スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスチョーカー「旋風(つむじかぜ)」

彫金に専念する直前の4ヶ月間はガラスフュージングを専門にやっていました。 これはその時の一品です。 黒いガラスの上にクリアーベースのガラスを載せて焼成しますが、その間に金箔を挟み、オーバーレイペーストを黒いガラスに塗り、更にクリアーガラスの上にも塗っていくと、こんな感じになります。 旋風が吹き、枯葉と鳥の羽が舞っているイメージです。銀粘土は模様のオーバーレイ・シルバーペーストと手製のバチカン部分のみ、あとはガラスです。 ある意味、グラス・ハーモニーですね。こんな感じの作品を4ヶ月間作っていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらのガラスフュージングもとっても素敵ですよ~~
刻さんもフュージング習われてたんですね。
上にも下にも施された、シルバーペースト模様がガラスをとても立体的にみせてますね。
すばらしい~~♪

★yuka.pさん★
このチョーカーは、金箔を挟んでフュージングしたらどうなるか?という事を実験したものですが、黒いガラスの上に金だけでは面白くないと感じ、オーバーレイ・シルバーペーストを使用して模様を描いてみました。
通常のシルバーペーストでは焼成時に上手く接着出来ないので、水性粘土のオーバーレイペーストを使用しています。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。