スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉っぱのブローチ「生と死と・・・」

資格取得して1年後に、審査作品のブローチをデザイン一新して作ってみました。 審査作品では、シリンジが満足に出来ていなかったのと、風車タイプのブローチ金具が使えなかったデザインの為、心残りがあり、この金具を使った作品をどうしても作りたかったのです。 実は私は、風車タイプのアートクレイ専用ブローチ金具が大好きなのです(*^_^*) 滅多にブローチ作らないけど。 葉っぱの形の作品は数多いと思いますが、これはバングル用木芯棒に斜めになるように銀粘土を載せて作っている為、湾曲した流線型の作品に仕上がっています。モチーフは「枯れた葉っぱに雨水がかかっている」ブローチです。 よく学校の理科室に人体模型がありますが、あれを植物に応用したら、こんな感じかな?という事を思いつき、片方は枯れている事(シリンジで大き目の透かし模様を実現)で「死のイメージ」を、もう反対にはペアシェイプタイプの合成石アクアマリンを石枠で微妙に配置させ、雨滴が流れているように見せる事で「生のイメージ」を出してみました。 しかも、「生のイメージ」面は葉脈を彫り込んでいます。 透かし模様の真裏に厚めの土台を作り、ガッチリとブローチ金具を埋めています。 全体に鏡面仕上げにしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あ~、きれい。
わたしも審査課題は葉っぱのブローチでした。
キラキラしてますね。
ペアシェイプの合成石が、とても効いてる!!!

素敵ですね~ (*・ ・*)
個人的に私は葉っぱのモチーフは特に大好きです。
審査課題・・・「オリジナリティ」の一言が重くのしかかりますが^^;
頭に描けたものを時自分の「手」で形にできるように精進したいと
改めて思います。
いつも素敵な作品を拝見できて嬉しいです!
ありがとうございました♪^^

★みれいさん★
この作品作る際、実際に公園で葉っぱを拾っては穴の開く程、ジ~ッと観察しました。
枯れ葉は作ってみたいモチーフでしたが、これだけだと面白くない。在りそうで無い、無さそうで在る、そんなデザインで且つ重みのありテーマで取り組んでみたいと思い、このような作品になりました。
ペアシェイプカットの合成石・・・今まで使ったことがありませんでした、結構難しく感じました。
金具の位置は、審査時に酷評された点をとことん注意しながら作りました。バランスを考慮し、全体の1/3の高さにある位置に配置しました。
実物は結構大きいです。
★sayaさん★
審査課題制作の時だったら、この作品思いつかなかったでしょうし、技術的に未熟だったので多分、こんな完成度の高い作品は出来なかったと思います。
審査課題のリングやペンダントは結構チェックのポイントが細かいのですが、このブローチはチェックポイントが少ないのです。
 ●平打ちの形状から作る。
 ●シリンジを使用して「透かし模様」にする。
 ●アートクレイ専用ブローチ金具を使用する。
これだけを確実にクリアすれば良いのですが、実はリング、ペンダント以上に総合力(オリジナリティと置換しても良い)を判断材料にしているようです。
そのくせ、デザインに迷うんです。大体が昆虫か植物になってしまうんですよね。。。
それ以外のモチーフを思いついたら、逆に、その時点でオリジナリティはクリア出来るんだと思います。

私も審査課題ブローチは葉っぱでしたよ~
考えることはみんな一緒なんですかね^^;

★shertonさん★
やっぱりシリンジを使った透かし模様のブローチという事になると発想が
似通ってくるのかもしれません。
以前、自分が通っている教室で、
「ガラスにシリンジで模様描いたら透かし模様?」
と御馬鹿な質問をして、周りの人間から思いっきり軽蔑された事があります。
あの時の、突き刺さるような冷たい視線がゾクゾクしました\(,,)\バキッ☆

刻さん、こちらも素敵な作品ですね♪
すかし模様が実に効果的!!(^^♪
私は風車タイプのブローチピン、苦手なんです~~
好きだなんて、羨ましい~~(*≧m≦*)ププッ
>「ガラスにシリンジで模様描いたら透かし模様?」
可笑しくないと思いますが・・・
透けて見えるから透かし模様だと・・・^^;
私もそう思ってますよ。ガラス、透明のだとそういうことにならないのかな?
ガラスもまだ初心者で、道具の事もなにも分かってないんです。(^_^;)
ホント、銀粘土作品とはちょっと遠ざかってますね。
http://pigeon.bilog.ne.jp/usr/pigeon/ha1.jpg
自分のお気に入りは↑です。
shertonさんが私の銀粘土の先生なんですよ~~(*^。^*)

★yuka.pさん★
「シリンジの透かし模様なのでガラスでも大丈夫ですか?」と陽だまり工房から出張されているY城先生(女性)に質問したら
「普通はシリンジだけで透かし模様っていうんですよ♪」って言われました。
>ガラスもまだ初心者で、道具の事もなにも分かってないんです。(^_^;)
>ホント、銀粘土作品とはちょっと遠ざかってますね。
私だって去年の3月から彫金を専門にやるようになったので、シリンジとかペーストとかカチカチになってます。
それでも私は全国セミナーとかコンテストとか参加するように心がけているので、yuka.pさんほど遠ざかってないのかも。。。(^_^;)
私は結構アートクレイ金具に対して好き嫌いが激しい方です。
差し丸カンや、テコ式のブローチ金具は嫌いです。作品の大きさ・重さに左右されて脆くなるこの2つの金具がどうしても苦手です。ペンダントなら2箇所からガッチリ固定でき、作品の真裏に完全に隠れる裏付けバチカンの方が好きですし、ピンが変形しない風車タイプのブローチ金具の方が好きです。
それにしても・・・
shertonさんがお師匠さまΣ(゜□゜;
そうだったのですね。卒業後もサイト上で意見交換出来るなんて羨ましいです。
yukiさんもお師匠様のみれいさんとサイト上で交流されてるし。
その点、私なんて師匠はあまりこういうサイトには熱心ではないんですよ。羨ましい~(>_<)
yuka.pさんのお気に入り。。。早速拝見しにサイト伺いますね♪
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。