上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中では「シルバーウィーク」などという、国が本来の祝日を連休にする制度にて
勝手に決められてしまった「GW以来の大型連休」が終了して、
平素の日常に戻るのに結構苦労されている方々も少なくないのではないでしょうか?

・・・そんな中、私は来週の月・火曜日と遅めの「夏季休暇」取得が決定し、
更に社会復帰の道が断たれ始めていますorz

さて、シルバーウィーク期間、何も作品制作をしていなかったわけではなく、
まだ完成していませんが、こんなものを作っていました。。。

画像 370


「三連リング」は各々のリングが全て通るように作ります。数学でいう「積集合」のような
組み合わせを行って作るものなのですが、
その応用で5個のリングを繋げたのが画像の「五連リング」です。
まだ、ロウ付け跡が黒ずんで残っており、酸洗いを行わなくてはならず、
完成には程遠いのですが、一応こんなものを作った、というご報告です。

三連リング専用の芯金棒(縦に1か所のみ3ミリ幅の溝が彫られている棒)が
教室にはあり、リング1個繋げる毎に、真円になったリングをこの溝に押し当て
他のリングを木槌で叩いて真円にするのですが、リング4本までが限界で、
5本目になると真円にするのが物凄く面倒でした。

個々のリングは中指でも余裕で入るサイズだったのですが、
これだけ繋げると、実は小指にも入らないほどのサイズでしかないんです。

完全な計算ミスorz。。。

元々はブレスレットを作るつもりだったのですが、地金代が半端でなかったので、
なくなく断念。
それで代わりに三連リングの応用で「五連リング」を作ったわけですが。。。

難しいですね。この手のリングは(~_~;)
近いうちにこれは完成させるつもりです。

今回作ってみて、三連が一番バランス良い数である事に今更ながら気付きました。
五連はやり過ぎですね。。。

バカだなぁ、と思った方は以下をポチっと(T_T)
         ↓
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
スポンサーサイト
あ、いえ、語弊がありますね(~_~;)

先週は平日全て23時まで残業で、土曜日はダウンし、
6日(日)は朝7時に外出し、客先の鍵を本社に預けているので
一番最初の時間にに休日出勤する私が鍵当番として、
本社に寄ってから客先に→そのまま19時まで勤務。
月曜日は腹痛と発熱でボロボロの状態でしたが客先の鍵を
自宅に持ち帰っていたので、休むわけにもいかず出社orz

さすがに「もう体がもちません。火曜日は代休を取ります!Σ(T皿T;」
と強気で直訴して休んでしまいました。

で、午前中はぐったりしていたわけですが、1日何もしないのはもったいなかったので
葛西臨海公園へGO!
東京駅からいつもように武蔵野線に乗ったわけですが、
平日なので「葛西臨海公園駅」に停車しない事をすっかり忘れていて、
隣駅の「舞浜」まで行ってしまいました。
平日なのに結構、東京ディズニーランドに行く人、多いのですねorz

各駅停車で東京駅方面に乗り換え、隣駅の葛西臨海公園に到着。

・・・だ~れもいないΣ(゜□゜;

15時までカイトを飛ばし、地元のドトールで一休憩☆⌒(*^∇゜)v !

で、何気にボーッと店内の椅子に見入ってしまい、
「彫金で椅子作ってみようかしら?」
などと大胆不敵な妄想を抱いてしまいました。

私、よく喫茶店で作品のデザインを考えつきます。
皆さんはどうですか?


幅1.5センチ×厚さ2.5ミリの透かし彫りのリングが完成しました。

ここ最近画像で紹介している例の「シルクハット」、またはハムスターの「回し車」みたいな
パーツの最終形です。

画像 369

これだけだと何の変哲もない指輪にしか見えないので、もう一つ別の角度からの画像を載せます。

画像 368

う、う~ん、ますますハムスターの「回し車」っぽく見える(~_~;)

しかも一昔前の「回し車」に。。。
最近の回し車って穴があいているタイプではなく、プラスチック製で無数の突起がついたタイプが
主流みたいですね。

それはともかく、この指輪、タイトルにもありますように「箱もの」になっています。
つまり外側のリングとサイズの一回り小さい内側のリングがあって、
両側面に厚さ1ミリの地金を挟んでロウ付けしています。
2枚目の画像でほんのりと判るかと思いますが、
リング間は約1ミリの空間を保っています。
箱ものは多分、これよりも隙間を狭める事が制作上無理みたいで
リングの外側、内側を結構磨り出していて2.5ミリ厚さまでに薄めています。

①外側のリングの透かし模様と内側のリングの透かし模様の形を完全一致させたい。
②過去に作った「箱もの」のロウ付けはガタガタなのでロウ付け箇所が全く分からない作品を作りたい。

これが、この作品の制作の上での動機だったのですが、とにかく大変でした。
本職の方で休日出勤は強制させられるし、デザインの段階で思うようにも進まない。
同時期に「展示販売会」に参加するように強要され、本作のピアス版をデザインしようとして
サイズ状の問題で不可能となり、ノイローゼになりかけてしまい、
教室を退学寸前に精神的に追い込まれました。

何せ制作に2か月かかって1作品を制作する、というのが私のスタイルなので
相当の準備期間が無い限り、展示会には参加出来ません。

この作品自体、最近の教室の傾向として、まず彫金で制作しないようです。
CADでデザインを取り込み、コンピュータと連動しているCADマシーンで
ワックスを削り出して作るのが基本パターンらしいです。

・・・ですが、こういった箱ものとなると、やはり彫金で作るしかないのかもしれません。

11月末まで本職の方は予断を許さない状況なのと、10月中旬のカイトの大会に参加予定の為、
休日はカイト三昧か休日出勤に追われるので、またしばらくは作品制作はお休みします。
次に制作するとしたら「ブレスレット」でしょうか?

この作品に共感頂けましたら、以下をポチっと。
     ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。