スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四角い箱なのに指輪?Σ(゜□゜;

昨日の彫金教室で制作していたリングです。 まだ完成にはもう1日要するのですが、ここまで仕上がりました。7面体のリングです。 「箱もの」の課題だけなら、これでOKなのですが、一応教室の先生には「彫り留め課題の作品です!」と宣言している為、これに4つの天然石を「伏せ留め」にて留める予定です。 ごついリングに見えますが、中は空洞になっているので、意外と軽い作品です。 再来週土曜日で完成させる予定。 この作品を完成させたら、正式な「箱もの」課題を行おうと考えていたのですが、その課題にあるプランを組み込もうとしたら、その前に習得しなくてはならない課題に遭遇してしまいました。 その為、5月からはその課題に取り組む事になりました。 それは・・・「杢目金(もくめがね)」です(^_^;) 杢目金とは何か?それは追々お話しましょう。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

出来上がりが興味津々のshionです。
シリンジ?行ってきました。
なんだか手に負えない代物でした。
刻さんの言うとおり難しかったです。
切れたり、太くなったり、先生と四苦八苦の2時間半。
本来なら2時間のところ延長でした。
はっきりいって出来上がりに自信のない作品1号になりそうです。
次の課題もコルク粘土でコネコネして奴の出番なので、
テンション低い私。
先生と刻さんの話をしたかどうか?は想像におまかせします(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

★shionさん★
シリンジは私もあまり得意な方ではありませんが、あの課題って確か最初は練習に真鍮を使っていたはずです。
私は練習に2~3日かけていました。ですのですぐにはシルバーのシリンジを使わなかったです。。。
シリンジのポイントは「置きにいく」という感覚を常に持つことです。先にノズルから出して宙で垂らした状態にし、目的のラインに向かって「なぞる」のではなく、「載せていく」もしくは「置きにいく」という感じですね。
「リーフモチーフの透かしペンダント」は確かにかなり手強く、13課題の中でも屈指の難易度なんですよ。挫折して銀粘土嫌いになる人の多くが、あの作品なんです。
・・・何日かかっても良いので、じっくり腰を据えて作業されては如何でしょう?(^_^;)
むしろ次のコルク作品の方が楽だと思います。
え~と彫金作品に関してですが、画像のものは見えにくいかと思いますが、実物は鏡面仕上げにまで仕上がっています。
これは去年の年末にデザインを起こし、今年の1月下旬より隔週土曜日に制作している作品です。3ヶ月目に突入しています。
「箱もの」の多くはペンダントとかオブジェとかキーホルダーになるものばかりで、指輪というのは少ないみたいです。
「箱もの」の本番はもっと手の込んだものを考えているのですが、その試作品として別の課題の中で、「箱もの」の指輪をどうしても作ってみたくなり、今回の「彫り留め」の課題に組み込んだ次第です。
私の作風はよくいえばアールヌーヴォー調、悪く言えば「きちっとした規則性のある作品が作れない」デザインという事を教室で指摘されています。自分でもその気になれば「幾何学的な作品」が作れることを証明したく、敢えて指輪でこのようなデザインにした訳です。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。