上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は先週金曜日から今日まで、遅い夏休みでした。
でもその間行ったことといえば。。。

19日(金):雨の為、外出できず・・・自宅で悶々。
20日(土):10時~15時まで、葛西臨海公園でカイト。
21日(日):11時~19時まで、彫金教室で、杢目金の制作。
22日(月):雨の為、外出できず・・・自宅で悶々。
23日(火):10時~16時まで、葛西臨海公園でカイト。

・・・・・・

普段と変わらんじゃないかぁぁぁぁ!Σ(゜皿゜;


こんな筈ではなかった・・・彦根城に行って、「ひこにゃん」に会いに行こうとか、壮大な計画を6月頃に
考えていたのに。。。
気がついたら旅費すら無い事に気づいたのが今月初めorz
その直後で、彫金教室での最終課題が終了し、時間と材料が余っていたので、展示販売会の制作に
着手してしまい、更に台風の影響で『雨の夏季休暇』に突入し、5日間の夏季休暇で2日間も
『悶々』してしまいました。

その2日間は、実は展示会作品のデザインを考えていたのですが。。。

何か釈然としない夏季休暇があと数時間で終わっていきます。

・・・ま、まぁ良いかぁΣ(゜□゜;
スポンサーサイト
・・・な、何てタイトルΣ(゜□゜;

事の発端は昨日です。
彫金教室に11時前に到着。来月ん展示会用の作品を完成させようと
丹念に研磨作業をし、仕上げました。終了した時は13時半でした(途中30分食事休憩あり)

その時に完成したのは以下の画像です。

画像 340

右2点は前回紹介した指輪で、私の所有物になります。左2点は昨日完成したもの。
1週間の開きで、右2点と左2点との間でこれだけ色が異なります。
価格は1個あたり2万5千円を考えています。

この技法を教えて下さった先生・・・実は原宿にある杢目金専門店「杢目金屋」に
以前勤務されていたスタッフさんという事実が判明Σ(゜□゜;
どおりでハイレベルな杢目金を作る人だと思いました。
その先生から「2万5千円以下には値段をつけない方が良いです。手間もかかっているし、
通常のシルバーアクセサリーとは質が異なるのですから、展示会に出品する他の作品よりは
値段を高めに設定すべき。私がこの指輪を作って売るなら3万8千円くらい値段をつけても
決して高くはないですよ♪」
と言われたのでした。

で、時間があまってしまい、残りの地金で10号くらいの杢目金リングを作ろうとしたら、
内側に作る為のSilver950の地金(サイズ:幅1センチ×厚さ1ミリ×長さ6センチ)が在庫切れorz

このまま帰宅するのも勿体ないので、新たな杢目金を作ろうと純銀10枚、純銅11枚をカットし、
交互に重ね、ガスバーナーで熱しました。
いい感じで「とも付け」が出来たのですが、熱が冷める前にすぐ動かす、という失態を演じてしまいました。

画像 338

とも付けした地金が分離し、ずれてしまいました。まるでベーコンのようなオブジェが出来上がり、
使い道のない謎の物体が生まれてしまいましたΣ(゜皿゜;
この地金の失敗で3,600円が無駄になりましたが、気を取り直して別の板で地金を作ることに。。。

画像 339

見辛いですかねぇ。。。幅1.4センチ×19.7センチほどある地金ですが、ボール盤(機械仕掛けの
ドリル)で無数の穴を開けています(貫通はしていません)
穴を開けた後でローラーで伸ばすと年輪みたいな模様が出来上がるのですが、今回初の試みの為、
試行錯誤でやってみたら、少々控えめな模様になりました。

・・・っていうか「水疱瘡」みたいです。。。もっともっと密着してのドリル穴開けをしないとダメみたい。
これはこれで趣があるので、ちょっと幅広のリングが作れそうです。
幅1.4センチあるものの、この手のタイプは両側それぞれ3ミリは使えない地金になる、との先生の話なので、
1センチ弱の幅のリングになります。
更に長さも両端1センチずつは使い物にならないので、17センチくらいが使える部分です。
2個は余裕で作れますね。3個は無理かなぁ。

これも間に合えば展示会に出品予定。全部で6個出すつもりです。
昨日、杢目金リングが完成しました。
小指サイズの方は11号。人差し指サイズの方がリングが伸びて、何と23号Σ(゜□゜;

杢目金2


・・・でも良いんです、多少大きくても結構フィットして意外と外れません。
というか締め付け感が無く、幅が4ミリしかないので適度に軽いので装着感は最高です(*^。^*)

左側の小指サイズのリングの方が濃く映っているのは、1週間前に完成し、しばらく装着して
会社に通っていた為で、外気により銅部分が酸化しているからです。
少なくとも、このくらいの濃さにならないと模様は奇麗には肉眼では捕えられません。
それにしても画像でしっかり木目が写って良かった~♪

以前作った杢目金と模様が違うのは、地金を捻ってからローラーで伸ばしている為です。
この手法なら、斜めにマーブル模様になった細いリングが出来ます。

この自由課題を完成させ、一応昨日で彫金コースを卒業しました☆⌒(*^∇゜)v !

実は地金がまだ余っているので、あと4個サイズ違いの杢目金を作る予定で、昨日はこの右側の
人差し指サイズの外、2つのリングを同時制作していました。そのうち1つ(私の中指サイズ)は
ほぼ完成しているのですが、表面に傷が結構あるので、研磨し直さなくてはなりません。

その4点は、来月17~19日の3日間、教室の展示販売会に出品する為の作品制作ですが、
かなり今、「テンパッテ」作品制作しています。。。


気に入りましたらここをポチっと♪
       ↓
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
昨日の事ですが、TV東京の「テレビチャンピオン2」にて、「ゆるキャラ王選手権」が放送されました。
普段はそんなにテレビを見ることのない私は、この日ばかりはテレビにかじりついてやろうと、
定時(17時半)になった直後、逃げるように日本橋駅の真上にある某銀行のシステム会社を出て、
18時半には帰宅していました。

もっとも放送は19時55分頃からだったのですけどね(*^。^*)

お目当ては、滋賀県代表の初出場の「ひこにゃん」♪
YouTubuでは飽きるまで画像を見続けるほどの「ひこにゃん」ファンの私は、とにかくこの日だけは
リアルに見たいと思いました。

・・・だってビデオ持っていないんですもんorz

ひこにゃんとは?・・・この子です
          ↓
ひこにゃん

赤い兜を被った黄色い鈴に緑のスカーフの猫の気ぐるみ。。。これが「ひこにゃん」です。

ゆるキャラの世界では今年一番の注目株です。ゆるキャラのくせに、正座は出来る、
ブートキャンプは出来る。
日舞が舞えるし、太極拳もこなす油断のならないキャラです。

選手権の結果はあまり大したものではなかったけど、1時間釘づけになり、
ひたすら「まったり」してしまいました。
この番組、他の週では結構ハードなバトルを繰り広げているのに、この「ゆるキャラ王選手権」
だけは別物で、始終、顔の筋肉は緩みっぱなし♪
あまりのゆるさに腰が抜けました。

・・・いつか彦根城に行ってみようかなぁ☆⌒(*^∇゜)v !
「この作り方だと、あまり幅の広いリングは出来ませんよ♪」

既定課題は前回の「スネイクリング」で一通り終了し、彫金コースの卒業制作として特別に1作品作ることが許されている「自由制作」に突入しました。
チェーンブレスレット、唐草彫りリング、オーソブライトジュエリー、彫り留め・・・悔やんでいる作品はいくらでもありますが、今回どうしても作りたい作品がありました。
ラストはやっぱり、これで締めくくりたい!

・・・それが「杢目金(もくめがね)」でした。

ただし、前回とは全く異なる工程での制作方法を・・・それが今回、自分に課したテーマです。

教室ではこの「杢目金」、オーソドックスな制作方法として、タガネでランダムに彫って作るやり方がテキストで紹介されていますが、最近やたら、この課題でハンドドリルで穴を開けての制作が目立ちます。
その制作方法だと、「渦巻き模様」の木目が出来るのですが、実は「杢目金」制作方法では一番安易な作り方なんです。
悪い言い方をすると、「一番手を抜ける」、そして「確実に木目を作り出せる」方法なのです。

私はその方法はまだやっていないのですが、今回は別の手法で作ろうと思いました。

画像 336

次回で完成予定なので、その時に詳細をお伝えしたいと思いますが、上記の画像は幅4ミリ×厚さ2ミリ×長さ40センチ、という非常に極細の地金です。
元々は、幅2.5センチ×厚さ0.5ミリ×長さ1センチの純銀の板を10枚、そして同サイズの銅板を11枚用意し、それを交互に重ね、片面だけを純銀が完全に溶けるまでガスバーナーで熱して、「とも付け」を行いました。
それをハンマーでガシガシ叩き、側面が6ミリ×6ミリの正方形状の細長い角柱を作ります。
そして、一旦この地金を真っ赤に熱し、熱が冷めない内に万力に挟み、ヤットコで1/4だけ捻ります。そしてまた熱し、また捻る・・・この作業を繰り返し、コイル状にしたのち、ローラーで伸ばします。

・・・すると、こういう螺旋状の木目の地金が出来ます。

この後の予定としては、三連リング用の幅3ミリの地金で土台のリングを作り、その上にこの木目の地金でリングを作って、組み合わせるつもりです。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。