スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生の葉っぱ(憧)と私の葉っぱ(恥)

先週の土曜日にとんぼ玉教室に行った時、ガラスで葉っぱを作りました。 ただ、幾ら作っても徐熱材の入った箱の中に、まだ熱を持っている作品を入れた時点でことごとく割れてしまい、ほぼ壊滅状態でした(T_T) その際に、先生がサンプルとして制作された葉っぱを頂きました。右側の素敵な一品が先生作。 ちなみに左側のちゃちなのが私の作ったもの。唯一割れなかったのはこれ1点だったのですが、これ、実は一番最初につくった一番出来の悪い葉っぱです。その後、かなりリアルな葉っぱが作れるまでになったのですが、全部割れました。。。 このサンプルくらいのレベルの作品、作れるようになりたいです(T_T)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪
刻さんは「とんぼ玉」も練習されているのですね。とんぼ玉、私も興味あります。というか・・実はもう家に「バ-ナ-」あります。1度しか使用していないというバ-ナ-&工具を譲ってくださった方がいて。。でも今は封印しています。6月に銀粘土で展示会に参加するので、それまではね~♪
それにしても・・・とんぼ玉は難しそう。粘土はあとから修正効くけど・・・。銀の作品同様、とんぼ玉の作品のUP楽しみにしています♪

★m♪さん★
とんぼ玉・・・難しいですよ。リカバリーの利かない工芸の為、銀粘土のようにごまかしが通用しません。偶然性も結構左右されますし、短気の人にはまず向かないでしょうね。。。私も短気ですが(^_^;)
私の場合、とんぼ玉は急にやらなくてはならない事情が出来てしまいました。前にも書き込みをしましたが、ある人から「8月末までに、とんぼ玉をトップにしたリングを20~30個作って下さい」という依頼があったのですが、将来的にも良い話ですし、相手が信用ある人だったので、その依頼を受けてしまいました。
そんなわけで、私は是が非でもとんぼ玉を始めとするガラスワークを短期間で身につけることを義務付けられてしまいました。
彫金と二束のわらじをかなりハードなのですが、頑張っていきたく思います。

とんぼ玉っていっても、もうガラス工芸のような域なのですね。
どう見ても私にはどうしたらこういう風に作れるのか?
分かりません (T_T)
昔とんぼ玉にも挑戦してみようと思った事もありますが、
今はアートクレイに日々頑張るのみです 。

★shionさん★
本当にそうですよねぇ。私もどうしてこんなに上手に作れるのか不思議です。
私の通うジュエリー教室には、銀粘土コース、彫金コース、ワックスコース、CADジュエリーコース、とんぼ玉コース、そして何でもありのフリーコースがあります。
私は銀粘土コースを卒業後、暫くフリーコースに在籍し、それから去年の3月より彫金コースに席を置くようになりました。
とんぼ玉コースの先生は彫金コース、銀粘土コースの兼任講師でもあるのですが、専門はとんぼ玉です。
この先生、日本でも有名なとんぼ玉の大先生の一番弟子に教わったという経歴があり、ガラスに関してはかなりの実力者です。
shionさん、私の通うジュエリー教室にとんぼ玉習いに来ません?(^_^;)

こういう形のものも「とんぼ玉」というのですか!
私は…丸いものだけだと思っていましたので、驚きです★
ガラスの透明感って石の透明感とはまた違った趣で好きなんですよ♪
いつかとんぼ玉との組み合わせてアクセサリーを作ってみたいんです。

★mika*さん★
厳密に言うと、これは「とんぼ玉」ではありません。しかし、とんぼ玉を作る前段階で身につけなくてはならない技術なのです。
この作品のポイントは
●ガラスに対する温度差をなくす訓練
●ガラスを溶かしすぎない訓練
●必要な箇所に炎をあてる訓練
となります。
数年前、教室の展示会で色違いの葉っぱを40~50個作って、プラスチックの枝に引っ掛けて展示していた生徒がいましたが、反響が凄かったです。
とんぼ玉教室というと御幣があるかと思いますが、実際には「ガラス教室」といった方が良いかも知れません。
とんぼ玉制作で使用するバーナーと棒ガラスを使用してのレッスンとなります。

そうなのですね、なるほど…。
とんぼ玉を作るのに必要なバーナーワークやガラスの温度管理(?)を身につけるレッスンなのですね。
難しそうです…でも楽しそうです♪

★mika*さん★
とんぼ玉教室のガラスは、アートクレイのガラスフュージングなんて比べ物にならないくらい、高度な技術が要求されます。
ちなみに私の通う教室のコースでは、課題は20まであります♪
これを8月末で終了の予定。。。というのも9月から3ヶ月間、ガラス教室は休校となるからです(先生が休職の為)
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。