スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワードは「引き出し」!

散々な結果ですっかり打ちのめされた「とんぼ玉」の日曜日でしたが、ではガラスの前の数時間は何をやっていたかというと、彫金の次の課題に突入していました。 本格的な「箱もの」の課題。その為のデザインを描きつつ、地金の切り出しに着手。 今回は、タイトルにも書きましたが、「引き出し」を制作します。つまり彫金でミニチェアの「箪笥」を制作するわけです。 といっても、私の事ですから、素直な作品を作るはずも無く、相当手の込んだ作品を作ります。     まずは、厚さ1ミリ、幅1センチ、長さ6.3センチの地金を4枚。そして厚さ1ミリ、幅1.5センチ、長さ6.3センチの地金を2枚切り出しました。これを各2枚組み合わせ、引き出しの枠を3つ作ります。 上段と中段は1センチの幅の引き出しを、そして下段には幅1.5センチの引き出しを、つまり計3段の引き出しを作る予定です。 今回のネタ晴らしはここまで。今週末の土曜日に続きを作りに行ってきます。 半年以上かけて、皆さんがアッと驚く大作を作る計画でいます♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

引き出し・・・箪笥?いや~楽しみですねぇ!
私は普通のアクセサリー類しか作ったことないから
これからの工程をすごく楽しみにしてます!
勉強させてもらいますね!

どんな箪笥に成るのでしょうか?
楽しみです(^^)
引き出しから作り始めるのですねφ(.. )
↓トンボ玉 上手に出来ていましたよ~(^_^;

なんだか緻密な計算が要求されるようなデザインですね。
数字に弱いあたしには多分ムリでしょう (><)
ぢゃぶ屋潰れちゃったんですねぇ。
かなりトンコツくさかったけど、個人的には好きな方でした・・・。
強烈なトンコツラーメン大好きなんで♪
機会があったら教えていただいたもうひとつのラーメン屋にも行ってみようと思います!

★七緒さん★
私は基本的に彫金ではよほどの事が無い限り、リングしか作らないことにしています。理由は最も基本的なアイテムであるリングが一番彫金では難しい、という持論に基づくものなのですが、「箱もの」は以前、スクエア・リングを作ってしまいました。
そうでなくでも箱ものって、実用性に欠けそうなデザインが多く(かさばってしまう為)、いっその事、オブジェにするしかないか・・・等と考えていました。
箪笥とは言うものの、アイテムとしては天然石や合成石を入れる「小物入れ」になる予定です。

★toruさん★
今回の箱ものに関しては、実は彫り留め(伏せ留め)を行うことを義務付けられています。
先日作った「彫り留め」の課題では「ななこ留め(ポンチ留め)でした。他に「伏せ留め」と「ミル留め」を行わなくてはならず、残りの課題を消去法で絞っていくと、どうしても今度の箱もので石留めを行わなくてはならないのです(>_<)
今は「箪笥」状のものとしかお答え出来無いのですが、実は他のものにも見えるデザインにします。。。
とんぼ玉・・・本当に難しいです。

★bocoさん★
今度の箱もの・・・とにかく地金を均一のサイズに整えなくてはなりません。
一番注意しなくてはならないのは、隙間ができないくらい、ピッシリと幾何学的なデザインにすること。
ゼロコンマ数ミリの誤差もあってはならないので、とことん理論づくしでいかなくてはならないのです。
・・・綺麗に完成した時は感動モノなのでしょうね♪(^_^;)
ぢゃぶ屋・・・今までの店舗展開の中、もしかしたら最短の寿命だったかもしれません。
中野でラーメン屋を営業するからには、相当の覚悟がいりますからね。恵比寿店等で評価が幾ら高くともいい加減な店舗展開ではやっていけないと思います。
とんこつラーメンでしたら、新宿の「桂花」とか飯田橋の「てっぺん」とか名店がありますね。
沼袋駅南口からバス通りに沿って中野通りに行く途中に「LIFE」というスーパーがあり、その隣に「麺彩房」という木造のラーメン屋があります。
あの「青葉」に麺を仕入れている大成食品の直接経営しているラーメン屋なのですが、味噌汁のような香りのする香ばしい醤油ラーメンのお店です。
麺は大盛り、中盛り、普通盛りとありますが、全て同じ値段。お昼は御飯をサービス。そして丁寧な腰の低い店員さん、と好感触のお店です。
営業時間帯は、11時半~14時、17時~20時だったと思いますが、開店直後に行かないと、相当並びますよ。。。(^_^;)

今回は「箪笥」ですか♪ 指物師:刻さん! ですね(^_^)V
どんなのが完成するのか今から楽しみです~♪

★sayaさん★
今度の課題では今までやってきた技法を色々組み込みます。
透かし彫り、オーバーレイ、箱もの、そして彫り留め。。。
相当手の込んだものを作ります。
・・・あ~それしか今のところ明かせない自分がもどかしい(>_<)

「小物入れ」ってことは、割と大きい作品になるのでしょうか?
楽しみだなぁ♪
あ~最近私はリング作ってないなぁ~
次回は作ってみよう。

★七緒さん★
サイズとしては、縦4センチ強×横5センチ×奥行き1.5センチくらいになる予定です。
引き出しの取っ手をどうするか?隙間無く綺麗な引き出しを作れるのか?今度の課題はどこまで理詰めで作る事が可能か、そしてそれを半年間の超持久戦に体力がもつのか、等の不安材料は山積みなのですが、気合入れて生きたく思います。

引き出し?
箪笥?
彫金でミニチュア??
なんかもうそのネタ晴らしだけで出来上がりが気になります~vv (>▽<)
でもほんの少しのズレも許されなさそうですねえ・・・
しかも半年以上かけて作られるのですか??
楽しみにしております~♪ (*^-^*)

★望月さん★
多分、完成したらBilog内で結構話題になるかもしれませんね。
Bilog内での数少ない「鍛冶屋系銀細工師」としましては、気合入りまくっております。
それだけに失敗した時の落胆振りは、半端で無い可能性が高いです。
・・・やめておきましょう、失敗した時のリアクション考えるの(^_^;)

箪笥ですか?
わぁ~たのしみ。
どんなものが出来上がってくるのか、
正直、初心者の私には想像もつきませんが、なんだか楽しみ♪
箪笥といえば、全然違うのですが学生時代「日本刺繍」というものを
少々やっていました。
卒制のとき普通なら帯とか着物とかに刺繍(元来日本に伝わる伝統的な刺繍なんですが、)するんですが、
鏡台のカバーとかそういうものにも、物語るような刺繍を施してもOKなんです。
私はその時飾り箪笥といものを作ったのですが、
箪笥の扉をガラスにして間に刺繍した生地をはさんで、
見た目飾棚のようにするという作品に挑み、
「菊と唐草」をその飾窓いっぱいに刺繍しました。
今は家に日本間がないので、実家で眠っています。
今思うとその時からいろいろ作っていたんだなぁ~と思います。
今は何をしようとちっとも不思議ではないという訳です。
まぁ~時間の制約でやりたい事が出来ないという事でボチボチとやっている訳ですね。

箪笥ですか…
私のイメージとしては「お雛様の箪笥」なんですが(笑)
あの、蒔絵や銀飾りが施してあるやつ…。
どうでしょう?
私の予想が的中しちゃうのか!どうか!?すごく楽しみです♪

★shionさん★
箱ものの場合の一番難しい点は、どのパーツもコンマ数ミリの誤差も無く均一に形作っていかなくてはならない事です。そうしないと、歪な形のものが出来上がってしまうのです。
これは、前々回に制作した「スクエアリング(七面体のリング)」で散々苦しみました。
それだけに今までのどの作品よりも労力を必要とします。
ある意味、杢目金の時よりも大変でしょう。
でもイメージとしてはプラモデル作るような感覚に近いと思います♪
shionさんも学生時代から色々作られてきたのですね。
「銀粘土・彫金で、和風の作風を求め」とここのブログの紹介文にもありますが、今回制作予定の箱ものに関しては、最初から箪笥のイメージは鮮明にあり、昨年末から色々とデザインは描いていました。

★mika*さん★
箪笥・・・イメージとしては、アールヌーヴォー作家のエミール・ガレの建具。あれを少し意識しています。
といってもあんな芸術性高いものなんて現在の私の力量ではまだまだなので、絶対悪戦苦闘すると思います。
長~い目で見てやって下さいm(__)m
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。