スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覆輪留め【オーバーレイ・バングル】

去年の9月~11月中旬までは「胡蝶蘭のリング」という爪留めの課題制作を行っていました。 実はそれと時期を前後して、覆輪留めの石枠を作っていたのです。 石枠は過去の銀粘土作品で、もう不要なものをガスバーナーで溶かし、厚さ1ミリ未満の薄い地金を作りました。この石枠、本体のバングルにはロウ付けしていますが、石枠部分のつなぎ目はロウ付けをしていません。 現在制作開始している「杢目金」の主要な工程でもある「とも付け」にて溶接しています。 さてこのバングルですが、何と糸鋸で88箇所の透かし彫りを行っています。地金のサイズは幅2センチ、長さ15センチ、厚さ1ミリあり、これを11月中旬~年末まで糸鋸で切断していたものです。 その間、鋸刃は10本以上折っています。。。 多くの人はこの覆輪留めの課題でターコイズを使用してバングルを作りたがります。インディアン・ジュエリーの代表的なアイテムでもあるバングルなので、それにあわせての石選びなのですが、私は敢えてインカローズを使用しました。 結果、アンティークっぽい仕上がりになっています(^_-)-☆ この透かし彫りのデザインは、「つむじ風」とか「乱気流」をイメージしてのもので、天然石インカローズは「太陽」をイメージしています。 この作品も持久戦の作品でした。。。 さあ、これで彫金作品のストックは使い切りました。次回からは作品掲載が思いっきり遅くなる事が容易に予想されます。 生暖かい目で見てやって下さい。 あ、その分、ガラス作品のアップが増えるかも(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わ~っ!すごい。
申し訳ないのですが、作る工程に関してはまだまだ刻さんについていけないです。
でも作品の感想は語れそうなので。
良いですね~こういうアンティーク系のもの大好きです。
こんな軽い言い方をしたら失礼かもしれませんが、
私には逆立ちしても作れないし、って程、遠いものですが、好きです。
たぶん私もターコイズは選んでいないでしょう。
だから何?と言われるとそう簡単には出て来ないのですが、
インカローズを使ったところが、また痺れますね。
さっき軽率にも転び、膝を久しぶりに擦りむき、こんなに痛いものだったのか!と実感しながら書いておりますm(__)m

★shionさん★
バングルって銀粘土でも作れないことはありませんが、強度面に難があり、身につけているうちに折れてしまいます。
こういうアイテムを作るにはやっぱり彫金かな?という事で、一度は彫金でバングルを作りたいと思い、この課題で実現しました。
カボションカットの天然石を留める代表的な方法である「覆輪留め」の課題において、誰もが真っ先に考えるアイテムが「バングル」のようです。他にもペンダントや指輪がありますが、指輪が一番難しいそうで、私はバングルに逃げました。。。
ターコイズ・・・嫌いなわけではなかったのですが、たいていの人がターコイズを選ぶので、できるだけオリジナル性を少しでも出したく、あまり使わない色である、ピンク系の色を選びました。
ちなみにこれ、完成した日は偶然にも爆風の日でした(今年の1月最初の土曜日)。なんかデザイン的にタイムリーな感じがしたものです。
彫金コースの課題は残り7つですが、こうしたやや大きい石を留める課題は無さそうなので、今後使用することがあるか?となると甚だ疑問です。
先日の「彫り留め」ならあと2回、どこかの課題で行うことが義務付けられていますが(石砕くのもう嫌だよ~(>_<))。。。
いつかは別の石使って「覆輪留め」の作品を作ってみたいものです。
ところで膝大丈夫ですか?私も学生時代はよく怪我をし、当時は回復も早かったものですが、体にはくれぐれもお気をつけた方が宜しいですよ~(^_^;)
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。