スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円柱玉を作ってみる。

昨日は11時半~18時まで彫金でしたが、18時~20時まで、とんぼ玉でした。。。 よくそんな体力残っているなぁ、と自分に呆れつつ(ーー;)      マドラーが終了し、いよいよ「とんぼ玉」制作を目指すわけですが、まずは円柱状にガラスを作れるかどうかの特訓でした。 彫金ではヤスリ掛けに対し、右下がりになる癖があり、その為、リング制作の上で必要不可欠な板の状態から曲げてつなぎ目をロウ付けする際、必ず隙間が出来てしまい、何度も糸鋸の鋸刃を通して、微調整します。 私が彫金でリングばかり作るのは、リング制作前の地金へのヤスリ掛けの癖を克服するのが一番の理由なのですが、ガラスでもそのような致命的な弱点が露見しました。。。 事前に剥離材をつけて十分に乾燥させたステンレス丸棒を左手に持ち、右手に持ったスティックガラスを垂直にして巻き付けていくのですが、その際、利き腕側の面はキレイな形に仕上がるのですけれど左手側の面はどうしても側面が斜めになって出来てしまうんです。画像では全然判りませんが。 この課題の目的はキレイな円柱状に作ること、両サイドの玉の中心部に「へそ」を作れるようになる事です。 今年の9月に、とんぼ玉の先生が産休に入り、今年一杯、休校になってしまいます。更に8月までにとんぼ玉をトップにした指輪を20~30個制作する、というオーダーを受けているのでかなり強行スケジュールを強いられています。その為、今月から毎週末はとんぼ玉を作りに行くスケジュールにしているのです。 でも、とんぼ玉だけを作りに行こうとすると、肩に無駄な力が入って上手く作れないのに気付いてしまいました。彫金で体力を使い果たした上で、肩に力がいい具合に抜けた状態で、ガラスをやるのがベストである事を発見してしまったので、8月末までは彫金とのダブルヘッダーが今月から毎週続きます(T_T) ・・・でも改めて画像を見たら、カプセル錠剤にも見えますorz yuka.pさんやMihoさんには遠く及ばない稚拙な技術ですが、何とか頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ガラスのことはよくわからないけど
すっごい色がキレイですね♪
頑張ってください!

綺麗なカプセルですねo(^-^)o
このカプセル型も味があっていいと思います。

★bocoさん★
ガラスの強みはシルバーには絶対出せない「カラフルさ&透明感」でしょうね。
銀粘土の中にも「フュージング」によるガラスのテクニックがありますけれど、「ガラス教室」で習うテクニックに比べると、まだまだ初歩的な技法だと思いました。
ガラスの難しさは自分の思うようには形状がなかなか上手く作れない、という点かと思います。でもyuka.pさん、Mihoさん達は自在に表現していますけれど。。。
でも半日以上、彫金コースでガスバーナー使用して、ガラスコースでもガスバーナー使用して、という状態なので、これからの暑い季節はかなりハードです(>_<)

★シエルさん★
左側のガラスの方が歪な面を前面に持ってきているので、実は粗がすぐ判ります。
青い色と黄色い色のカラスを使っていますが、最初の青い方のガラスを多めに使用してしまった為、黄色部分が申し訳程度の量になっています。
本当は1対1の比率で作りたかったのですよ~(>_<)
課題のポイントは最初に書き込みましたように、「思ったとおり、円柱状に出来るか?」「」その際に中心部に『へそ』をキレイに作れるか?」という事ですので、一応クリアしています。
ガラスも奥が深いです。。。

とても綺麗な色合いですね♪
私の通っている教室ではワンレッスン2時間半なので、ガラスはあまり深いところまで授業で掘り下げられないのが実情なんです(泣)
こうなったら自分で試行錯誤!!・・・って、刻さんのページを拝見していたら日毎にやってみたいことがいっぱい増えてます。
(あ、感謝です! 念のため(笑) )

★sayaさん★
私が通っているガラスコースなんて、「ワンレッスン1時間半」ですよ。しかもチケット制です。
もっともガラスは徐冷に時間がかかるので、実際に終了するのはプラス30分の2時間になっています。
空いている時間で、同じフロア内の彫金コースの課題の続きをやるも良し、外に休憩(食事等)しに行っても良し、という事になっています。
彫金とガラスは同じ火を扱う作業ですが全く異なる思考回路がある意味必要なんです。彫金はゼロコンマ数ミリの狂いも無いように定規やノギスで測ったり、とにかく自分の当初想定しているサイズのものを作ることを心がけますが、ガラスは大きさもまちまちなので、決まったサイズが無いんです。結構感覚で作る、という臨機応変さが必要な感じがします。
私がダブルヘッダーにしているのは時間が無いとか、彫金で力を出し尽くして、肩に力が入らない自然体の状態でガラス制作が出来るとか、という理由の他に、「彫金で行き詰まり、ストレスがたまりそうになる前に、ガラスに切り替えて気持をリラックスする為」というのも挙げられます。

こんばんは☆
以前、自宅でフュージングしたガラスがカプセルみたいになって、結構、気に入ってたりします。
トンボ玉では、カプセルなんて段階までいかなかったっす(^^;
ガラスを極めたいなら、やはり、バーナーワークのお教室でしょうねぇ(^^;
ワタシなんか、もぉ、ガラスを巻き取る段階ですっごいクセがあって、毎度、不細工玉です。。。
これも、回数を重ねて、手に覚えこませないとダメなんだろうなぁ。。。って思いました。
今は、腱鞘炎なので、トンボ玉はお休み中です(^^; てへっ。

キレイですね~!
私もやってみたいけど、どんくさいので
火を使うのはちょっと心配なんです(^^;)
今後の作品を楽しみにしてます^^
事後報告ですいませんが、リンクさせていただきました~♪
今後ともよろしくです。

色が混ぜる時は計算して作らないといけないところが大変ですね…(-Å-;)
今回は課題はクリアしてますし、あと何度かで完全な歪みのない精度の高い物も期待できますねo(^-^)o
僕も早くガラスと触れ合いたいぃ~(T-T)(笑)

さらりとマドラー終わっちゃった刻さんに比べ、私ったら~^^;
のんびりペースに加え、夏はお休み宣言しちゃったし~ ーー; 
メキメキ腕を上げる刻さんについて行きますよん~~~(ノ ̄▽ ̄)ノ

★まだむきてぃ☆かおりさん★
フュージングだけだったら、ガラスの特性とかよく判らなくて表現力がきっと制限されると思います。それに電気炉の中に入れっ放しだと、中でどうなっているか小窓からしか覗けませんし、途中で形を整える、なんて芸当が出来ませんしね(^_^;)
ガラスを棒に巻き取るの、私も苦手です。それに気を取られてしまうから、最初に巻きつけた色のガラスが溶け始めて、歪な形になってしまうのでしょう。。。
・・・実は私も職業柄、軽い腱鞘炎なんですよ~(>_<)

★kemoさん★
バーナーワーク、緊張しますよ~。
彫金で慣れているとはいえ、使用するバーナーが違いますし。。。
でも慣れですよ、慣れ(^_^)v
kemoさん、リンクの件了解致しました。。。って、私もkemoさんのサイト、リンクしていない!Σ(゜□゜;
忘れていたようです。私も是非リンクさせて下さいm(__)m

★シエルさん★
え~と、今回作った円柱玉。次はこの円柱玉に水玉を入れる事になっています。で、その次はその発展形で、模様を作る練習・・・というカリキュラムになっています。
でも先生が9月に産休に入ってしまうので、結構ハイスピードで模様無しの「とんぼ玉」まではマスターしないといけないんです。
更にこの2ヶ月間で、とんぼ玉20~30個の制作をノルマにしなくてはならなくなっていて・・・
ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

★Mihoさん★
マドラー・・・全然「さらり」じゃ無いですよ。結構紆余曲折ありまして。。。
ロッドの選択を間違えたみたいです。赤紫色のガラスを選んだのですが、これが火に当てるとあっけなく割れる性質をしていて、1本大体50センチくらいあるのでしょうか、そのうち10センチちかく火に当てただけで砕け散りました。。。
(;一_一)。。。。。。後ずさり
私の場合は、今回のガラスは何が何でも8月末までに「とんぼ玉」の指輪を20~30個(しかも全てリングサイズは異なる)作らなくてはならなくなったのです。
そういうオーダーを無謀にも3月中旬に受注してしまい、教室に事情を話し、ダブルヘッダー体制にして貰ったのです。
ですので、のんびりペースの彫金に比べ、ガラスの方はとにかくハイペースにならざるを得ないのです。。。
しかも受講前に、「9月から年末まで、ガラス教室は休校する事にしました」なんて先生から言われてしまったので、焦りまくっています、本当は(>_<)
Mihoさんの「毒きのっぴぃ」「もやっとキノコ」みたいに可愛いのを、そのうち作ってみたいです♪あれ一目ぼれしました。。。

グラデーションがすごくきれい!!夏らしい透明感のあるとんぼ玉ですね。
ところで、「癖がある…」と書かれてましたが、
右手でステンレス棒、左手でガラス棒だとどうなのでしょう?
も…もしかしたら意外といいかもと思って…
というのは、昔ロー付けのバーナーとピンセットを持つ手はどちらがどちらか…で人を観察したところ、左手にバーナーの人もいれば右手にバーナーの人もいて、それは利き手には関係ないみたいだったので…エヘッ(●・∇・●)>"
でも、ガラス棒とステンレス棒だとバーナーとは違いますよねぇ。
ヘンなこと書いちゃってごめんなさい^^;

★mika*さん★
・・・実は、箸より重いものを持ったことが無くて。。。バキッ!!(  ̄ー ̄)=○() ̄O ̄)アウッ!
彫金とガラスのバーナーワークの一番の違いは、手を上げる際の角度なんです。
彫金は立った状態で行う場合もあれば椅子に腰掛けて行う場合もありますが、やや上から前かがみになって作業をします。作品に対する目線も上から見るようにして行うのが一般的ですよね。
問題はガラスの方なのですが、ステンレス棒とガラス棒を持って作業を行う場合って、自分の目線と同じ高さまで手首を上げて作業をします。そしてその間、腕を上げっ放しで作業するのでかなり上腕に堪えます。
しかもステンレス棒を回しながら、ガラス棒を直角にして巻き付けるわけですから、尚更腕に負担がかかります。
私は右利きなので、向かって右側の部分に関しては割とキレイに作品制作が出来ますが、左側になると不器用な左手のせいもあり、ステンレス棒を回すので精一杯で、不細工な出来になってしまうようです。
・・・それも訓練次第なのでしょう。
芯金棒を左手で持って親指、人差し指、中指、そして左手首のスナップを利かして回す特訓をした方が良いのかも。。。
まあ、今週末から昔やっていたアウトドアスポーツ(カイト)を再開しようと考えてもいますので、それも込みで手首を回す特訓にはなるでしょう。。。

順序があるんですね…(-Å-;)
水玉模様が入るんですか?涼しげない円柱玉になりそうですね(^-^)頑張ってください。
でもまぁ~この先かなり忙しいですね(^-^;
2、30個ってかなりの数ですよ?まさに鬼ですね(-_-;)
体調を崩さないようにしてくださいね…今年は特に暑いらしいので(^-^;

刻さん、色も形も綺麗~~♪と、眺めてましたが、
形、いまひとつなんですか~~?
この色合い、私は大好きだな~~♪
↑でせっかくお褒め頂いちゃいましたが、私もまだまだ全然だめで・・・
今、ツイスト棒に入りましたが、刻さんと同じく、シャフトを持つ癖が出てしまって、『左手はもう少し下げて~~』とか、『水平に~~』とかしょっちゅう先生からお叱りを受けております。^^;
同じ目線で見てばかりだと気づかない事がありますが、
左右持ち替えてバランスを見たり作ったりするのも効果ありです♪
20~30個もつくるなんてた~~いへんですね~~
1つ作るのにも時間かかりますもんね。
刻さん、頑張って~~(*^。^*)

★シエルさん★
6~8月にかけてガラスはかなりハイペースになるので、彫金の方が息抜きになってしまうかもしれません。
何かそんな気がしてきました(^_^;)
・・・暑さ対策、何とかしなくちゃ、ですね。久しぶりのアウトドアスポーツも再開するつもりなので、今年は一つ思いっきり日焼けして暑さに免疫力つけておきますか。。。
って、その前に熱中症になるかもしれません。

★yuka.pさん★
「ステンレス棒やシャフトを水平に持つ」という単純な行為が物凄く難しいんですよね。次第に重さに腕が耐えられなくなっちゃって(>_<)
何せ、箸より重いもの持ったこと無い人ですから(嘘つけ!)

とんぼ玉、綺麗ですね~。
でも夏にガラス作る作業は暑いですね(^_^;)
あ、彫金も同じくらい暑いか(笑)

★七緒さん★
しかも今年の夏は結構暑くなるらしい、という予想が出てるので特に大変かもしれません。
室内にこもって火を使うだけでなく、今年は折を見てアウトドアスポーツでもして、暑さに対する免疫をつけておこうこなぁ、と考えています。
そんな事したら、真っ先に熱中症で倒れてしまう気がします。
・・・過去2度ほど、「熱中症」の経験あり(T_T)

そうそう。
とんぼ玉が大きくなると、シャフトを持つのはけっこう辛いですよね~~
私も途中肘をついちゃいますよ~~^^;

こんにちはぁ。
今日は、どんよりお天気。。。
こんな日は腱鞘炎もちにとっては、超ツラいですね。。。(くすん)
とんぼ玉と彫金。。。
同じ『火』と仲良しさんになるために始めましたが、こんなに違うとは。。。(吐血)
とんぼ玉のあの手の角度は、本当に難しい。。。
特に、ワタシは、芯金棒を持つ左手が平行に保てず。。。
必ず、右が下がるというクセをもっていて(爆死)、作った玉は、たいていが玉ねぎ型に。。。(^^; (ガラスが右に流れちゃうんですね。。。)
そういえば、通っていたお教室で『夏は生徒が激減します』と言っていたっけ。。。
でも、そういう空いている時こそ、チャンス!ですよね。

とんぼ玉、すごい綺麗ですね~vv
色も爽やかでこれからの季節にぴったりですね☆
私もやってみたいなあとか思ってはいるのですが。
なかなか難しそうですね・・・
トロくさいヤツにはやっぱり無理かなあ ( ̄~ ̄;)

★yuka.pさん★
yuka.pさんも「肘を着く」派ですか?実は私もそうなんです。
どうも重いもの持つの苦手で。
その割には、学生時代、ダンベル15キロ毎日持ち上げていたという、事実がありますけど。。。(^_^;)
私は先週からガラス棒を左右に持ち替えてバランスとるようにし始めました。
それでキレイな作品が仕上がればよいのですが、もしかしたら「落ち着き無い人」のように見られているかもしれません。

★まだむきてぃ☆かおりさん★
彫金ととんぼ玉、全然違うでしょう?(^_^;)
彫金のバーナーワークは細い火ですし、自分で色々角度を変えて作業できますものね。上から下に見下ろすような体勢で作業するので、長時間行ってもそんなに疲れないです。ただ、ロウ付けの銀ロウは小さい破片なので、目が疲れてしまいますけど。。。
ガラスの場合は、炎が太く、且つバーナーが固定されていますし、目線の高さまで両手を上げて作業しなくてはなりませんよね。しかも炎の間近に顔を近づけて作業するので、余計火の温度が感じられます。
確かに夏はとんぼ玉に限らず、彫金も生徒数が減ります。でも私はあまり関係無いです。とにかく鬼のようなノルマをこなしていくだけなんです。。。

★望月 茉莉さん★
いらっしゃいませ~\(^o^)/
厳密に言うと、これはまだ「とんぼ玉」ではないんです。とんぼ玉になる前の状態といいますか。。。
まだ、とりあえず円柱状に作っただけです。俵型や丸型に自在に作れて初めて「とんぼ玉」と呼べるのかなぁ、なんて思っています。
やっぱり暑い季節にはガラスですよね。でも作り手が一番嫌う季節も実は夏なんです。。。
トロくさい、とか全然関係無いですよ。よくそうやって躊躇してしまう人がいますが、やってみないと判らないではないですか。何か体験教室で「こんな感じなのかなぁ?」と悪戦苦闘しながら、ものづくりしてみるのも面白いかもしれませんよ。
ここのブログには関西方面のインストラクターさんとか多いですし、時間が合う時にでも試しに体験入学されてみては如何でしょう?(^_^)v
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。