上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近は、会社に行く際に左手中指にリングして行っています。 その時しているリングは画像にある2つがメインで、この2つを交互にしています。           普段はこのように人差し指と中指に同時にはしないのですが、見比べる為にしてみました。 人差し指にしているリング(向かって右側)は「オーバーレイリング」、中指にしているリングは前回完成した「杢目金」です。ちょっと反射して見難いですけど。。。 オーバーレイリングは去年のGWから5月末までかけて作ったものですが、これ作った時って、教室でBBQがあって、私、ビールをしこたま飲み、「ほろ酔い状態」で作ったのです。 おかげで糸鋸の刃を5~6本折ってましたっけ。。。逆に言うと酔っていたから、こんな大胆な迷彩模様のリングを躊躇無く作れたのかもしれません。素面では怖くて作れませんよ(ーー;) 杢目金は今年の4月末から6月末までかけて作ったもので、ご記憶に新しいと思います。 朝、これをして会社に行った時は模様が「焦げ茶色」だったのですけど、夕方になった頃には「サーモンピンク」に変色していました。人の肌に触れると変色するようなのですが、どうしてそうなるのかは皆目判らず。。。 誰か、杢目金について詳しい人いらっしゃいましたら、解説お願いしますm(__)m オーバーレイは2枚の地金のロウ付けに散々苦労しました。1時間以上ガスバーナーの火を当てていた記憶があります。 杢目金はいわずと知れた地金作りの大変さ、ですね。1ヵ月半以上かけて、タガネという金属の棒(先が刃物になっている)を金槌で叩きながら、地金を地味に彫ってはプレス→彫ってはプレスを繰り返していました。 他にも苦労した作品は数多いのですけど、この2つのシンプルな作品が現在一番愛着あります。 シンプルだからこそ飽きが来ないのか、普段使いに丁度良いからなのかは判りませんけど、お気に入りです。 でも今ならもう少し工夫したかなぁ。。。特に杢目金は色々な手法で作ってみたいです。 ・・・って考えたら、初めて人前に肌晒したかも(^^ゞ
スポンサーサイト
帰宅途中のとある下り坂で、やっぱり見かけてしまいました、「アライグマ」。。。 このまま目撃者が私だけだと、狂言だと思われかねないので、昨夜は奴らの通り道である、私の家の裏を窓を開け、デジカメで証拠を撮ろうと無謀にも待ち構えていました。 窓から3メートルほど先で確かに物凄い物音がします。 ・・・この時点で、アクセサリー専門ブログの本来の内容とは大きくかけ離れています(ーー;) こちらに威嚇してきたら、いざと言うときは我が拳を見舞ってやろうとまで勢い込んでいた私。。。 溶けかけたアイスクリームを貫通させる程の威力を持つ我が右腕の手刀、そして絹ごし豆腐を握り潰す我が左拳。。。目にものみせてやる! そんな間抜けな妄想を抱いていたら、もの凄い勢いで飛び掛ってきました。。。 ひぃぃぃ怖いよぉ.....Σヾ(;゜□゜)ノギャアアーー!! 当然、アライグマのデジカメ画像の撮影などは大失敗。やって来た瞬間、窓をガッチリと閉めたのでした。 結局、昨夜は心臓バクバクで、震えながら「箱もの」のデザインを描いていました(何ですか、このオチ?) ・・・実は私は結構ヘタレですorz
夕方になって、新宿・陽だまり工房に出かけました。 とりあえず、コンテストの為の材料を購入する為・・・です。 所有しているペースト粘土も完全にカピカピに固まっていたので、2年近く購入していなかったペースト粘土も購入する羽目に。。。私の得意とする「ブラスワーク」はとにかくペースト粘土を使用するので、これは死活問題です。 それにしても本当に銀粘土高くなりましたね。以前は20gで定価2,800円が、今や3,200円ですから。 もっとも「キャンペーンセール中」とかで、プラス10g増量になっているので、そこそこ元は取れているのかも。 こういう時、インストラクター資格を取得していて良かったと思います。銀粘土3割引は大きいです。 購入したのはアートクレイシルバー650の20g×3袋、ペースト粘土20g×1本。そして額を1つ。 ただし、額は「お取り寄せ」の為、1週間かかるとの事。 来月になると、陽だまりは移転なので、新住所まで取りに行く事になりました。 え~と、予定では「フレーミング部門」を狙っています(^^ゞ ・・・しかしそれにしても。。。銀粘土高い(ーー;) 彫金の地金なんて今回購入した分の1/4で済みますから、その差は半端でないです。 前回のダルガラスの件で、すっかり相田化学に不信感を抱いている私ですが、背に腹は代えられず。。。 「陽だまりキャンペーン」で天然石、合成石の割引販売がありましたが、あまり良いのは残っていませんでした。現在製作中の「箱もの」で行う「彫り留め」の為に、合成石のラウンドカットが欲しかったのですが、目ぼしいものは見つかりませんでした。 移転してからも、何らかのキャンペーンセールがあるらしいです。 それにしても今日の陽だまり工房・・・御通夜みたいに物静かでした。。。
さっき入浴を済ませ、1時間前に洗濯を始めました。 洗濯機は自宅のドアを開けた屋外の敷地内にあります。 洗濯機を回し始め、ふと私道に目をやると・・・縞模様のズングリした後姿を発見。 猫より大きいこの生き物は・・・やっぱりアライグマだぁΣ(゜皿゜; そやつが斜め向かいの御宅の敷地内に逃げ込みました。 「あの~スミマセン。刻(仮名)ですが~折り入ってご相談が。。。」といても経ってもいられず、その家のインターフォンを押し、奥様をこの寒空の中、呼び出してしまいました。 「何か動物による被害って遭われませんでしたか?」 「いいえ♪」 どうやらアライグマの存在を微塵も知らなかったようなので、「こんな話すると、私の頭がおかしくなったんじゃないかって疑われるかなぁ、とは思ったのですが・・・」と切り出し、事の真相を説明し、「今、敷地内に逃げ込みましたよ」と話しました。 そしてその間、周りでちょうと甲高い怪しい動物の鳴声が繰り返し聞こえ、2人揃ってしっかりその鳴声を聞きました。。。 私が目撃した時は2匹でしたが、もしかしてもっと存在するのかも(ーー;) その奥様は、創価学会の婦人部長さんで、私は学会とは何の関係もありませんが、近所の同級生の友達の数多くが学会員で、その奥様とも繋がっている関係上、そういう話抜きにして、よく私の事を目にかけて頂いています。 で、これは即、保健所に動いてもらわなくてはならない、という事になり、まずは回覧板で近所の住人に呼びかけるよう手配してくださる事になりました。 で、例の「物怖じしないお嬢さま親子」はどうなったかというと、親子共々、他所に引き取ってもらったのだそうです。 今私道には、物怖じしないお嬢さまのお母さんである「グランマ」がいるだけです。。。ってまた勝手に名付ける私(^_^;) その猫、物凄く、人に対し警戒心が無い猫で、私がその猫の僅か10センチ横を歩いていても、あくびしています。「物怖じしないお嬢さま」のお母様だけのことはあります。 そのお母様も、ここ数週間、物凄く背筋伸ばして警戒心を強め、夜中なんて凛々しい顔でこちら(私道奥)を見つめています。 「やっぱり飼い猫でも野生のカンってあるのでしょうね」と、婦人部長さんの感想。 とりあえずは猫親子は無事だと言う事で安心しました。 これからは当分、アライグマとの熾烈な戦いの日々が始まりそうです。。。
彫金教室3日連続で予約を入れてしまい、今日はその最終日だったわけですが、体力限界です。 1日平均7時間作業していたのですが、ヤスリ掛け作業は計15時間。残りの5時間はロウ付け&地金切断。 つまり起きていて、ボーっとしている時間&食事時間を除いた時間は、ガスバーナーを触っているか、糸鋸触っているか、棒ヤスリ触っているか、といっても過言でないわけです。 ひぇー(T_T) 3日目ともなると、流石に集中力を欠いて、怪我してばかりです。昨日から集中力を欠いていたのですけど、昨日はまず、糸鋸の刃を折り、折れた鋸刃が左手親指に突き刺さり、流血~。。。 今日は今日で、ヤスリ掛けのし過ぎで、右手中指の皮膚がべろんと剥けました。。。 どちらも見た目ほど痛みは無い・・・というか全然痛みは無いのですけど、正直焦りました。 14時くらいから睡魔が遅い、棒ヤスリで地金削っている間に、うとうと~うとうと~。 よくあれで、自分の指を削らなかったものだと、ある意味感心をしています。 そんなわけで、あんまり進捗は無かったです。。。 次回は12/1(土)の予定・・・ってもう12月ですか?Σ(゜□゜; あ、そうそう、どういうわけか、教室に私のブログがバレているらしいです。こちらのBILOGなのか、もう一つの放置ブログ(yahoo)なのかは知りませんが、 「もう冬場に近付くからカイトやらないんですか?」と言われてしまいました。。。 ・・・カイト関係者からも、ここのブログがバレているようです。こちらに関しては、カイト関連の掲示板に、ここのブログのアドレスがリンクされていました。 ぬぅぅぅぅぅぅ。。。。(ーー;)
今日も彫金教室でしたが、土曜日なのに普段お目にかかれない先生に再会。 毎週木曜日専属の人気講師のI橋先生(女性)です。 この人、陽だまり工房の先生ですが、ほんわかした人柄と、絶妙の間を持つ先生で結構、私もファンだったりします。 「引き出しのアレ、どうなりました?引き出しのアレ?(*^_^*)」 という事になり、御見せしたら、もうビックリ。 今回2枚画像を紹介します。 まず、これ。ついに枠組み2つを組み合わせてロウ付け~♪      ただし、5分ロウ(融点740℃、流動点755℃)ではどうしてもロウ付けが出来ず、融点の低い七分ロウ(融点710℃、流動点730℃)を使用。 これにより今後のロウ付けは5分ロウを使用出来なくなりました。。。むーん(ーー;) ちゃんと「引き出し」が3つとも開閉します。こんな感じ。           ↓ ☆⌒(*^∇゜)v !      次に行う作業としては、この正面の引き出し間の隙間を地金で埋める作業&両サイドのガタガタになっている地金部分の隠蔽作業が待ち構えています。 この作品は合成石や天然石、バチカン、丸カン等のパーツを収納できる小物入れになるので、僅かな隙間も埋めていかなくてはなりません。 教室で「もうゴールじゃないんですか?」とせっつかれていますが、私は頑なに「まだ50%の進み具合」と言っています。 そろそろ、この作品の正体を暴露しても良いかもしれません。 この作品の完成形は・・・ アップライト式ピアノになります♪v(=∩_∩=)v 正面は「箪笥」ですが、この裏には「鍵盤」を取り付けます。そして「譜面台」も拵えます。 最上段の裏には、オーバーレイ技法により2枚の地金をロウ付けしますが、「伏せ留め」にて石の彫り留めを行う予定です。 ピアノであるからには、椅子も当然作らねばなりません。これも引き出しを1段持つ「箱もの」にする予定です。。。 このような計画がある為に、まだ50%の進捗でしかないわけです。 前回の「杢目金(もくめがね)」が今年最大の難易度の作品かと思っていましたが、さっくりと記録更新してしまいました。 最早ライフワークの様相を呈する「箱もの」の課題。何とか今年度中には完成させたいです。。。 「明日も予定入れちゃって良いんですよね♪」というI橋先生のノリの前に、思わず「12時から19時まで予約入れちゃって下さい」と言ってしまった私Σ(゜□゜; 3日連続か。。。あ、明日、カイト飛ばしに行こうと思っていたのですが、ま、まぁ良いかぁ。。。 ・・・少しでも進捗上げなくては。。。
今日は彫金教室の日で、「箱もの」の課題を行ってきました。 見た目は殆ど変わらないものの、結構作業が進んだので、その画像をアップしても良いのですが、 明日も教室の予約を入れているので、明日の作業後の画像をアップしたく思います。 実は今日、初対面の新米先生に御会いしました。といってもその先生の初日の顔合わせの際、私もその場にいたので、厳密には初対面ではないのですけど。。。 その先生(男性)は今年、東京芸大を卒業された方で、専門が金属工芸。つまり彫金・ワックスのプロ中のプロです。他にも七宝に関する造詣が半端でなくあるそうです。 私が「箱もの」のロウ付け作業を行っている後姿を見、その先生、かなり興味津々だったようで背後からこっそりと、その作業を見つめていました。 「いや、あまりにも珍しいデザインのもの作っていらっしゃるので、つい(^_^;)」 実はその先生も大きさ50センチくらいの花器をシルバーで作った経験があるそうで、その時のロウ付けが物凄く大変だったそうです。 で、たまたま杢目金を私、持って来ていたので、それをお見せしましたところ 「知っています?杢目金の新しい技術があるんですよ」 という話になりました。 それでその先生と意気投合してしまいまして、折角、前回(6月)、「杢目金」をやったんだし、他の作り方もやってみたかったので、 「是非、教えて頂けませんか?m(__)m」と懇願してしまいました。 豹柄模様の杢目金、そして螺旋模様・渦巻模様の杢目金を課題習得者にカリキュラムとして加えて行くように校長先生に掛け合って下さるそうです。 ・・・でも、まずは今やっている「箱もの」を完成させなくては。。。 流石に彫金で「箪笥」作っている人は初めて見たそうです(^_^;)
本当はこんな事、アクセサリーとは無関係な話題なので書き込まない方が良いのかもしれませんが、こちらでは何回か話題にした内容なので、敢えてカキコミさせてください。 私の家の敷地内に勝手に住みついた雌猫・・・密かに私が「物怖じしないお嬢さま」と名付けた彼女が子猫を産み、私の敷地内で育てている事はご記憶に新しいかと思います。 私、実はもう1つブログを持っています。そのブログ(yahooブログ)はここのBILOGに移行する前のものであり、放置状態だったのですが、先週金曜日の深夜にとある事件が発生し、久しぶりに書き込みをしました。ただそこのブログではアクセス数が少ないですし、アドバイスすら頂けません。 それでアクセス数の多い、こちらBILOGにちょっと問題提起というわけではありませんが、書き込む事に致しました。 先週金曜日から、猫とも犬とも異なる、ある動物の存在に悩まされています。 鳴声が深夜3時過ぎ頃に私の家の裏から聞こえ、どうやら壁に激突しながら移動している物凄い音がするんです。 「野良犬か、嫌だなぁ」とは思ったのですが、鳴声が違うんです。 「ボォー」っていうか「ウォー」っていうか何か唸り声みたいな鳴声なんです。 何事かと思ってこの寒空の中、私、窓を開けました。先週金曜日(つまり最初の日の事)、その正体をハッキリ目撃してしまいました。。。 あれは・・・あれは・・・アライグマ?Σ(゜□゜; しかも2匹。。。 最初、幻覚かと思ったんです。時間が時間だし寝ぼけているんだろうって。でもその翌日の土曜日も見かけてしまいました。 で、いつもミャーミャー鳴いている子猫数匹の姿が見えません。 「物怖じしないお嬢さま」がどこかに連れ去っているのなら良いのですが・・・もしかして。。。 あんなに大きな音が夜中にしているのに近所の人達は気付かないのか、それとも私がどうかしてしまっているのか、その辺は定かでないのですが、ここのところ毎日、深夜3時以降になると、けたたましい物音がします。 そして私道内には猫のものとは明らかに違う排泄物が散乱しているんです。。。 ・・・私の住んでいる所は東京都中野区なので山があるわけはなく・・・飼いきれないから飼い主が捨ててしまったのでしょうか?もしかしたら目撃者は私だけかもしれず、近所の住人はこの排泄物を、猫のものだと思っているのかもしれません。 実は夜遅く帰宅するの、怖かったりします。。。保健所とかに相談するのは時期尚早でしょうか?(ーー;)
昨日の爆風下の葛西臨海公園でのカイトフライトの後遺症で、現在、両肩、両肘、両手首が重く、脇から上に上げることが出来ません。。。 まぁ、夏なんて毎週そんな感じだったので、心配はしていないのですけどね(^_^;) 実は、そろそろ作るばかりでなく、販売も考えなくてはならないかなぁ、と思い始めています。 ちょこちょこと営業と言うか作品の見せびらかしにギャラリーショップとかまわってて、あるギャラリーから「一緒にやっていきません?」というありがたいお返事を頂いています。 で、来月辺りから始動しようか・・・と考えています。ただ、コンテストとかぶりますし、何せライフワークと化しつつある彫金の「箱もの」制作があります。 彫金は教室の生徒ですから、最重要視しなくてはなりません。教室内で私に対するプレッシャーが相当強いんです。 「全然進みませんね~♪」とか、「そろそろ形になるからゴール近いんじゃない?」とか。。。 コンテストはコンテストで無闇にお金がかかりますし、見返りが無いんですよね。。。言っちゃあ何ですが(ーー;) 宣伝活動と割り切ればよいのでしょうけど・・・う、う~ん。 販売に関しては、地方のショップなのですがボックスキャラリーを考えています。何でも場所代は殆どタダに近い値段で1ヶ月置かせてもらえるそうです。 ・・・ただし、作品は「ブラスワーク」 ペンダントをとりあえず3~4点作って、そのお店にもう一度伺ってみようかとは思います。 去年の12月に、あるリング制作方法を学びに、ここのBILOGの上位ランキング管理人であるみれいさんの教室に伺った事があります。 教室が終わり、帰り際に彼女から「日本一の象嵌作家になって下さい☆⌒(*^∇゜)v !」と言われた事を今になって思い出しました。 あれから1年近くが経とうとしています。 私は日本一の象嵌作家になれたのでしょうか? 多分その解答はまだ先だとは思いますが、もう行動に移しても良いですよね?
先程帰宅しました。少し余力があるので記事書き込みます(*^_^*) ただ、アクセサリー関連の内容ではないので御容赦下さいm(__)m 12時前に到着しました。葛西臨海公園・西なぎさ「海風の広場」。 ここ来るのも先月の大会以来です。 前にも書きましたが、大会デビュー戦として先月27、28日に葛西臨海公園で行われるカイトの大会に選手として申し込んだんです。 ところが27日は関東地方・台風直撃。。。 でも中止の連絡はなく、それどころか大会関係者のサイトでは「これから葛西行くぜ!」というノリノリのコメントが朝6時くらいからありました。 やるのか・・・この状況でやるのか。。。orz ということで27日台風直撃の日は、しっかり朝8時40分頃、あの土砂降りの中、西なぎさのテントの中で待ってました。。。ところが全員、東屋に非難していてそこで中止を言い渡されました。 でもアメリカと台湾からの招待選手がこの豪雨の中、カイトのデモンストレーションを行いたい、との事で午前中、傘を差しながら放心状態で見物していました。 翌日は風の無い中、大勢の観衆の前で、私は砂場で転倒。何もさせてもらえず最下位になり、熱中症にかかり日焼けして帰ったのでした。 で、今日ですが、これが爆風で(^_^;) 周りの人、カイトの骨を折ったり、布地(セール)を破いてしまう人が続出~。。。 私はちなみに無事でした。 カイトは横幅200センチ~260センチくらい、縦幅1メートル前後の外国製の凧に35メートルある2本の糸をそれぞれ右側、左側に取り付け、反対側を大きなストラップに取り付け、そのストラップを両手首に通して操作するスポーツです。 ただ今日の風だと、ストラップが手首に食い込んじゃって。。。 ぎゃぁぁ!腕が千切れる、腕が千切れる、腕が千切れる~ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ ・・・なんて事になり、瞬間的に両手首がミミズ腫れにorz この寒空の中、そんな事を12時から3時半までやっていました。そして今、少々顔がヒリヒリします。 この時期に日焼けか? 来年1/3頃にカイトの大会があるそうです。一応、参加してみようかなぁとは思っています。 ちなみに葛西ではなく、埼玉県三郷市江戸川河川敷だそうです。。。 10月の大会で散々だったのに、「熱まだ醒め止まず」の状態です。
たった今、入浴が終わってPCの前にいます。 日付が変わって間もないですが、18日のブログです。 特に急用が無ければ、あと9時間後に葛西臨海公園に出かけ、カイトをするつもりで、多分ブログの更新は出来なさそう、と予想していますので今書きます。 ・・・ってこの寒空に凧揚げというのも(ーー;) ところでもう昨日になりますが、「銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト2008」の募集要項が郵送されてきました。 去年が「瞬間」、今年が「変化」で、私はそれぞれ一風変わった作品で出品し、何とか2年連続入選させて頂きましたが、来年の御題を見た瞬間、弱りました。 ・・・「旅」ですって。。。orz 私、貞子で出品をするつもりだったのですが(え?)、何かいきなりNG出された感じです。 「旅」でどうやって貞子さんを表現しろ、というのでしょうね。 ・・・貞子さんにリュックサック背負わせてみましょうか? 背負わせた時点で貞子でない気がするorz しかも直接搬入はダメだそうです。アートクレイ倶楽部事務局では受け付けないそうで、某社の東京美術品公募展センターへの宅配提出が義務付けられる、との事。 そして作品返却は出品者の着払いで返されるそうです。 何か一気にやる気が失せてしまいました(ーー;) 彫金で現在制作中の「箱もの」が1月でも終わらなそう、という嫌な雰囲気が漂っているのもやる気の失せた理由でもあります。 でもそれ以上に「旅」というテーマでは、ちょっと私の作風には合いそうに無いです。 私の作風は完全な密室型のモチーフですから。。。 どうしましょうね、コンテスト。。。
似非「木工職人」の刻です(^_^;) 今日、枠組み部分を完成させるべく彫金教室へ行きました。行きましたが結果は惨敗。 3歩下がって2歩下がってしまいました。。。下がってばかり(T_T)       実は引き出し部分の奥行きと、枠組み部分の奥行きが合っていない事が発覚。。。それは最初から予想していて、枠組み部分を組み合わせてロウ付けし、その後で磨り出すつもりだったのです。 ところが枠組みのロウ付けに失敗しまして。。。 原因は明快で、作品が大きすぎる事に原因があります。 元々、箱ものは大振りな作品なので、作品の側面をロウ付けする際は、全体をガスバーナーで熱してやる必要があるんです。全体が温まった時点で初めて銀ロウは溶け始めるわけですから。 ところが私の箪笥はあまりにも大きいので、作品全体が温まりません。その為、ロウが溶けないのです。 普通は箱ものの内側の合わせ目にロウ付けしますが、それが無理とわかり、それならばピンポイントで地金の角をロウ付けすれば良いと単純に考えていました。 で、この引き出し&枠組みの幅の誤差に気付いたんです。。。その誤差・・・およそ2ミリ。 今日はそれでタイムアップ。。。この誤差を磨り出していく作業を来週行います。
こちらで仲良くして頂いているmika*さんや、sayaさんといった方々が、「ブラスワーク」を制作されるようになりました。 「ブラスワーク」のスペシャリストである私としましては、非常に感慨深く、嬉しい限りです(*^_^*) ・・・でも相当苦労されているようですが。。。       ブラスワークとは、真鍮という金属を銀粘土の中に「象嵌(ぞうがん;『埋め込む』という意味)」して いく技法の事です。名付け親はアートクレイ大阪教室の岩橋邦明先生らしく、この先生がヴォーグ社のテキストに紹介されたのが最初みたいです。 通常、シルバーアクセサリーと言うとその名の通り、銀色と相場は決まっていますが、この技法では作品を真っ黒にいぶす事で、真鍮の金色(というか山吹色)とのコントラストを引き立てているわけです。 さて、mika*さんのブログで紹介されていた記事を見て感じたのですが・・・なんか感心しない方法で作品制作をされているように見受けられました。それは次の2点です。 ?真鍮線の切断方法 ?真鍮線のなまし方 まず?ですが、ニッパを使用してカットしているとの事です。ニッパでカットすると切断面がつぶされた状態になるので、真鍮事態が「キズモノ」になってしまいます。その為、棒ヤスリで切断面を削るわけですが。。。 歪な形でカットされるので、切断面の削りも結構時間がかかります。また、ニッパはいわゆる「毛抜き」のようにカットの際に引っ張る力が加わります。作品焼成時にニッパで飛び出た真鍮線をカットする場合に、実はこの時点で真鍮は作品から抜けやすくなります。 出来れば、糸鋸を使用する事を、私ならお勧めします☆⌒(*^∇゜)v ! 次に?です。多分、殆どの場合、真鍮線のなましは電気炉で800度の1~2分焼成、という方法を取られているかと思いますが、真鍮の融点は確か850度なので、800度での焼成の際に表面が薄く剥離してしまいます。 「薄皮1枚めくれる」という現象が発生します。その為、元の真鍮線よりも若干細目のものになってしまうのです。 こちらは、もし可能であるならば、ガスバーナーで瞬間的になます方法を取られた方が宜しいかと思います。 ・・・実際に私が実演するのが一番良いのかもしれません。。。陽だまり公房さん、特別講師しまっせ(*^_^*) 今回の画像は新作ではなく、過去作品を一同にまとめてデジカメで撮ったものです。 去年のコンテスト入選作品4点を交えて撮ったものです。 ちなみに今年のコンテスト入選作品「ライン・メタモルフォーゼ」は入っていません。こうまとめて見てみると、我ながらよくこれだけ作ったものだと呆れてしまいます。 そして来年のコンテストがそろそろ。。。。また「ブラスワーク作りたい病」がぶり返しそうです。
いらねぇぇぇ!!!(ノ≧皿≦)ノ ===┻━┻ と佐川急便さんに突っ返すわけにも行かず。。。 雨の日曜日(11/11)のお昼のことです。 揉めに揉めた例のダルちゃんこと、「ダルガラス5個セット」の宅配が届きました。       1個の大きさは大体1辺3センチの立方体くらいの大きさでしょうか。。。それが色違いで5個あります。 以上。 ・・・・・・やっぱり金床もチッピングハンマーも無しかい、をい。。。(ーー;) 期待はしていなかったですよ、最初から(# ̄З ̄) ブツブツ でもねぇ。。。 まぁ、いいか、金床&チッピングハンマーはいずれネットで購入します。ある意味「期待通りに」裏切られた感じがあります、相田化学さんには。。。 ちなみにダルガラスはフュージングガラスではありませんので、870度の温度でも溶けません。角がほんのり丸くなる程度です。 チッピングハンマーはこの角張ったガラスを砕く為の道具であり、金床はその作業代なのです。 砕いた後、その無数の欠片から目ぼしい形を選んでアートクレイと組み合わせペンダントにします。 このダルちゃんを使用した作品・・・いつ制作する事になるやら。。。
昨日、東京は雨だったのですが用事が特に無く、課題も今のままでは下手したら今年度一杯かかるという不安感もあったので、急遽彫金制作に出かけました。     さて、今回はサブタイトルがついています。 引き出しを収納し、出し入れできる為のレールを取り付けました。 3段の引き出しの敷居板にもなっていますが、極力地金を少なくしたいので、このように両サイドから必要最小限の地金をロウ付けしていった訳ですが。。。 真ん中の引き出しの高さを間違えまして(^_^;) 1ミリほど高さを擦り飛ばしています。 更に横幅が入りきらなかったので、バフを強めにかけて、擦り飛ばしていたら、最上段の引き出しの側面に穴が開きましたorz 内側に筋交いみたいにして補強を施しました。 右側上部がガタガタになっていますが、地金を重ね、幅を若干広げています。そしたら今度は隙間が多すぎて。。。(T_T) 当初は方眼紙にミリ単位で細かく図案を描き、緻密な計算を行っていた筈なのに、脆くもその緻密な計算が音を立てて崩れてきています。 私に、「ガンダム」アクセ製作者のぜんまい軍曹さんのような正確さがあれば良いのですけど(ーー;) これをどうリカバリーしていくかによって、この作品の完成度が大きく変わっていくことになるでしょうね。 今度の土曜日にとりあえず枠組みを組み合わせ、ロウ付けをしていこうと思っています。 作っている時は目が爛々と輝いて、無邪気にしているのですけど、この作品を見ていた体験教室の女の子がビックリしていました。
先月27日はですね。朝から台風直撃だったにも関わらず、朝5時に起床。ビニール傘を差して160センチの横長バッグを肩に背負い、7時半に地下鉄八丁堀駅にいました。 で、駅横のプロントで8時半まで時間を潰し、あの雨の中、葛西臨海公園にいたのでした(T_T) だって自宅出る直前までネット検索しけど、カイトの大会中止のニュースがないどころか、「これから行くぞぉ、絶対やるぞぉ」ってやる気満々のコメントが投稿されていたんですもの。。。 結局、現地で皆が集合し、その場で中止を言い渡されましたが、海外からの招待選手がデモンストレーションをやるという事で、台風の中、傘や合羽を着込み、海岸で外人さんが凧を飛ばすのをひたすら口をポカ~ンと開けて、午前中留まっていたのでした。。。 ク・・・クレイジ~Σ(゜□゜;
月が変わって11月になったわけですけど、10月末に配送されるはずのダルガラス5個セットが未だに自宅に届いていません。 それどころか、チッピングハンマー&金床は「10月11日時点で配送済み」というアートクレイ倶楽部(相田化学)の営業の連絡があったにも関わらず、無しのつぶて。。。 そのくせ、伝票だけはしっかりと「ダルガラス5個分」の料金が先月中旬に自宅に届いている状況です。 先月20日前後に集中して、相田化学の担当営業から自宅に電話がかかってきました。 ・・・といっても平日の17時台なので、出れるはずもなく(ーー+) 先日日中に、いても経ってもいられず相田化学に電話したら、「担当営業は外出中」との事で、 「私、平日は絶対に電話に出れません。今後は手紙で自宅に知らせて下さい!」 とハッキリ言い、先方も「そのように致します。」 との返答があったにも拘らず、手紙が来ない。。。Σ(゜皿゜; ・・・相田化学って営業が正常に機能していないのでは? それとも東京の私の住む中野区担当だけなのでしょうか?営業がボンクラなの。。。 な~んか、ダルちゃんなんて、もうどうでも良くなってきています。他の地区の営業ってまともなのでしょうか? ちょっと愚痴りたくなっちゃいました(^_^;)
2ヶ月ぶりの彫金教室に行ってきました。 2ヶ月間の間に道工具の置き場がすっかり変わっていて、ヤットコとか木槌とか酸洗いのビーカーとか探すのに手間取ってしまいました(^_^;) 2ヶ月も空くと、私を知らない入りたての生徒さんも少なくなく、ましてや、すっかり日焼けしたちょっとサーファー風の髪型の私を異質な人間と思ったのか、不思議そうに見つめる人も何人か。。。 ・・・私が彫金で「箪笥」を作ろうとしている不届者の刻でございますぅ~☆⌒(*^∇゜)v ! さて、本当に久しぶりの「箱もの」。今日は枠組み部分の内側の削り出しの続きです。 引き出しの横の長さの方が枠組み内側の長さよりも長いんです(T_T) その為、引き出し本体の側面をバフがけしました。元々1ミリの厚さの引き出しですが、側面だけ厚さ0.5ミリまで擦り飛ばしています。 ・・・危なぁいΣ(゜□゜; この後で引き出しのロウ付けを行おうものなら、地金が溶けちゃいそうです。。。気をつけないと(ーー;) それと平行して枠組みの内側もヤスリ掛け。 この作業を延々と7時間行い、ある程度の目処がついたので今日は終了。        この画像、実は枠組みのロウ付けは行っていません。ですのでまだ箱にはなっていないのです。 一応、こんな感じになる、という予定で引き出しを入れてみました。 次は再来週の土曜日の予定。引き出しを入るように、レールを取り付ける作業が待ち構えています。 教室で先生から「手間もかかるし、何しろコストもかかるし、よくこんなデザインで課題をこなそうと考えますよね。。。」 と言われてしまいました。 そ、そうなんですけど、そうなんですけど。。。これが私の味なんですぅぅぅΣ(゜皿゜;
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。