上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと完成しました・・・バンブーリング☆⌒(*^∇゜)v !

画像 387

リングの厚さは3~4ミリ。幅も3~4ミリ。
元は4ミリ角棒のリングをヤスリで磨り出しただけのリングです。
「磨り出しリング」は彫金を行う際の「1日体験」でよく行われる基本中の基本の技法ですが、
これがなかなか侮れない。

また今までは凹凸感の極力発生しないようにツルツルに仕上げるのが当然、という制作態度
だったのですが、この作品に関してのみ、それを行うわけにはいきません。
どこまでリアルに「竹」を表現するか・・・綺麗に磨り出すとワザとらしく見えてしまうので、
いい加減なところで切り上げる、という本来の私の仕上げ方と真逆の制作方法を強いられました。

本当なら、こういうフォルムは銀粘土かワックスで制作するのでしょうが、
敢えて彫金で制作しました。。。

実は先月末で教室の彫金のコースを卒業してしまい、この作品だけは中途半端なままに
終わらせたくなかったので、「この作品だけは最後まで仕上げる」事を教室のスタッフと
約束し、次のステップに進む為、「ジュエリーCADクラス」に移る事になりました。

ジュエリーCAD・・・PC上で「ライノセラス」というデザインソフトを使用して
アクセサリーのモデリングを行い、PCに直接接続されている、ワックスの切削機械で
ロウ材を削り出す、というものです。それをキャストに出し、地金として戻ってきたものを
仕上げる。そんなコースに進むことになりました。

まだキャストから帰ってきてはいないのですが、リング2個、ペンダント1個を既に
制作済み。
PC上でのモデリングと、実際の地金との間のギャップがどれほどあるのかは想像
つかないのですが、今後は銀粘土や彫金では表現できない「正確無比で緻密」な作品制作を
学んでいく事になります。

・・・およそ私らしくない作品を今後は紹介していくことになるかと思いますので、御期待下さい。


この記事が面白いとお感じになりましたら、こちらをクリック。
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。