上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しるば~土佐日記の管理人きら星のごとく さんから、 「譜面は作らないのですか?」という要望がありましたので、本当はピアノ本体にこれ以上はロウ付けしたくなかったのですが、思い切って譜面を作ってみました。 高さ5ミリ×横幅12ミリあります。        教室には拡大鏡がなく、私自身も所有しているわけではないので(ーー;)、五線譜をデザインする事は出来ず、譜面の中身は真っ白です。。。orz 後は鬼のようなバレル研磨により、全体に銀肌が見えるようにはなりました。それでもバレルが上手く当たらない部分が出てしまい、バフ掛けも無理・・・という現象が発生。 更には黒鍵盤になる銅板の上に銀ロウが流れてしまっています。 これ、耐水ペーパーで地道に研磨するしかないのですよね。。。 教室仲間の大仏さんが、次回(2/2)の通学日にリューターに使用する「バフ・ポイント」を持って来て頂ける事になり、それを使用しての研磨作業を行う予定です。 あと今日は、椅子のパーツを作り始めました♪画像の左下の四角いパーツ・・・一辺が「幅3ミリ×厚さ1.2ミリ×長さ15ミリ」の三連リング用の地金で正方形を作りました。 ここから「箱もの」の椅子を作るわけですが。。。当初これも引き出しにする予定でしたが、パーツが小さすぎるので、それはパス!通常の椅子を作ります。 ・・・・・・背もたれは必要でしょうか?Σ(゜□゜;
スポンサーサイト
日曜日の彫金教室での今回の進捗です。 脚部分に銀丸線を組み込み、支えを強化しました。そして全体の余分な銀を棒ヤスリで削り出し、更に踏みペダルを取り付けました。        当初はペダルの取り付けを考えていなかったのですが、 「ここまで作ったら、ペダルつけて♪」と教室の仲間から言われ、先日、銀石さんからも要望がありましたのでつける事にしました。 ・・・・・・ 自分で作らないからって好き勝手な要望出しやがってΣ(゜皿゜; あ、いえ、元々気にはなっていたので考えてはいたんです。 彫金をやっていくと、ロウ付け時に銀が酸化してしまい、所謂「錆び」が発生するのですが、それを除去する為に、希硫酸の入った容器の中に作品を入れ、酸化部分を除去します。 これを「酸洗い」というのですが、その作業は20~30分かかり、その間、作業は完全に停滞します。 時間が勿体無かったので、画像右手に見える幅1センチの平打ちリングを作り始めました。 次回の課題「ワイヤーワークス」です。 今度の土曜日にピアノ制作の続き・・・耐水ペーパーによる長時間の研磨作業があるのですけど、その作業で飽きたら、このワイヤーワークスの制作も平行して行う予定です。 ・・・多分、ワイヤーワークスの方が先に完成しそうな気がしますΣ(゜□゜;
え~、今日から以下の日程で、藤沢駅から程近い「蔵まえギャラリー」というところで展示会が行われています。 日程     : 2008年1月19日(土)~1月28日(月) 時間     : 午前10時~午後6時(初日14時~ 、最終日14時まで) 場所     : 神奈川県藤沢市藤沢630-1(JR藤沢駅北口徒歩6分) イベント名  : ○(円)展 会場     : 蔵まえギャラリー 微力ながら私も2点だけ出品(^_^;) こんな作品です。得意のブラスワークペンダント。ちょっと反射して判り難いですけど。      それにしても年末から昨夜にかけて忙しかったぁ。。。本職のコンピュータ業務が修羅場を向かえ(現在も)、休日は彫金教室での例の「アップライトピアノ」の制作。残りの時間を使って「ブラスワークペンダント」の制作だったのですけど、手間がかかる作品なので量産は到底望めずorz 実は今朝方まで作品の研磨作業を行っていました。 ここのギャラリーに今後お世話になるのかどうかはまだ未定なので、とりあえず様子見ということでの今回の参加になりました。 今回の展示会の結果によって、本格的に参加するかどうかが決まってくるのでしょう。 来週辺りから、もう一つお世話になる予定のギャラリーに向けて作品のデザインを考えようと思っています。こちらは若い女の子向けのリーズナブルな作品がメイン。2千円未満での出展という、シビアな値段設定が条件ですが、その分、大量生産が必要となりそう。。。 まだまだ忙しいです。。。(^_^;) やっぱりコンテスト出品、無理かなぁ・・・
いや、別に祝ってもらう気はないのですけど(^_^;)、誕生日が昔祝日だった人って何か今の休日精度に納得行かないですよね? 確かに連休になれば、どこか遊びに行きやすい、というのは判るのですけど、週の半ばに休みがあったり、飛び石連休になったり、というイレギュラーな休日が私結構好きでした。 私は昔の「成人の日」に生まれたのですが、 国民全員が私の為に祝ってくれる!(*/∇\*)えへっ という大いなる錯覚によく陥ったものでした(^_^;) ・・・ま、まぁ、そんなのどうでも良いのですけど。昔みたいに飛び石連休になってくれないかな、と密かに願っています。 と二十歳過ぎたばかりのお兄さんは切に願っているわけですよ☆⌒ヽ(*'、^*)chu
珍しく今日2回目の投稿です(^_^)b いやぁ、明日から本職の方が先週以上に修羅場になる事が必至で、更に今週土曜日提出のブラスワークペンダントの研磨作業がある為に、ブログ更新が厳しくなりそうなので、今日アップします。 昨日の彫金教室での進捗は画像の通り。        脚を付けました。実はまだ銀丸線の部分はロウ付けしていないのですが、こんな感じになる予定です。 このパーツを取り付けることで、安定感バッチリの作品になりました。 そして遂に、遂に、引き出し部分との合体。7分ロウでロウ付けしていますが、実はピアノ部分が大きく歪んでいるので、その修復に思いっきり手間取り、何とか直したものの、まだ若干隙間のある麺が存在しています。 次回、この隙間を7分ロウで埋めたり、極小のパーツを切り出して埋め込みロウ付けします。あと余分な地金の切り出しを行い、やや上向きになっているピアノを平面に向くように研磨します。 多分、次回はこの作業に終始してしまうんでしょうね(^_^;) そして全体の研磨を行った上で、合成石ラウンドカット3ミリのシャンパンを彫り留めして燻していく予定です。 やっと、やっと、ゴールが見えてきたぁ~(^_^)v
先々週の事ですが、私がBilogに登録する以前から仲良くさせて頂いているmoobuさんにメールを何度かやり取りしていました。 実は気になっている子がいて、その子の事を考えると夜も眠れななくて・・・だから昼寝してしまうんですけど。 それでどうしてもガマンできなくなってメールしました。 moobuさんのお子さんをお嫁に下さいm(__)m いや、もとい、moobuさんの作った愛の結晶を・・いや、もっと御幣がある(ーー;) つまり、「ころりんぶ~」です(^_^;) で、先週の月曜日に、郵便局から配達不在届が届き、翌日、会社帰りの途中で深夜受け取りに行ってきました。             これ画像では大きな作品に見えるかもしれませんが、体長1.6センチしかありません。 moobuさんの作品って小さいものばかりなので、予想はしていたのですけど、その小ささに改めてビックリΣ(゜□゜; 何気に右手というか、右前足を上げているので、「せんせぇ、おしっこ~」とかアピールしているようにも妄想できます(^_^)b ピンクシルバーではなく、通常のシルバーの方を購入致しました。 一応、ピンクの方もお値段を教えて頂きましたが、あまりにもお安く設定して頂いた為、同じシルバーを携わる物としては、申し訳なく思い。。。 作家さんに金額面で負担がかかるの嫌なんですよね。いくら自分の好みで作ったと言えども、作ったからにはマイナスにはなって頂きたくない。作り手の苦労が痛いほど判るだけに尚更ねぇ。 というわけで通常のシルバーの方を購入させて頂きました。 土曜日、これを身につけて教室に行ったのですけど、教室の先生も「わぁ、可愛いΣ(゜□゜;」と黄色い声を上げていました。 ころりんぶ~、大切にしますね♪ありがとうございました☆⌒(*^∇゜)v ! 昨年末はtooruさんの「ハクチョウ貝のペンダント」、そして今年最初はmoobuさんの「ころりんぶ~」。何かお2人の作品で今年の運気が上昇しそうです。 (実は新春のくじ引きで、RICOHの業務用のカラープリンターをゲットしまして。。。)
今年最初の彫金教室・・・本来なら明日が初日だったのですが、このままでは終わらない気がしたのと、19日の午前中までに納品しなくてはならないブラスワークペンダントの研磨作業を教室のリューターで行いたく、急遽、今日予約を入れて作業してきました。。。 今日の作業はピアノの鍵盤の蓋、譜面台、そしてその上に透かし模様を入れた地金を重ねました。 これはデザインもありますけど、彫り留めにて石を留めるための細工です(^_^)b        大分ピアノっぽくなったでしょ?☆⌒(*^∇゜)v ! 明日も朝から教室の予約が入っていますが、いよいよ箱ものにこのピアノ面を重ね、蓋をします。 そして脚を付けて、ピアノの重心を支えるようにする予定です。
珍しく銀粘土の制作段階のものをアップします。 直径40センチくらいの大きさのホットプレートの中に入っている丸っこい物体・・・このシンプルなものが現在制作中のペンダントトップ(ブラスワーク)です。 丸いものだけを対象とした展示会が神奈川・某所で行われるのですが、その為の作品です。様子見と言う事でとりあえず2つ作りますが、最初の1点目となります。 銀粘土は13g使っているでしょうか。。。 完全乾燥させてから、作品の側面と裏側のみを棒ヤスリ&耐水ペーパーで削り、粘土の段階で鏡面にします。 表面はもう少しペースト粘土を塗り、乾燥後に焼成予定。 ここから「魔の磨り出し作業」が待ち構えています。この焼成ご意向の作業が3日くらいかかります。 ブラスワークですから、磨り出し後は重量10gを切る作品になるかと思います(^_^;) 私にしては小さい作品ですが、これは依頼によるものです。ただ、小さいと真鍮線をたくさんは埋め込めないので、私の作風の魅力は激減してしまうのですが、仕方ないですね。 真鍮線は結構簡単に折れてしまう金属なので、凹凸はまず出せず、必然的に平面の作品になります。今回は小さくて丸状の平面作品ですが、この結果次第で次の展示会参加の際に、凹凸のあるブラスワークペンダントを作るように、という指示が出ています。 ・・・金属の性質上、実際には不可能なんですけど、挑戦してみますかorz
正月なので、今年1年間の目標をこの際、宣言してしまおうと、大胆な(というか「背水の陣」というか)誓いを立てて、正月から自分にプレッシャーをかけてみようと思います。 ?ギャラリーにて販売  既に2店ほど納品をする事になっています。直近で今月19日の午前中までに、です。その為、平日、土日は時間がなく、既に泣きが入っています ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ ?コンテスト  3月の締め切りに間に合うか判りませんけど、努力はしてみようと思います。そのためにUVボックスと額縁を入手したんですしね。 ?彫金教室の卒業  これは時間との戦いで、教室側と交渉しなくてはならないのですが、どうなるのでしょう? 旧カリキュラムの時に入学し、その後、新カリキュラムで2年間の制約が設けられました。 2年を過ぎて退学になって、同じ教室のフリーコースに通うというのも何か変ですよねぇ。。。 ・・・いずれにせよ、1~3月までは超過密スケジュールの為、休日は完全にシルバーアクセ制作に専念しなくてはならないという状況下(ーー;) とりあえず、今年は一歩一歩、確実に前へ進もうと思っています。 宣言した手前、貞子さんを作らなくてはなりませんね。。。 あれ材料費が結構かかるんですけど・・・はぁぁ(@_@;) 今日はこれから江東運転免許試験場に、免許の更新に行ってきます。。。
だから昼寝するのですけど(*≧m≦*)ププッ 彫金教室でのコース在籍期限は2年間なのですけど、今年の3月中旬で丸々2年が終了します。 でも現在制作中の「箱もの」は完成の目処が立たず。。。 あ、いえ、ピアノ本体は多分今月中に完成するんだと思っていますけど、椅子の制作まで手が回らないかも。 とりあえず、課題を進めなくてはならないので、椅子制作の前に課題「箱もの」として先生にチェックして貰った方が得策かと年末から考えていました。 まだ公表していない思案だったのですけど、これ知ったら教室の仲間、ストレス溜まるだろうなぁ、というのは安易に想像できてしまうんです。 既にこの箱もの(アップライトピアノ)は単なる私だけの課題ではなくなりつつある状況になっていて、先生や生徒仲間からも 「次はどういう風に作るんですか?どう展開させるのですか?Σ(゜□゜;」 という質問が実際に交わされている状況です。 最終日の12/29(土)、17時頃になると教室内で「休憩タイム」として30分~45分の作業中断してのお茶会が催されたのですけど、その場で私、「箱もの・・・もう飽きたぁぁぁ(^^ゞ」って言ったら、 「今ここで止められたら、ストレス溜まって夜眠れませんよぉ。絶対完成させて下さい!」と言われてしまいました。 次の課題の制作の合間(例えば酸洗いは20~30分かかり、その間、手持ち無沙汰になる)に、「箱もの」の続きをコッソリ行った方が良いのではないか?等と考えています。 実はこの「箱もの」が終わっても、まだ残り6個(5個は規定の課題、1個は卒業の為の自由制作)もあるのですけど、とても今年の3月中旬までに終了するはずもなく。。。 ・・・た、退学か?Σ(゜皿゜; 「刻さん(仮名)・・・最終学歴(某彫金教室中退)」(≧∀≦) ・・・なんて学歴がつくのでしょうか。。。しゃ、シャレにならないorz その後はどうなるのか判りませんが、とりあえず今は色々あがいてみようと思います。 次の課題・・・予定では久しぶりのリング制作を考えているんですけど、「ワイヤーワークス」になります。 でもこれって、通常の彫金教室に課題として存在するのかなぁ?他の教室を知らないので、比較は出来ませんけど。
1/19(土)の正午までにとあるギャラリーに、ブラスワークペンダントを制作し、搬入する約束を先月23日にしてしまい、現在、重い腰を上げて作品制作を着手しています。 ・・・元旦なのにorz で、どうせなので、今後ブラスワークを制作する方がいらっしゃるかもしれないと思い、ちょっと私の簡単テクニックを紹介します。 もしかしたら、既に実践していらっしゃる方もいるかもしれません。 通常、ブラスワークでは銀粘土の中に真鍮を埋め込む際にピンセットを使用しますけど、私は実は使用しないんです。ではどうするかというと。。。           ↑ ?方眼紙の上に図案を描き、その上にカットした真鍮線を載せます。 ?真鍮の位置がずれないように、ピンセットで位置を微調整します。ピンセットを使用するのはこの作業の時のみです。 ?その際に、梱包用の特大セロテープ(東急ハンズで購入)を用意し、真鍮線ごと図案の上にテープを貼ります。 貼った時の画像・・・セロテープの反射で、ちょっと見辛いかもしれませんけど(^_^;)        この状態で数時間放置し、ゆっくりと方眼紙から剥がします。真鍮線はテープに張り付いたままです。 この後で銀粘土を練り、厚さ2ミリくらいの平打ち状のペンダントトップを手早く作ります。 乾燥する前に表面に水を付け、その上から真鍮線をセロテープごと、一気に押し付けて埋め込みます。 今日の夜に銀粘土を練り、象嵌作業までやってしまう予定です。ちなみに直径2センチの真円のペンダントトップを2点制作します。
今年も宜しくお願いします。 昨日になりますが、こちらで仲良くさせて頂いているtoruさんが展示販売されている展示会に行ってきました。 グランドプリンスホテル赤坂の五色の間2Fの入って一番右側の入口側です。 最寄駅は地下鉄の麹町、永田町、赤坂見附の3駅からほぼ真ん中辺です。 toruさん御夫妻に御会いしました。ブログの文章からしかイメージ出来ませんが、ほぼ私のイメージ通りの方でした。 まずは画像から。          これ、足かせをはめられたカエル君ではありません(^_^;) 狙っての画像ではあるんですけど。。。 ブログ関係者先着7名宛てのプレゼントとしてカエル君の携帯ストラップを頂きました。 ・・・やっぱりカエル君なんだぁ☆⌒(*^∇゜)v ! 海福雑貨さんのショップでは2度ほど拝見した御馴染みのカエル君&ワニ君の指輪&ナイフ。 そして今回の為の新作の数々。。。作家さん御自身から説明を頂いて、その作品への思い入れが深く伝わりました。 こういう対面販売って良いですね。 暫くしてshionさんがいらっしゃいました。 もうこの人、カエル君の指輪に釘付けになってしまいまして・・・きっと購入するんだろうなぁ、と思っていたら案の定購入されていました。 さらにワニ君を指にはめ、じーっと見つめています。 あ、これも買うんだ、この人買っちゃうんだぁ・・・と思って横から見ていたら予想通りのリアクション。 悩殺されていました(^_^;) 私はと言うと、売れ筋2品(カエル君&ワニ君の指輪)ではなく、「ハクチョウ貝のペンダントトップ」という、渋い一品に目が行ってしまいました。 とはいえカエル君&ワニ君が不服というのではなく、この約2年間、彫金をやってきているためか、シンプルな作品でしかも時間のかかりそうな作品にどうしても目が行ってしまうんです。 それが画像に映っている一品なのですけど。。。 判り難いので、ドアップ画像を。          う~ん、反射してわかりにくい。ハクチョウ貝は乳白色なので画像には写り難いと言えば映り難いのですけど・・・実物は光の具合で虹色に変化します。 彫金の課題で、この後、「オーソブライト・ジュエリー」というのがあるのですが、それの参考に、と思い、これを購入。年末で結構お気に入りの良い買い物をしました。 カエル君の指輪は次回、機会がありましたら購入させて頂きたいなぁ、と思っています。 帰りにtoruさん、shionさんとご一緒している写真を撮って頂きました。これは画像アップされませんけど、toruさんのブログに私の箪笥とカエル君のコラボ画像がアップされています。宜しければ御覧になって下さい。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。