スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純金のリング

まだ今みたいに金や銀の値段が高騰する前、そしてアートクレイ・ゴールドペーストが販売される前に制作したリングです。 インストラクターになる為の課題には、「コンビネーションリング」というK22金と純銀を組み合わせたリングがあります。そして課題から完全に外れますが、テキストには参考としてK22金だけで作るリングが紹介されてします。 私の通っているシルバーアクセサリー教室の銀粘土のコースには、通常の13課題で構成されたコースの他に、テキストの中に紹介されている37作品を制作するコースがあります。 13作品以外に取りこぼした課題の中には極めて重要な技法もあり、これを知らなくてもインストラクターとしてはやっていけるとしても、本当なら経験しているべき技法である、という考え方を持っている教室で、このリングもその課題の一つとして避けては通れない課題でした。 私はこの37作品のコースの生徒でした。なので、「とんがり帽子」とか「マスキング」とか知っているのです。 このリング・・・当時はゴールドペースト自体、存在していなかったので、粘土を少量手に取り、水で溶いてペーストを自作します。パーツを幾つも作り、木芯棒に貼り付けて乾燥させます。 使用している合成石はピンクルビーのカボションカット5ミリ(相田化学では、もう販売していないタイプ)です。 テキストでは10g使用と書いてあります。ちなみに2万9千円也Σ(゜□゜; ところがペーストが足りなくなり、さらにパーツが足りなくなりΣ(゜□゜;Σ(゜□゜; 5gを買い足しする羽目になり、計4万4千円也Σ(;゚□゚;;)Σ(;゚□゚;) Σ(;゚□゚;) 今後制作する事は絶対無いでしょう。頼まれても作りたくありません(T_T)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

44,000えん~@@ それだけ投資するならテキストのままでなく、せめて好きなデザインで作りたいですね~>o<
コンビリング、なぜか嫌々作った思い出しか無く^^; そのせいか仕上がりもあまり好みでなくて、すっかり引き出しの奥にしまわれている可愛そうなリングです。明日にでも取り出して磨いてあげよう・・・。

Mihoさん。
この作品、金額のプレッシャーに押し潰され、
「10gで作るんだ10gで作るんだ」と気をつけていたら足りなくなりました(T_T)
普段の私なら他のデザイン思いついたかもしれませんが、流石に無理でした。
というか他のデザインにしたら尚更、ゴールド使いそうです。
何とか完成させたら、教室の先生が
「私はシルバーでしか作った事ありませんよ」
とシレッと言ってました。
自分で作ったこと無いものを生徒に作らせるなよ!と一瞬、確かな殺意が芽生えました
Σ( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。