上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「どうせならカニカン(トリガークラスプの事)も自分で作ればよかったのに・・・(^_^;)」 し、知られている、私の昨日の行動が教室の人間に知られているΣ(;゚□゚;;)Σ(;゚□゚;) Σ(;゚□゚;) 声の主は、ここにたまにカキコミにいらっしゃる教室仲間の「大仏さん」なので、ROMしていたのでしょうね。 それにしてもタイムリーなツッコミ。。。orz さて、チェーンですが、今日1日で丸カンを31個ロウ付けしてきました。画像はこんな感じ。 長さは27センチあります。           白い方はSV950の銀丸線による丸カン、色の付いている方は真鍮線による丸カンです。火を多めに通すと真鍮はこんな色になるようです。 もっとも、真鍮って、成分は銅と亜鉛から構成されているので、金色部分がとれてピンクになるのは不思議ではないそうです(教室の先生談) バレル研磨して耐水ペーパーで磨くと金色に復活するのかなぁΣ(゜□゜; でも、このままの色でも面白そうです。 今日も1メートルの真鍮線を持参して曲げていたのですが、途中から変にねじれちゃって上手く丸カンが作れませんでした。もう汗だくで作業していました。 「箸より重いもの持ったことが無いから、こんな力作業は(ぶつぶつ)」 「え、何か言いました?」と大仏さん。 「あ、いえ、鉄アレイよりも重いもの持ったこと無くて(汗)」 丸カンのロウ付けは最初のうちは失敗しましたが、火力の弱い丸カンのロウ付け用のバーナーの使い方を教えて頂いてからは、凄いハイペースでロウ付けが進みました。 ハイ、ハイ、ハイ( ゜ロ゜ノノ゛☆ 何か、椀子蕎麦ならぬ、「椀子ロウ付け」みたいな感じでテンション上がりまくり、ガシガシとロウ付けを繰り返していました。 今日1日でこんなにロウ付けしたのですか?Σ(゜□゜; と先日、表参道ヒルズで個展をしていらした男性の先生が驚愕する始末。。。 う~ん、集中しましたからね、今日の私(^_^;) でもウォレットチェーンの長さは、55センチから60センチと相場が決まっているらしいので、今日ロウ付けした倍以上のロウ付けを次回行わなければなりません。 今週の土曜日にこの続きを行いますが、ロウ付け作業だけなら次回で終了するかも。。。
スポンサーサイト
先週、「チェーン」の課題で制作する「ウォレットチェーン」の件で教室の先生に質問しました。 チェーンの先端に取り付ける金具はありますか?って。 あれ、何て言いましたっけ?あ、そうそう「トリガークラスプ」とかいうパーツです。 チェーンの先端に二重カンを通し、そのカンをその「トリガークラスプ」につなげ、開閉出来る部分をジーンズやズボンのベルト通しの箇所に引っ掛ける・・・あのパーツです。 教室には置いてなく、アートクレイクラブにも長さ1センチ弱の小さい物ならあるそうです(ブレスレット専用)が、ウォレットチェーン用のものは置いていなくて、先生から 「御徒町に行けばパーツ見つかりますよ」 と言われ、今日は教室の予約を入れていなかったので、早速昼前から御徒町に行って来ました。 千円前後のニッケル製のパーツは見つかるのですが、SV925のものって見つかりませんね。 と思ったら、年配のおじさん(御同業者風)が一人で切り盛りされている店があったので、何気に覗いていました。 そうしたら色々と話しかけられてしまい・・・そのご主人の作品一つ一つにかける意気込みをひたすら聞かされている自分がいました。 「そうですか、お兄さんも作品制作されていましたか・・・では、もし宜しかったらこれ如何です?銀製です」 と見せられたのがこれ。        SV925のトリガークラスプですが、明らかに他のお店で売られているものとは重厚感が異なります。 「お値段は7,500円ですが、6,000円にしますので、是非ウォレットチェーンをこれで作って下さいませんか?」 う~む、と迷う私(ーー;) 「お金の無い学生さんはニッケルの安い千円前後のパーツで良いでしょうけど、彫金習われている人で、ご自分用に作られるなら、拘って全部シルバーで統一しても良いのではないか、と思います」 ・・・いえ、真鍮も使うんです。。。とは言えませんでした、私(^_^;) 一応お断りしていますが、この方がお勧めになっているこの画像のパーツ、偽物ではない事は一目瞭然です。大きさは4センチくらいのものなので、SV925では当初の7,500円ならむしろ妥当な値段となります。 迷った挙句、ここに画像を載せているということから恐らく察しはつくかと思いますが、購入しました。 ・・・これでウォレットチェーン制作は完全に逃れられなくなりました。 外堀から生めていき、逃げ場を完全に塞いで自らを追い込んでいく制作スタイルは私のいつものスタイルなので、変わりは無いのですけど、ちょっと痛い出費かも(^_^;) 座右の銘は「背水の陣」(;一_一)。。。。。。後ずさり そんな事はないのですが(汗)、何か俄然気合が入ってきたので、明日、教室の予約を入れてしまいました。
本日のレッスンから在籍期間が3年目に突入したので、規定どおり超過金を支払い、2年更新しました。 「また、じっくり取り組んでくださいね( ̄ー ̄)ニヤリッ」 ということで気持ちも新たに(悔)、次の課題に入りました。今まで逃げ続けてきた課題「チェーン」です。。。 SV950銀丸線(直径2ミリ)を1メートル購入。それをバーナーでなまし、金属のロッド棒に巻きつけ、5センチ前後のコイル状にしていきます。 そのコイル状の地金にロッド棒を通したまま、ロッド棒の先を万力でガッチリ挟み、糸鋸の刃を逆刃にしてひたすら切断していきます。直径1センチくらいのやや大きめの丸カンですが、1メートルでは少なすぎたので、もう1メートル購入。 さらにコストダウンを図ろうと、彫金教室3年目にして、この課題で遂に銀粘土時代の「伝家の宝刀」である真鍮線を使用しました。こちらも銀丸線と同じく直径2ミリ×1メートルです。        つまり銀、真鍮線合せて3メートルの地金を使用して丸カン作りをしてきました。作業時間は6時間ジャスト。 数えてみたところ、銀丸カンは57個、真鍮丸カンは28個あります。 3/22(土)時点のこの地金代ですが、銀丸線2メートルは7千円。真鍮線1メートルは120円でした。 ・・・真鍮線、安っ!っていうか銀、高っ!Σ(゜□゜; 真鍮線使わなかったら絶対1万円越えています。。。 実はまだこの段階になってチェーンのデザインが決まっていません。とりあえず丸カンだけは先行して作ってはいるものの、通常の丸いチェーンにすべきか、ローラーで潰して「喜平チェーン」にするかも決めかねている状況。。。 制作段階に入って、未だデザインが決まらないだなんて、こんな事初めての経験です。 とりあえず真鍮と銀の丸カンを交互に繋げていこうか、とは考えています。 その為には、もう1メートル分の真鍮丸カンが必要ですので、先程、新宿の東急ハンズで購入してきました。 アイテムとしては、まずはブレスレット制作を目標にし、あわよくばウォレットチェーンに展開出来れば良いと考えています。 ・・・多分、両方作る事になるでしょうね。夏一杯までかけて(^_^;) ところで今日、この丸カン作りの過程で、バローベの鋸刃を5本折りました。 うそーん(T_T)、最高の鋸刃なのにorz ・・・次回は4月第1土曜日の予定です。
今日は朝から雨、雨、雨。。。 晴れていたら葛西に行こうかな、とか思っていたのですが、他の日では行けそうもありませんでしたので、正午過ぎに原宿の地に降り立ちました。 場所は表参道ヒルズ。数年前まではこの町はよく出歩いたものですが、最近はとんと行かなくなり、流石に様変わりしていました(^_^;) 先日お伝えした彫金教室の先生の個展ですが、会場入りした途端、陽だまり工房の講師にして、彫金教室でお世話になっている先生がニコニコしながら、私に向かって手を振っていました。 で、作品を穴の開くほど熱心に1個1個見ていたら、係員の女の子が話しかけてきました。 「どうです、お気に召しましたか?」 「この個展の先生の教室の生徒です、私Σ(゜□゜;」と、展示即売会の様相を呈しそうになったので、察して逃げ腰になったら、 「私も教室の生徒なんです(*/∇\*)えへっ」 と切り返されました。 クラスメートじゃん!こんな子がいたなんて、知らんぞ私(゜ロ゜ノ)ノ その女の子はつい最近、銀粘土コースを卒業されたそうで。。。なんだ、私の後輩じゃん! 曜日が違う子のようなので、多分今までお会いした事はなかったのでしょうね。 ちなみにこういう作品です。これはパンフ。            ↓       リングのトップに取り付けられた黒い石は、オニキスです。この市松模様になっている黒い箇所は「赤銅」で、白い部分はSV950。 携帯で撮った画像も載せます。ちょっと見難いですが(^_^;)        渦巻模様の「杢目金」も多数ありましたが、そちらは画像を撮るのを忘れました。 こういうのを見てしまうと、自分で作ってみたいという気持ちが沸々と湧いてきますが、その一方で1個作るのにその苦労を嫌と言うほど知っているので、公言は出来ませんでした。 先程の女の子には、作り方を口頭で説明しましたが、御理解頂けたのかは疑問です。 25日(火)まで開催されていますので、御興味ある方は是非どうぞ(^_^)v
私が通っている彫金教室で講師をしている方(男性)が今週の木曜日より6日間にわたり、展示会を行います。 詳細は以下です(^_^)b ●展示会名:Hotta Minoru jewelry exhibition ●日程   :2008年3月20日(木)~25日(火) ●時間   :12:00~19:00(最終日は17:30迄) ●場所   :表参道ヒルズ西館1階 ギャラリー コーワ ●住所   :東京都渋谷区神宮前4-12-10 ●TEL   :03-3408-4897 全て1点ものの「杢目金」による展示会です。 事前に私は2点ほど先生から見せていただきました。アートクレイの課題でゴールドを使った「コンビネーションリング」を御存知の方はそれを思い浮かべて見て下さい。 平打ちリングの上に小さな丸い枠が載っていて、その上に半球体のパーツが載っている作品なのですが、オール「杢目金」で作られています。 リングの内側も「杢目金」、半球体部分も「杢目金」Σ(゜□゜; 1個作るのに相当の手間がかかっているのは明らかなのですが、それが何十点もあるのだそうです。 関東近郊の方で、もし表参道か原宿に御越し頂ける方、是非立ち寄って御覧になってみて下さい。 きっとカルチャーショックを受ける事、必至です☆⌒(*^∇゜)v !
もう先週の土曜日になりますが、アートクレイ倶楽部から注文していたものが届きました。 今回の買い物で一番のメインはタイトルにある、この2点。 実はアクセサリーを収納する正式なボックスを私は持っていなく、全てチャック付のクリアパックの中に入れ、タッパーに入れて保存しています。 そろそろ正式なアイテムボックス欲しいなぁ、と思っていたところ、今回の限定教材の通知が来たので、簡単に乗ってしまいました。 ここのBilogではこの教材の事に触れている人もいないので、私が画像に載せちゃいます(^^ゞ まずはアイテムボックス。        反射してしまって見難くて申し訳ありません。 これ、作りが凄くしっかりしています。本格的なボックスです。人によってはちょっと小さいと感じるかもしれませんが、なかなか重宝な一品です。 そしてもう一つはアイテムバッグ。       これ2段になっていて、下段にはバングルやブレスレットなどが収納出来ます。鏡付きのバッグです。 私にリアルの場でお会いした事のある人は、私がタッパーを持ち歩いているのは御存知かと思いますけど、ある人から「作品持ち歩くのに、そういうところにオシャレしないなんて情けない」と言われてしまった事があり、それならいつかは欲しいと思っていた一品です。 私なんて、実用性を重視するから今まで、気にも留めていなかったのですが、「そうなのかな?」と密かに悩んではいました。 今回のキャンペーンでようやく手に入れたのでした。 でも、でも、これかさ張るんですよねぇ(ーー;)
お風呂に入れました。           これ、凧です♪今年になってから積極的に飛ばしているおもちゃです☆⌒(*^∇゜)v ! 手~持ち無沙汰~で撮っただけ♪ きゃきゃっきゃっ ( /^▽^)/*~●*~●*~●*~●*~●
私の通っている彫金教室は規定課題として16課題、自由課題(卒業課題?)として1課題、計17課題がカリキュラムされています。 これを2年以内に終了させる事が義務付けられているわけですが、今月11日、つまり明日で私はその2年間が終了する事になっています。 ところが後4課題残っている為、どう考えても明日中に全部終了するには物理的に不可能となりました。 実はこのルール、私が入学した時には無かったもので、何年かかろうがOK!と当時言われていました。 それが、生徒数がどんどん増え、長期間来なくなった人も多々いる為、それを防止する意味でこのようなルールが出来たわけで、後付けのルールだったのです。 とても2年で終わるはずが無いのです。毎週通ったとしても、大抵1個の課題に1~2ヶ月掛かる上に、社会人ですから毎週通えるとは限ら無いわけです。 仮に1ヶ月半掛かったとして、17課題なので約25ヶ月。つまり2年を超えてしまう計算になります。 箱もの、チェーン、杢目金、唐草彫り等の難易度の高い課題があるので、実際はもっと掛かるのですけど、そうなると尚更2年で終わるはずも無く。。。 まぁ、私の場合は例の「たんすピアノ」に7ヶ月掛かったのが最大の敗因ですがorz ということで、教室の留年が決定してしまいました。。。 超過金というペナルティを支払って2年更新なのだそうです。。。 これで以前、危惧していた事が事実となりました。 刻さん、最終学歴・・・彫金教室留年♪(*/∇\*)えへっ あ、顔文字間違えた。でもまぁ良いや! 課題だからとそつなく無難なデザインを選択していれば2年以内に終了できていたでしょうけど、それをしてしまうと私らしくないですしね。課題だから難易度のあるものにチャレンジすべきですし、そうすれば必ず自分に帰ってきますから。 教室の関係者には「これ、後付けのルールですよ♪」とは抗議の振りをしてみました。 でも他の生徒の手前、特別扱いにしてもらうわけにもいかず、ルールに基づき、超過金を支払い、2年間の更新という方向に話が進みました。 そういうわけで、今度の教室は来週の土曜日になるわけですが、その時に超過金を支払い、3年目に突入の運びになります。3年目の課題は厄介なものばかり・・・ちゃんと完成できるかドキドキします。
お待たせしました。本日、彫金課題「オーソブライトジュエリー」が完成しましたので、画像アップ致します♪      このリング、号数は18号、幅1.5センチ×厚さ2.2ミリのサイズになります。 結局最初に購入した赤いちりめんを使用したわけですけど。。。 問題は幅3ミリの溝にちりめんの柄が潰れてしまい、判らなくなるのではないか?という危惧がありましたが、それは心配ありませんでした。 上下の溝に埋め込んだ模様があたかも繋がっているかのように、演出して模様を組み合わせています。 ちりめんシールなので仮留めが出来るのですが、溝に埋めた布に皺が出来ないように、メノウヘラを用いて丹念に伸ばしています。 別の角度からの画像も撮りました。      赤を基調としたちりめんですが、部分部分に薄くピンクが入り、黄色と紫の花柄が入っています。そして画像では判りませんけれど、実は金糸が散りばめられたちりめんなのです。 1.2ミリの溝の中に布を入れていますが、オーソブライトという凝固剤をその上に山盛りにふりかけ、備え付けの液体状の薬品を垂らしていくと、10分で完全硬化します。 アートクレイの教材にも「UV樹脂」というゼリー状の道具があり、紫外線ライトとブラックライトを備えた「UVボックス」で硬化させるテクニックがありますが、硬化速度はオーソブライトの方が遥かに上だと思います。 問題は硬化後の磨り出しなのですが、これが非常に硬く、バローベのヤスリを以ってしても容易くはありませんでした。 ヤスリ掛けが嫌いな人にとっては辛い課題でしょうね。私は「何だ、ブラスワークリングと変わらないじゃん!」という感覚で磨り出したので、苦ではありませんでしたが☆⌒(*^∇゜)v ! 「何か可愛い色使いましたね♪(・・・らしくない・・・ぼそり)」という先生のコメント。 そうですよね、私らしくない可愛い柄ですよね。。。 って、失礼な!Σ(゜□゜; それは冗談でしょうけど、前回の縄目リング同様、頑張ったと思います。 最近のシルバーアクセサリーの世界では、異素材を組み合わせる事が流行っています。UV樹脂、ガラス、七宝、樹脂粘土等があります。これらはカラフルな素材ですが、それはシルバーアクセサリーだけでは色の表現が難しく、燻しのテクニックでも限界があることと、制作する側が飽きっぽくなってしまうこともあり、相田化学なんかは積極的に取り組んでいるようです。 ブラスワークなんかもそうですね♪ それは銀粘土の世界だけではなく、彫金にも当てはまる事であり、今から400年前から、杢目金のように銅を組み合わせていく技法もあることから明白です。 この「オーソブライトジュエリー」もシルバーアクセサリーの新しい表現方法ではないかな?と私は考えています。 ・・・等と、アクセサリーに携わる人間らしく、それらしい事を珍しく語ってみたり何かしてみたりする(^_^;) そして次の課題ですが・・・今までひたすら逃げ続けてきた課題に着手しようと思います。 長期戦必至の課題であるにも関わらず、いまだにデザインが一向に思いつかない非常に厄介な課題なのです。 それは・・・「チェーン」です。
今日の東京は天候に恵まれ、風にも恵まれ、快適な1日でした・・・でしたが。。。。 私、今日、地元の中野から出れませんでした。彫金教室にも行けなければ、カイトも飛ばせませんでしたorz 先月、健康診断で異常が発見されてしまい、明日、早朝から精密検査(大腸内視鏡検査)が予定されています。 その為、今日はお粥とスープと下剤以外はブラックコーヒーと烏龍茶しか口にしていません。 大腸内視鏡検査・・・お尻からカメラ入れて中を覗かれる、あの検査です。 今日の20時以降は下剤を内服し、冷蔵庫に水2リットルに溶かした下剤を冷やしています。 明日の朝6時半から8時半までの2時間で飲み干して、腸の中を洗浄する事が義務付けられていますが。。。 ・・・く、屈辱です(T_T) 幸い、検査を受診する病院は徒歩5分のところにある総合病院で朝9時半までに受付を済ませれば良いので近いのは救いですが、私、この検査、実は過去に1度受けて結構辛い事を体験済みです。 まぁ、大したことにはならないでしょう。。。念の為という事で検査してきます。 い、嫌だなぁ・・・という事で明日は会社をお休みする事になったのでしたorz
先日からお伝えしていた通り、課題「オーソブライト・ジュエリー」の制作を行いに、彫金教室に行ってきました。 ふふふ。。。更にカラフル♪        幅15ミリ×厚さ1ミリの18号リングの上に、幅3ミリ×厚さ1.2ミリのリング3本が載っています。 上のリングの間には約3ミリの溝が2本出来ていますが、ここに「ちりめん友禅」を入れようと思います。 ところが・・・ちりめんの柄が3ミリよりも大きい事が発覚。というか最初から知っていたのです。 真ん中のリングが無ければ模様がクッキリ出るのに・・・Σ(゜□゜; と教室で皆に言われました。確かにそうですが、そんな安直なもの作っても面白くないですよね。敢えてこのデザインのリングにしました。 他の素材も一応候補に入れようと、教室終了の19時過ぎに新宿の東急ハンズに立ち寄り、別の柄のちりめん友禅&遊び紙(和紙)を購入。 それでも、私はちりめんにするのでしょうね(^_^;) 研磨できる所は粗方済ませました。次回(来週土曜日)にいよいよ、この中のいずれかの素材をリングの溝に入れ、オーソブライトでコーティングしてこようと思います。 多分、次回には完成するかなぁ☆⌒(*^∇゜)v !
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。