スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円柱玉に「とろけた目玉親父」を描いてみる(ち、違う)

       実際の所は「円柱玉に点を置く」の応用編で、「花柄模様を作る」というのが課題になります。 固まっている円柱玉(といっても徐冷を行ったわけではなく、炎の上で形作った円柱玉から日を離して硬化したガラスの表面に白いヒゴ棒を置いて、すかさず切り離し、満遍なく炎にあてます。 その上で更に別の色のヒゴ棒を置いて、これもすかさず切り離し。再度満遍なく炎にあてます。 といっても引っ張って切り離すわけではなく、置いたヒゴ棒の接着点のほんの先を熱して自然に取れるのを待つわけですが、いくらやっても私はこれが出来ません(T_T) 前回(この画像のものがその時制作したもの)の円柱玉が6個。そして今日作ったものが3個。。。 全滅でした。。。 まず同じ大きさの点にすることが出来ません。そして小さい点する事も出来ません。 つまりこんな「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉親父状態のものが出来上がります。 黄色いのならまだ良いのですが、緑の点など悲惨です。本体の円柱玉がグレープ色なので、「カビの生えた葡萄」にしか見えません(T_T) 元々、このガラスコースに関しては、8月末までにとんぼ玉をトップにした全てサイズの異なるリングを20~30個作る、というものでしたので、次回から8月末まではその作業にかかりきり。 しかも9月から、ガラスコースの先生が産休に入るため、実質今年一杯休校になります。 ということで、この花柄模様は、必然的に来年1月以降に持ち越しとなりました。。。(T_T) テキストを見ても、先生の説明どおりに作ってもどうしてもこんなものしか作れません。多分私はガラスコース開校史上、最も出来の悪い生徒なのでしょう。 先生もどうしたら良いか判らず、途方に暮れていました。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どんま~い。
数作って慣れるしかありません。
わしも長いことバーナー触ってないから
もうこういうのきっと出来なくなってるわ。(^_^;)
ガラスって直接手で触れないからもどかしい~。

★もをぶ~さん★
愕然としましたよ、本当に(ーー;)
ガラスの先生にアドバイス受けた後で作った作品よりも受ける前の作品の方が格段に出来が良いのです。
というよりも作れば作るほど肩の痛みが再発するし、昨日飛ばしたカイトでの筋肉痛はあるし。
それに私、箸より重いもの持ったこと無いですから(*゜ー゜)=○)゜O゜)パンチ!
相当落ち込んでいます。。。何故、私以外のガラスコースの全生徒はあんなにも花柄をいとも簡単に作れるのか。私は何でも理論ずくで物事を進める性格なので、感覚で作るとんぼ玉、本当に苦手です。。。
ガラスは17時から2時間だったのですが、その前に行った彫金については明日ご報告しますね♪

ご無沙汰です。こんにちは^^
へぇ~!こういうのって作るの大変だったのですねー
ちっとも知らず、既製品を『高いな~もっと安くなんないかなぁ。。』って思ってましたが、こんなに大変なのなら・・とナットク致しました( ̄ー ̄)ゞ
次は成功させて下さいねっ(*^-゜)⌒☆ がんばってっ!!

刻さん、ほんと、これは慣れですよ~~
ふと、いきなり綺麗に作れる時が来ます。(*^。^*)
って、私も次の段階へ進みたいのに、全然通えてない~~
土曜日、アートクレイの展覧会へ行ってきましたよ~~
刻さんの本名はTさん???
これよね~~これこれ~~って、やっと見つけたんですけど~~
あってるかな?
個性的で素敵な作品でしたね~~(*^。^*)
やっぱり入賞や入選する人はすごいわ!!

★ホイミさん★
こういうのって材料費は微々たるものなんですよ。
ロッド棒1本が150円で、2色他にガラスのロッド棒で事前に細目のヒゴ棒を作っておきます。
計450円ですけど、それ全部使う筈も無いので、材料費としては100円かかるかどうか、というところでしょうか?
手間は半端でなくかかりますね。。。
この課題はまだ合格していませんが、諸般の事情により続きは来年1月以降になります。
というか、花柄ばかりやっている時間の余裕がなく、最優先でとんぼ玉リングを20~30個、8月末までに作らなくてはならないんです。
9月にある人の展示会があるらしく、そこに私のとんぼ玉を納品する約束してしまったもので。。。(T_T)

★yuka.pさん★
本当慣れですよねぇ。でもどうして小さい点が打てないのか不思議です。
先生が頭抱えていました。私、どん臭いのかなぁ(T_T)
アートクレイの展示会、行かれましたか。。。私の本名。そうですイニシャルだと「H.T」。苗字は漢字2文字。名前は漢字1文字です。
あれ、何だと思いました?ランプシェードなんですよ。点滅用の赤い豆電球が内蔵されています。
通常、真鍮線を用いた象嵌技法は、平らな平面に行うものと相場は決まっていますが、筒状の中空作品に出来るのかどうかを実験したく作ってみました。
あれ図柄は「薔薇の花」です。

こんばんは(^^)
うーん。。。
点打ちは、難しいですよねぇ。。。
ワタシも、自分でカエル玉を作ったときに、目玉を点打ちしたのですが、、、
ゲロゲロな感じ。。。
もぉ、悲惨です。
思ったのは、ひたすら数を作って慣れるしかない ってことですかねぇ。。。
あと、腕や肩を傷めている時は、鉄芯を持つ手が安定しないので、余計、悲惨な結果になるということ。
お互い、焦らず、がんばりましょう♪

★まだむきてぃ☆かおり さん★
リハビリの為にカイトやっているのに、怪我を悪化させてどうする!と心の中で日々ツッコミ入れています。
葉っぱやマドラーも大変でしたが、この点打ちに比べれば楽かもしれませんね。
とんぼ玉は本当に持久戦だと思います。しかも教室の先生(ガラスコースは1人しかいません)が産休に入るので、9月から今年一杯休校に。。。
点打ちは来年1月からになっています。
こうなったら徹底的にやりますよ。。。1月から(>_<)
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。