スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き出し部分の制作?の補足

え~、shionさんより「取っ手の部分の作り方がよく解らない」との指摘がありましたので、 図解してみようとビットマップで断面図を作ってみました(^_^)v ?2枚の地金を重ねて下地を作り合わせた面に5分ロウを一杯に敷き詰めて強めの炎で熱する。 ?上部分の地金の溝に、図のように「コの字」状に曲げた地金をはめ込む。 ?まず溝の外側に5分ロウを置き、ロウ付けする。 ?溝の中の地金の合わせ目に5分ロウを置き、ロウ付けする。 ?側面に5分ロウを置き、ロウ付けする。 このように行って、取っ手部分を作りました。 どうでしょう?御理解頂けましたでしょうか?(^_^;)       
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふむふむ~。両3カ所もロウ付けするのですね~。
で、箱ものの課題ってジュエリーとは違うものを作るのですか?それとも刻さんならでは、かしら~??? 刻さんならともかく、普通の生徒さんにはかなりむづかすぃ~ですよねぇ、これって(⌒▽⌒;)σ

★Mihoさん★
「箱もの」の課題ですが、アイテムとしては、天然石、合成石を収納する為の「小物入れ」を考えています。
引き出し部分3箇所の中に石を収納します。「引き出し」といえば箪笥、と相場が決まっていますが、それだけに留まらず、少しデザインを工夫します。
つまり箪笥以外のモチーフで、箪笥を表現したく考えています。
今、それを明かすよりは製作途中で徐々に明かした方が面白いでしょうから、ナイショにしておきます
(*≧m≦*)ププッ
    ↑
・・・yuka.pさんみたいですね♪

刻さん、わざわざありがとうございます。
そうか~こんなにロウ付けするんですね。
何か一か所付ければいいような感じもしていましたが、
これだけの工程があって作品が完成していくわけですね。
やはり、この間のコンテストの展示会にはこういう説明をしてくださる方が、いてくれれば良かったかなぁ~なんて思います。
お教室で先生に「あれは?これは?」って聞きましたし。
出来上がりが楽しみですね。
またわからないことがあったら聞いても良いですか?
でも、ここまでお手を煩わせるのは申し訳ないですね。
ありがとうございましたm(__)m

★shionさん★
彫金の基本は地金の合わせ目を極力見えなくする事、ですので、1箇所では全然甘いのです。
強度面でも弱いですし、反対側や側面をしっかりとロウ付けする作業は実はとても重要なのです。
コンテストについてですが、人によって技法をひた隠しする人もいます。理由は様々で、技術を商品化している人(特許や著作権)、自分が苦労して会得したテクニックを見ず知らずの人に教えたくないと考える人、等が多いのも事実です。
私に関してですが、極力、技法は全部公開するつもりでいます。無料で教えて技法が知られるのを恐れるなんて、所詮そこまでのテクニックなのだ、と私は思っていますし、私など人に教えてぐらつく実経験(技術はまだまだですけど)はしていませんので、率先して説明をしたいくらいです(^_^)v
質問、いつでもどんな事でも、私の答えられる範囲でしたら、喜んで伺いますよ~♪
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。