人間にとっては致命的で、もはや立った状態で、前かがみにならないと作業が出来ません。 もっとも彫金の場合はロウ付けを立った状態で前かがみでいつも行っているので、そういう意味では慣れた体制ではありわけですが、こんどは円柱玉が作れません。円柱玉を作るためには、炎を目の高さにし、目線と平行に手を上げて棒を持っての作業が必要になります。 つまり、立った状態での作業はこの場合、無理なのです(T_T) ということで昨日は泣く泣くギブアップ。。。ということで、予定していた今日のカイトフライトも取りやめ。 何か散々な週末になってしまいました。。。 ・・・今度の土曜日は雨ではなさそうなので、その時にカイトを飛ばしに行き、翌日曜日に彫金&ガラスをやりに行く予定です。 ・・・両肩の筋が痛いよぉぉぉ(T_T)
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。