スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェル・パール・リング

珍しく失敗作を・・・(ーー;) インストラクター資格を取得する際は、「純銀製のアクセサリー」というテキスト3冊を使用して課題を取り組みますが、3冊目のテキストで最終課題の「スティック・ブローチ」を制作する事になります。 あの課題は、本来リューターを使用しての彫金ワークを学ぶものなのですが、授業ではリューターを使用せずに合成石用の穴をピンバイス(「リーマー」と呼ぶ人もいます)で空けます。 この彫金ワークを学ぶ課題は他に2つあるのですが、そのうちの一つがこの「エンジェル・パール・リング」です。 教室で「オリジナリティ出しましょうよ♪」というインストラクターの悪魔の囁きに唆され、翼に躍動感持たせようと螺旋状に捻って波立たせた形にし、少し大きめの形状にしたら、「ナメクジ」になりました。 _| ̄|○ 40作品を作る、という私の通う教室でのオリジナルコースだったのですが、実はこの「エンジェル・パール・リング」を作るのは私が最初らしく、インストラクターの先生も作ったことがないという事実が後日発覚Σ(゜□゜; 結局知ったかぶり状態で教わってしまう羽目に陥り、テキストには、リューターで翼に溝を彫り、焼成後に出来る溝部分の白いすすを活かして制作、と記載されているのに、先生が「バレル研磨しなくてはなりません」と、これまたいい加減な指導方法に従い、研磨したら、しっかりと白い部分が全部取れてしまいました(ーー;) 「い・・・いぶすしかない」とっさに私はそう思い、いぶし液に瞬間だけ浸け、すぐ取り出すことにしました。浸けている時間は1秒足らず。。。 すると溝は山吹色に変色した状態でいぶされました(^_^)v でもこれ号数は20号。こんなデカイ号数のパール付きリングなんて誰が身につけるのでしょうね? 男性は普通パールのリングなんてしませんし、よほど太ったマダムでないと身につけないでしょう。 という事で「お蔵入り」した悲劇の指輪です。。。 「ナメクジ・パール・リング」とでも呼んで下さい~(ノ≧皿≦)ノ ===┻━┻
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。いつもBiLOG(シルバーアクセサリー)を楽しく拝見させて頂いています。
もっか、アートクレイシルバー勉強中で次回あたりにスティクブローチに挑戦しようと言う者でございます。
まだリューター持って無くてどうすんだろ?って思っていました。
解決しました~ありがとう。 
審査課題にもなってる13号リング・・・ 
太ったマダムのわたくし・・・小指にしか入りましぇ~ん。(T_T)/~

★mari3mamaさん★
いらっしゃいませ~(^_^)v
スティック・ブローチ・・・意外と難しく無いですよ。ただあの作品で、合成石を留める技法は、この後の審査課題「リング」で指定される技法です。
でも、でも一番重要なのは、合成石を床に落とさないことです。
これが頻繁に落としてしまうんですよ~
しかもホワイト・ジルコンだとか、アクアマリンだとか、グリーンスピネルとか床に落とすと見つかり難い淡色系の石なので凄く大変です。
「石落とした~」
「何々?何の石?Σ(゜□゜;」
「ホワイトジルコン~(T_T)」
「ぎょえ~!皆で手分けして探せ~!!!」
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。