スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リューター、バレルは欲しいけど。。。

数日前に自宅にアートクレイ倶楽部からパンフレットが届きました。 「SV925フェスタ」だそうで、バチカン、ピアス金具、チェーンの特別販売と、おすすめ道工具&関連教材セットの特別販売だそうです。 金具は地金で作るので特に不要ですが、おすすめ道工具はちょっと心がぐらつきました。 リューター、バレル、UVボックスと、どれも欲しいのですが今購入するのには抵抗のあるものばかりです。 教室経営しているわけでもないので、バレルが必要かというと決してそうでもないし、リューターはフィニッシュプロよりも彫金で本格的に使うものが欲しい。UVボックスに至っては自作出来るのではないか?なんて思ってしまいます。 それにそれに、本当はカイトが買いたいんです(そっちかよ\(,,)\バキッ☆)       これ、製造終了が決定したOpium(オピウム:阿片という意味)という名前のカイトです。3万円します。 ところで、今回のパンフ、私の元には同じものが各2通入っていました。単なる間違いだとは思いますけど、本当の所どうなんでしょう?(^_^;) 10時半になったら彫金教室に行ってきま~す☆⌒(*^∇゜)v !
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あたしもバレルが欲しいです!
どうせ買うなら ある程度大きいやつ。
パイプも引きたいんで 線引版も欲しいです。
どっちも高いっ!!
それにしてもカイトって高いんですね~ (ヽ゚ロ゚) かっこいいけど♪

★bocoさん★
アートクレイ倶楽部ではバレルは以下の価格設定しています(全て税抜き)。
●アートクレイオリジナル磁気バレル「シャインプロ」・・・72,000円
  (リング15個分:最大80gが研磨可能)
●液体コンパウンド(500g)・・・3,000円
●バレルチップ(140g)・・・5000円
今回のセールではセット価格(会員専用)で、57,600円。
私は会員なのでこの価格で購入できるわけですが、それでもいつも使用するかというと物凄く疑問です。
って私、得意とする技法のせいもあるのですが、基本的にバレル使わないんです(^_^;)
バレルは隅々まで研磨できる点では優れものですが、針による無数の傷の除去作業で何度も泣かされました。
特に私の作品は棒ヤスリで削った後、丁寧に耐水ペーパーをかけて研磨する為、殆どバレルが不要なのです。。。
え~と、カイトですが(爆)、「カイト オブ ザ イヤー」というコンペがあり、その年のヨーロッパで最も優れたカイトの称号を与えられるものなのですが、このOpium、2002年にそうの称号を与えられました。
デザインは、リンゴかタマネギのように見える怪しい代物なのですが、相当性能が高いものだそうです。
3年前、当時、学芸大学駅近くのカイトショップで、本格的にカイトをやるにあたり、店長からこのカイトを勧められた事がありますが、当時は断っていました。
もっともそのお店はもうクローズしているのですけど。。。
今もですけど大して実力は当時ありませんでしたので、スピードの出ない大きなカイトを購入しm今も飛ばしていますが、風が吹くとあまりにも重いので、メインは今のカイトを使用するとして、たまには軽めのカイトを飛ばしたいなぁ、なんて考えて、「このOpium良さそうじゃん!」という事で密かにずーっと狙ってはいたのです。
当時購入した大きいカイトも実は当時のヨーロッパチャンピオンの専用機なのですけれどね。
でも私が購入しても、猫に小判、豚に真珠かもしれませんねぇ(^_^;)

こんばんは~!
実は、今リューターを狙っています(^_^;)
今使っているのは一昨年購入したアートクレイの安い方のタイプなのですが。
彫金始めるなら、アートクレイのではなく彫金用のものを探した方がいいのですね、
ありがとうございます。 慌てて購入せずに、じっくり考えてみようと思います。
カイト、カッコいいですね☆
晴れた空に飛ばしたら、きっと気持ちがいいでしょうね~!

★sayaさん★
アートクレイ倶楽部で扱っているリューターはあくまでも銀粘土の乾燥時にしようするものです。焼成後の銀でも使用可能ですが、それはあくまでも純銀という、比較的柔らかい金属にのみ使用出来る代物だからに過ぎません。
それでも使い続けると、じきにモーターが焼ききれてそまい、すぐに故障してしまうのです。
定価で44,800円するフィニッシュプロセットに対し、修理代が幾ら掛かるかを考えると、馬鹿になりませんよ。
銀粘土専門でやっていくのでしたら、このフィニッシュプロはお買い得かもしれませんが、彫金に天候を考えていらっしゃるのでしたら、多少お高くても彫金専門のリューターを探した方が絶対良いです。
彫金専用のリューターでしたら銀粘土作品にも使用可能ですから(^_^)v
私は主に「アトリエ」というフランスのメーカーのカイトを持っています。普段はMasque(マスク)というチーム用の大きいカイトを飛ばしていています。
このOpiumは、R-Skyという、ここ最近注目されているフランスのメーカーのヒット商品で、アトリエとライバル関係にあるメーカーなのです。
本当はもっとお高いカイトなのですが、どうやら特別セールらしく3万円で在庫処分しているみたいです。完売したらもう入手は不可能みたいです。
このOpiumを購入するか、去年のコンテスト作品のデザインに使用したLevelone社(ドイツ)の「C21」のスタンダードバージョンを購入するかで正直迷っています。
Opiumはネットショップのみの販売。C21は千葉県南流山というところにショップがありますが、そこに実際に出向き、実物をナマで見ながらの購入が可能です。。。

リューター、ひそかに狙い中です(笑)
本当はもっとグレートの高いやつが欲しかったのですが、
アートクレイならこれで十分かな?と思いまして…^^
刻さんのおっしゃる通り、彫金メインになるのならブレの少ない
本格プロ仕様の方がいいと思いますね。
全然違いますもの!

★mika*さん★
mika*さんもリューター狙っていますか?
今年の2月の土曜日に陽だまり工房にて行われた「スカルリングセミナー」でリューターを格安で勧められたのを「やんわり」と断っていました。
やっぱりフィニッシュプロでは心許無いですよね。
アートクレイのリューターって回転数は何段階かに調整出来ますけど、それって決まった回転数しか出せないですよねぇ。
私の通うシルバー教室にも、フィニッシュプロとハンドリューターの2種類あり、どちらも使用したことありますが、微妙な回転が出せないんです。
やはり足でペダルを踏んで、回転数をその都度調整しながら確かめて作業できる本格的なリューターが欲しいです(>_<)
コモキンとか、先日通販でバローベ糸鋸を購入した所でないとダメなのでしょうか?
よく東急ハンズでウィンドウショッピングしてますけど、イマイチこれは!というものに遭遇しません。。。

ついにガマンできず、この怪しいデザインの「オピウム」というカイト、メールで注文してしまいました。
注文先から今メールが返信されてきたところによると、更に30%オフのセール期間中との事で、送料込みで21,800円になりました。
入金期限は1週間。
これ、新商品として輸入されたばかりの頃は4万円近くしてました。。。
ちなみに色は画像と同色の水色です。
やったね♪\(^o^)/

おおっ! 刻さん ついにカイトをオーダーされたのですか☆
手元に届くのが楽しみですねっ♪(^o^)
私も先生にリューター相談してみました。 値段に比例してモーターのグレードが格段に違ってくるそうで、どのクラスを選ぶのかはお財布の中身はもちろんですが私の今後のヤル気次第だなと言われました~ ( ̄▽ ̄;)
(まずは早く苦手な 「シリンジ」 から解放されて、糸鋸さわりたいです・・・(泣) )

★sayaさん★
リューターは特にリングの内側を整える際は絶対の必需品ですよね。銀粘土、ワックス、彫金とどれでも必要ですし。
私がリューターを選ぶとしたら、迷わずグレードの高いものを無理してでも手に入れます。
妥協してリーズナブルなものを購入しても、後々、高性能なものに買い換える可能性が高いなら、安く済ませたリーズナブルなリューターの代金丸々無駄になってしまいます。
携帯用のリューターという位置づけで考えれば、リーズナブルなものもOKかも。
でも道工具は選択が難しいです。
シリンジは極めると凄いんですけれどねぇ。。。ここのBilogで活躍されているshertonさんのシリンジ作品は芸術の域ですよ。
糸鋸・・・鋸刃に優しい道工具の方が良いですよ。長さを調整出来るタイプがお勧めです。
で、このカイトのお話ですが(爆)、相当弱い風からでも飛ばせる代物だそうです。でも中・強風用です。
女性や小学生の男の子でも問題なく飛ばせるくらい、軽快なカイトという触れ込みで、そのくせ飛ばしている時は「ブーン」とか「バリバリバリ」とかいう風切り音がするカイトです。
私、引きの強いパワーの必要なカイトを専門に飛ばしているので、ある程度風がないと飛ばせないんです。
実際に微風下で飛んでいる姿を横で見ていた時、指咥えて羨ましがっていた事がありました。
実はどうしたわけか、関西方面の人がこのカイトを好んでいるという事実があります。意外と関東の人はこのカイトを持っている人って少ないみたいです。
いつも飛ばしているカイトは黒字に毒々しい赤系や、テールグリーンの色ばかり好んで飛ばしています。水色のカイトって考えたら初めてです。
明日あたり、指定口座に入金してみる予定です。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。