スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヘン品種改良作戦

・・・えらく物騒なタイトルです(^_^;) といっても本物の「アヘン(麻薬の一種)」のことではなく、今年の6月に購入し、ここ最近飛ばしている例の「タマネギ模様のカイト」の事なのです。 カイトの名は「Opium(オピウム)」。日本語に直すと「アヘン」。どうやら、このカイトを飛ばすと「麻薬漬け」になる、という意味合いから名付けられたものらしいです。 昨日風速11メートルの爆風の中で、ガンガン飛ばしていたのですが、爆風になると少々コントロールが厳しいのが発覚。 その為、カイトの頭(ノーズといいます)に錘を付けようと考えました。 これ、直径8ミリと9ミリの真鍮管を5センチ切り出し、計10グラムにしています。                 ↓        帯鋸で1メートルの真鍮管を左足で踏み、固定させて切断する・・・これを午前中に2回行っていたのですが、まぁとにかく暑い。寝汗をかいたので、8時過ぎにシャワーを浴びて、この作業を9次頃に行っていたのですが、もう汗まみれです。 つくづく真鍮に縁がある人間ですね、私って(ーー;)     で、これをこんな具合にカイトの裏のカーボン製の棒(この棒を「センターロッド」と言います)を中に通すのですが、、通したら錘の内径とロッドの直径が合っていなくて、カイトを立てるとすべるんです。 こんな具合に。     あ、カイトの横に「箱もの」の引き出しの入ったタッパーも映っちゃった(^_^;) 結局、作戦は失敗。もう少し細いサイズの真鍮管を東急ハンズで購入する必要がありそうです。。。 事前にノギスで測ったのにorz こんな事を午前中に行っていました。このカイト(爆風用)で来月の競技会に出場するのかはまだ不明です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ととと刻さん~っっっ??!!
と思ったらカイトでしたか~(ほっ^^)
↓また焼けちゃったのですか?だめですよ~、男性とは言え、お肌大事にしないと。。。アセロラでもレモンでも、なにかビタミンとって、少しお肌なだめてあげて下さいね~^^ 子にゃんこたちにもビビられるかも~?

★Mihoさん★
少し引きましたぁ?(^_^;)
タイトルだけ見ると、自宅でアヘンを違法栽培している、と勘違いされても仕方ないかも。。。
最近のカイトって妙な名前のものが結構多いんですよ~
●アヘン
●未亡人製造機
●マヤ女王様
●滅菌消毒剤
等々(^_^;)
デザインだと私の持つOpiumなんてチャンピオンクラスです。「タマネギ」か「桃」や、怪しい植物の球根に見えます。
あと、カーニバルで顔半分にかぶる「仮面」に模したデザインのカイトも持ってますし。。。
葛西に行くと、いつも1リットルの水を補給するようにはしています。
今日玄関前で、このタマネギカイトのオレンジバージョンを広げて、真鍮管を帯鋸でギコギコ切断していたら、「物怖じしないお嬢さま」がサァーっと私の左手50センチほど横を通り過ぎ、不思議そうに見つめていました。。。
そういえば子にゃんこたち、どこへ行ったのでしょう。。。ここ数日全然見かけません(?_?)

とうとう…栽培始めたのかと!思っちゃいましたよ~
びっくりさせないでください~(笑)
ブラウニーでアヘンだなんて。。。。
そうそう、(=^・^=)ちゃん達のお姿が見られないとの事…
どうしちゃったのでしょう?
拾われちゃったのかしら?それとも本来の飼い主さんの所でしょうか…
いると騒がしくて「ウザっ」と思っても、いなくなっちゃうと何となく
気になりませんか?

★mika*さん★
完全に銀細工師でなく、海の男と化している(?)ブラウニ~刻でございます。
・・・客先ではフロア内で朝礼が行われているのですが、その際、向かいの島に座っている、ちょっと「安藤美姫」似の女の子が私の皮膚の色見て、目を丸くしていました。。。
子猫が生まれた直後、自宅の裏に雑草が生い茂っていた為、除草剤を撒いたのですが、まさかまさか、その草を子猫たちが食べて全滅した、なんてことは無いですよねΣ(゜□゜;

手慣れた改造ですね(^_^)b  頑張って上位入賞狙ってください\(^O^)/

★まだむきてぃ☆かおり さん★
やっぱりタイトル変ですよねぇ(^_^;)
しかし、よく「オピウム」なんて怪しい名前をメーカーは付けたものだと感心しています。
最近の葛西臨海公園の「西なぎさ」はとにかくカイトの数が半端でなく飛んでいます。
この間の日曜日は、私のカイトもそうですけど、物凄い爆音を出すカイトばかりが勢ぞろいして、葛西はある意味、「え?暴走族の集会?」みたいな状況に錯覚するところでした(^_^;)
上枝先生・・・面識は全くありませんが、密かに憧れている先生です。
よく図書館で上枝先生の本を閲覧しています。
ブラスワークの話題。う~ん、どのタイミングで出たんでしょうね?まさかコンテスト2006の時に、ブラスワークだけで4アイテム作った人間がいる?って話になったとかΣ(゜□゜;

こんばんは☆
ブラスワークの話題はですねぇ、、、
上枝先生が、デモで銅管を使った作品を作る過程を見せてくださり、
その時に、銅管を、受講者の一人が『真鍮管』と言ったのですね。
で、真鍮じゃなくて銅だよー という話から、
真鍮っていえば、ブラスワークがあったよねー となり、
『ブラスワークって、大変よねー』とか
『真鍮線と銀粘土の間に隙間が出来ちゃって面倒!』とか(^^;
まぁ、そんな話題になったのでした(^^;;; ははははっ

タイトルに釣られました(w
アヘン品種改良~?
えぇ、栽培!?
とか、やましいことを考えたことを懺悔致しますorz
風に吹かれて、カイトを飛ばす。。。
浪漫ですっ!
葛西臨海公園、、、しばらく行ってないなぁ(^^;
真鍮と縁があるのですねぇ(^^)
そういえば、昨日の上枝先生のセミナーで、ブラスワークの話題が出て、思わず刻さんを思い浮かべてしまいました(^^;
カイト改造、頑張ってくださいね(^^)

★toruさん★
この改造はですね、日曜日に飛ばしに出掛けるフィールドで無料で教えて下さる人から
「このカイトはこうした方が動きに癖がなくなって、飛ばしやすくなるよ~♪」と
アドバイスを受けて、自分なりにアレンジしたものなのです。
私の出場する種目は定員10名で競います。結果は考えず、悔いの無い様、そして楽しく参加するつもりです。
・・・でも規定図形、練習してみると結構難しいです。とりあえずはブービー賞から(^_^;)

★まだむきてぃ☆かおり さん★
真鍮は融点が低いので、高温で焼成すると表面が錆びるんです。
その為、錆びた部分が剥がれ落ち、その結果、銀と真鍮との間に隙間が生じてしまうんです。
その点、銅は融点が高いので、銀との組み合わせは相性良いですよ。
問題はすぐ酸化してしまい、赤銅は手入れを怠ると真っ黒になってしまう事です。。。

こんばんは☆
をぉ、勉強になりまするー。
メモ、メモ。。。
で、そんな『大変よねー』と言われているブラスワークの達人なんだなぁ、、、
と、刻さんを思い浮かべたのでした(^^)

★まだむきてぃ☆かおり さん★
達人だなんて(///∇//)テレテレ
でも彫金の課題に、リング状にした地金を棒ヤスリでひたすら削りこんでいく「磨り出しリング」があり、「ブラスワーク」と労力はそう変わらないんですよ~。
真鍮が外れる、という点がないだけ、まだ彫金の方が楽かもしれませんけどね。
今日、このカイトで、中風タイプのカイトの方を飛ばしてみました。水色のタマネギにも同じように錘を付けたのですけど、感触は凄く良かったです♪
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。