スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨夜陣五郎

週刊ヤングマガジンに「Y十M」(ワイジュウエムと読みます)という時代劇漫画を連載している、せがわまさきという漫画家がいらっしゃいます。 せがわまさき先生の前作は「バジリスク」といい、作家の山田風太郎の「甲賀忍法帖」が原作になっています。徳川家康が三代目将軍を決める際に2人の候補のどちらにしようか考えあぐねた結果、長年いがみ合っていた甲賀・伊賀からそれぞれ10名を選出し、互いに殺し合いをさせ、最後に生き残った方に賭けている三代目候補を正式に将軍にしようとする話です。 伊賀衆の中に、「雨夜陣五郎」という忍がいます。体が塩に溶け、相手の背後に忍び寄り、暗殺するという、術というか特異体質というか、ただの変態というか(^_^;)、そんな登場人物です。 顔中にシミがあり、耳は尖って細長く、頭の毛は薄く、エラが張った顔立ちをしています。 せがわまさき先生のサイトがあるのですが、その管理人「おさき様」は先生の奥様です。 サイトはここです。     ↓ http://homepage1.nifty.com/segawa-page/ 私は、おさき様と知り合いなのですが、この方のリクエストで「ジンゴロー作って♪」と当時(2004年4月)頼まれてしまいました。 私が技能認定士になる数ヶ月前の事でした。 ちょっと(かなり?)特殊なリングで、装着時はこうなります。 「貞子リング」制作に先駆ける事、半年前の作品です。苦悶の表情を浮かべながら、塩で干からびた体に水分を求めようと渇望している顔を表現しました。 この頃から、こんなゲテモノ系の素質が私にはあったみたいです(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。