スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田丸のラーメン。。。

職場のある目黒はラーメン激戦区です。 そんな環境なのに食べずに帰宅するのも何だ、と思い、ここ数日、不本意に(!)帰宅時間が遅いので 仕事帰りにお店に寄ってみました。 目黒通りの権之助坂の途中にある「田丸」というラーメン屋があるんですが、ここ50年以上続く、目黒最古のラーメン屋だそうです。 ベースは醤油で、ワンタンとチャーシューの組み合わせのみ。メニューも6品目くらいしかなく、餃子とかご飯ものすらありません。 店長もマスクをした人が調理しているのですけど、思わず「え?保健所?」というような感じ。凄く怪しいです。 でも一番怪しいのは、ラーメンの器。      通常のどんぶりの形していなく、食堂でみかける「カレー皿」に近い形状Σ(゜□゜; これにこぼれる寸前までスープが入り、具が山盛りになります。 目黒は基本的に辛いラーメンをメインで出しているお店が多いのですけど、ここはサッパリ系です。 L字カウンターで10人くらいしか入れませんけど、もし興味がある方は入ってみては如何でしょう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★sayaさん★
肉体的に、というよりも精神的に疲れる仕事です。特に昨日は客先のリーダーに対し私が一方的にキレました。。。
愚痴になってしまいますが。。。
コンピューター関連の開発業務の仕事をしています。10月から新たに3名チームに増員してくる事になっていまして、増員したら即プログラミング開始という強行スケジュールが控えているのです。
今月はその為のシステム設計の段階で、私が上流工程を一切任されているのですが、要件定義が未だにクリアされていません。決定後に行うはずの外部設計とプログラム設計が平行作業になっていて、そちらがほぼ終了しているという状況です。
で、何が問題かというと・・・要件定義の内部レビューでゴタゴタしていてWordで作成→印刷→提出→精査→差し戻しの作業が1日に「十数回」も発生しています。しかもその戻りの際に指摘される内容が二転三転。。。
更には文章で「『~が』という助詞を『~は』にして下さい。」という不毛な修正が入り、
「それを元に戻し、やっぱりそれを戻してください、でもどっちがよいかなぁ。どっちが良いと思います?」
というやり取りが数週間続いています。
最初は温厚に対応していた私ですが、修正箇所をまとめて確定した上で戻されるのではなく、小出しにされるのと、言動が5分毎に変わるリーダーの態度に我慢出来ず、
「どっちでも同じだろう!言葉尻の問題だし、読む側の言葉の言い回しで如何様にも取れる問題だから、修正の意味は全くない!そんな下らない事、私は修正するつもり一切ない!」
と真っ向から相手に怒鳴りつけたんです。
私にとって、シルバーってある意味ストレス解消なんですよ(^_^;)
さて前置き長くなりましたが、このラーメン器。不思議でしょう?私も噂には聞いていたのですが、はじめて見ました。
正直な乾燥ですが、このお皿では食べ難いですorz
昨日は上記のような一悶着があり、イライラしながら会社から最寄の駅まで20分ある距離の中、徒歩で帰宅途中に前から目をつけていたこの「田丸」に入ってしまったのでした。。。
ただ、お店は戦後直後に開店した店で、当時はこういう皿が当たり前だったらしく、変に高級感ぶったりして敷居が高くなるような店、とか、「ラーメンの鬼」の佐野実みたいな、食べる側にプレッシャーを与える店ではなく、庶民的な利用しやすい、そしてどこか懐かしい店にしたい、という理由でこの器をいまだに使用しているのだそうです。
味はとてもサッパリとしていて麺はツルっとした縮れ麺です♪

乾燥でなく感想でした ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

連日残業ですか? 大変ですね、本当におつかれさまです~
それにしても、ラーメン☆  私、大の麺好きなので思わず画像に釘付けになりました。
それにしても、器・・・(^▽^;)  こういうのん、私好きかも(笑)

おいしそう~(*^_^*)
入れ物も変わってますね。
刻さんは勤務先もご自宅もラーメン激戦区なのですよね。
あ~私も久しぶりに中野に出陣してみようかなぁ~。

★shionさん★
中野にいらっしゃいますか?(*^_^*)
でしたら私一押しのお店を紹介します。
地元・沼袋駅もしくは中野駅からそれぞれ徒歩10分程かかるお店ですが、
「麺彩房」というラーメン屋があります。
http://www.nakanoku-town.com/do/001/004/
多分、中野区で今一番美味しいラーメン屋です☆⌒(*^∇゜)v !

昨日このページに影響されたせいなのかどうか・・・ 午後から大阪市内に出かけた際にやたらとラーメン屋さんに目が行きました( ̄▽ ̄;)
あまり私は詳しくありませんが味噌ラーメンを食べてきました(美味☆)
いいですね、ラーメン激戦区(羨望~)
ところで、私も少し愚痴になってしまうのですが、半月ほど前にキレちゃいました(^^;)
業務を円滑に行う予定の新システムの導入でした。 各個人毎にPCが貸与されていて、必要なソフトもインストールされたのにも係わらず、うちの事務所の元トップは「もうすぐ定年やのに、そんなん覚えるのめんどくさい」と言って、データを新システムに打ち込むどころかExcelでつくったデータを紙に出力して締め切り当日に持ってくるんですよ~(ギリギリ間に合ったけどっ(T_T) )
これって、システム以前の話ですね・・・ごめんなさいm(_ _;)m

★sayaさん★
東京は色々なラーメンがありますけど、東京独自のラーメンって何?と訊かれると、普通は醤油ベースになります。
大阪だとどんなラーメンが一般的なのでしょう?
関西系だとラーメンも薄味が多いのでしょうか?
職場も自宅も彫金教室もラーメンの激戦区です♪

残業お疲れ様です!
なんだか不思議な器・・・。
一見ラーメンっぽくないけど すごい美味しそう♪
近くにいっぱい美味しいラーメン屋さんがあっていいですね(^∇^)

★bocoさん★
不思議でしょう?戦後すぐに開店した店なのだそうですが、当時はこういう器が一般的だったらしく、その名残みたいです。
このチャーシューの下にはこのお店オリジナルの「煮キャベツ」がどーんと載っています。
ここは醤油専門のラーメン屋で、サッパリ味が大好きな人はお勧めです。
醤油ラーメン好きな人には、ここ以外には「かづ屋」というラーメン屋が山手通り沿いに、そして入った事はありませんが「勝丸」というお店が美味しいそうです。
この3店いずれも行列が出来ます(^_^)v

ぎゃはははははっ_(≧∇≦)ノ彡☆バンバン!
な、なんですか、、、この、どんぶり(驚)
すみません、いきなり笑ってしまって。
だって、この器、、、o(><*)o o(*><)oチガウ ありえなぁーい!
ラーメンて感じがしないですぅ(^^;;;
ワタクシ、ラーメン大好きです。
目黒は、、、先日、ラーメンではないですが、蒙古タン麺中本に行ったら、、、
営業時間が終ってました。。。orz ちゅどーん!
Myホームタウン・蒲田も、ラーメンと餃子が激戦区です(^^;

★まだむきてぃ☆かおり さん★
どんぶり、変ですよね(^_^;)本当にありえない。。。
私も色々噂は聞いていて前から気になっていた店でした。この店の周りのラーメン屋はほぼ全部入った事ありますが、ここだけ何故か入ったことなく、いつかは・・・とは思っていたのです。
味は美味しいですよ。でも器もさるながら、店員全員がマスクしています。これが本当に怪しいのです。
蒙古タン麺中本?Σ(゜□゜;
私は行ったことありませんが勤務先ではよく聞く店名です。マーボーラーメン系の激辛店ですね。確か早い時間に行かないとダメみたいですよ、あそこ。
「北極」だか「南極」だか知りませんけど、そういうメニューのラーメンがあり、それが店一番の激辛だとか。。。
あとあそこらへんで激辛店と言えば、陳麻家と蒼龍唐玉堂があります。
そういえば鎌田も激戦区でしたよね♪私は行った事はありませんが(^_^;)

あぁ、行ってみたいかも。。。
その、店員さん全員がマスクをしているところを、拝みたい!(え?)
そうそう、、、
マーボーラーメンです。>中本
結局、新宿で食べてはみましたが、『どこが美味しいの?』的味でした。
北極は、さすがに最初からはマズいよなぁ、、、とオーソドックスなものを頼みましたが、多分、もぉ、当分、行きません。
それよりも、このアヤシいどんぶりのお店に行ってみたいです(^^)
蒲田は、最近、ちょっと下火になってます。>ラーメン
お店は多いのですけどねぇ(^^;;;

★まだむきてぃ☆かおり さん★
中本は「辛い」というよりも「熱い」といった方が表現として正しいみたいですね。職場の私の席の向かいに、中本に常連の人で、しかも住んでいる所が西小山という恵まれた立地に住んでいる人がいます。
その人がリークしてくれましたが、前述の内容&空いている席への客の誘導の悪さなので、店の回転率が凄く悪く、それで行列が出来てしまうらしい・・・です。
さて、優良店(笑)の田丸ですが、ここ、メニュー全てにこの怪しいどんぶりが使われているわけではありません。
ワンタンメンとチャーシューメンに使用されています。
場所はここです
   ↓
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g546800n.htm
メニューがとにかく少ない。ラーメン、ワンタン、大盛りラーメン、ワンタンメン、チャーシューメン、ワンタンチャーシューメンの6品目だけです。
でもこれだけで60年前後も続けていける、しかも激戦区の目黒で、という事実は凄いです。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。