スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My道工具を注文してしまいました。

普段は彫金教室の道具を借りて制作していますが、教室の道工具は全然手入れがされていなく、 ヤスリは錆びてるし、ハンドドリルは滑車部分が頻繁に外れてバカになっています。 ロウ誘導棒も水分の入ったフラックスのびんの中に突っ込んだままになっているので、先端は赤錆がつき放題。糸鋸に至っては工具の引き出しに無造作に放り込まれているので、鋸刃が変形しまくり、地金を切るたびに刃が折れます。 本当に管理のずさんな教室。。。(ーー;) 一応、去年の「シルバーコンテスト2006」の表彰会場にて、「最優秀シルバーアクセサリー教室」として表彰された教室なんですけどねぇ。。。 で、居ても経ってもいられず、ネットでとりあえず以下のものを注文してしまいました。 ●ロウ誘導棒(ニオブ)H-SPK-945 1個 単価¥ 1,449 ●バローべ糸のこ弓調節式 H-ASB400 1個 単価 ¥3,307 送料&手数料が加算され、合計5,806円なのはちと割高ですけど、致し方ない(T_T) 帰宅前に東急ハンズ新宿店に寄ったのですが、「ロウ誘導棒」が置いていないのだそうです。ロウ付け道工具の売り場があるにも関わらず、です。 新宿店ってイマイチ品揃えが良くないので期待は全然していなかったですが、さすがにガックリきました。 糸鋸は一応、以前ハンズで廉価なものを購入して持ってはいるのですが、鋸刃の長さに比べ、弓部分が外に広がっているのです。つまり、ちょっとでも鋸刃の張り方に無理があると、張った途端に「ブチッ」と鋸刃が切れてしまうんですよ。 せいぜい鋸刃なんて1本30円か40円くらいの代物なので、ケチケチしやがってと思われるかもしれませんが、折れる度に気持がブルーになってしまうので、そんなことに神経使いたくなく、長さを調整する、ちょっと良い糸鋸を注文してしまいました。 松江市にある道工具専門店だそうです。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

道具はやっぱり自分専用のものがいいですよね。^^;
バローベの糸鋸刃も買われましたか~~?
普通のものより高めですが、使い心地が全然違いますよね。
折れる回数も少なくなります。
やっぱり道具は大切ですよね。

★yuka.pさん★
パローペってそんなに優れものなのですか?Σ(゜□゜;
鋸刃は買わなかったです。他に道工具購入する機会があったら、その時に一緒に購入してみようかと思います。
あ~、リューターも欲しい~~アートクレイから出ているチャチな電動式でなく、足で踏んで回転数調整出来る「強化版タイプ」が欲しい~~
  ジタバタo(><o)(o><)oジタバタ

職人の世界では「まずは道具のお手入れから…」が基本ですよね~^^
道具が良くないと作品にも影響してくる気がします。
刻さん、My道工具は正解ですよ♪良いお買い物をされましたね。

★mika*さん★
私の通っているシルバー教室は本当に道工具の手入れがされていません。
彫金、銀粘土、ワックスのコースが混在しているので、銀粘土の粉が半乾きのヤスリで彫金の地金を研磨したり、平気で行いますし、ハンドドリルは2本あるものの1本は完全に故障していて、彫り留めの為の穴空け、とか2時間待ち、なんて事もザラです(>_<)
彫刻台も1つしかなく、先日まで私が杢目金の地金を彫り出し作業にかかりきりになると、その日は石留めが一切行えません。
・・・何度も繰り返し、「道工具増やせ!」と先生に怒鳴りつけているんですけど、一向に改善されません。
酷い話ですよね。。。(ーー;)
生徒がとにかく多い教室なので、他の人にも道工具は平等に行き渡るように、せめて自分が使うものだけは私物にしようと思っています。
さすがにMy彫刻台を持ち込むわけにはいきませんね、重いですし。
まだ購入して無いですけど。。。
ハンドドリルは近日中に購入しようと検討中です♪
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。