スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォレットチェーン【桜色のチェーン】

ブログ見ましたよ、ピアノ、凄いですね(*/∇\*)えへっ 彫金コース2回目のOLか女子大生風の女の子(私とは初対面)から、いきなり感想を頂きました。。。 ここのブログが教室の皆にバレるのも時間の問題のような気がする。。。 あ、いえ、別に構わないのですけどね(^_^;) え~、今日、「チェーン」の課題を仕上げてきました。画像では見難いかもしれませんが、銀、金、桜色の三色のチェーンです。      


前回お伝えしたように、喜平チェーンを作っていました。リングの変形を直したり、刻印を打ったりする為の金床が備え付けられている丸太が教室にはあるのですが、その上にチェーンを左手で伸ばしながらプラスチックハンマーで丸カンの合わせ目を地道にガシガシと叩き、大雑把な喜平を作ります。これを58センチ分全部行い、万力のようになっている業務用ローラーに挟み込み、ハンドルを回す事で地金がプレスされるのです。 この道具を使用して、喜平チェーンを作っていたのですが・・・ ・・・ブチッ!・・・・・あっΣ(;゚□゚;;)Σ(;゚□゚;) Σ(;゚□゚;) 潰し過ぎてチェーンが切れました。最初の11センチ目の辺りでです。真鍮の丸カンではなく、銀の方でした。 硬い真鍮は大丈夫でしたが、銀の方が潰れ易く、その為、強度面に問題が生じたようです。。。 ・・・ここまで来て、これですかぁorz 修復は不可能の状態になり、この11センチは切り捨て、残り47センチで勝負する事にしました。。。って、55センチに遥かに足らないので、このままでは、ウォレットチェーンとしては失敗品になってしまいます。 そこで逃げの手を考えました。 チェーンの両端にやたら大きな二重カンがついているのがそれで、このカン、それぞれ直径約2.5センチあります。トリガークラスプの付いている方は更にデザインを一工夫し、二重カンの方に丸カンを取り付ける独立した場所を設けました。これで6センチ程かせいでいます。 また喜平にしているので、丸カン1個1個が伸ばされた状態になっているので、正確にこのチェーンを測ると56センチになっています。 なんとか規定の長さはクリア(^_^)b 今日は珍しく、陽だまり工房の先生3人が勢ぞろい。で、このチェーンをバレル研磨させた後で、御見せしました。 「うぁぁ、ピカピカ~Σ(゜□゜;」 真鍮に火を当て過ぎてほんのりとピンク色になっている部分は、バレル研磨でも色は変わりませんでした。耐水ペーパーをかけると元の真鍮の色には戻りますが。 「う~ん、でもこの三色になっている部分はこのままにしたいよねぇ」 「こんなに綺麗な色なのに研磨して違う色になっては勿体無い!」 先生方が皆この3色の色合いを褒めて下さり、結局、耐水ペーパーにかけるのは止める、という方針になりました。 ・・・結果オーライですね(^_^;) 本当はこの後、ブレスレットを作るつもりでしたが、「課題1つにつき1個」というのが建前になっているので(^_^;)、コース卒業後にフリーコースに移行したらブレスレットを作る事にしました。 残る課題、あと3つ(規定課題2つ、自由課題1つ)。 次は「唐草彫り」です。。。最後の難関になる事は間違いない課題です。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★yuka.pさん★
途中まで順調だったのに、肝心の部分でミスってしまいました。
銀粘土をやっていた頃もそうでしたが、リカバリー技術は相当鍛えられました。
最後の自由課題は、既に何作るか決めているんです。
卒業課題みたいなものですから、一応、「杢目金」を考えています。
作り方は今まで習ったものとは全然違うやり方ですけどね(^_^;)

★akuneさん★
いらっしゃいませ&先日はお褒め頂き有難うございました(^_^)b
そういえば「貞子リング」の事仰っていましたよね。
私、「ブログ見ました」のお言葉で、すっかり動揺してしまい、忘れていました。
そうですか、貞子さんを。。。
もう3年も前の作品なので、私としては結構初期の作品なのですが、akuneさんはあれに御執心でしたか(^_^;)
チェーンは喜平にするところが一番難しかったような気がします。
私は基本的に毎週土曜日に教室に行きます。
お時間が合うようでしたら、今度、貞子リングを御見せしますよ。

刻さん、お疲れ様~~(*^。^*)
ホント、切れてしまった11センチはもったいないですが、
結果オーライですね♪
最後のアイデアといい、とても素敵に仕上がりましたね♪
あと残すは3課題なんですね。
うふふっ、最後の自由課題、どんなのができるかかな~~り楽しみですよ。
頑張って~~♪

こんにちは。いきなり声を掛けさせていただいたOL風の女子(笑)です^^
私もネットサーフィンで「銀粘土・コンテスト」あたりの検索で発見して
「貞子」リングでびっくりしてからちょくちょく覗かせてもらってて
同じ教室の方だと判明して嬉しくなりました♪
そしたら見覚えのあるチェーンが隣にあったのでつい声を掛けてしまいました^^
本当に綺麗で素敵なチェーン(*^ー^*)完成おめでとうございます!

★sayaさん★
このウォレットチェーンでは、デザインをどうするか散々悩みましたが、結局は最もシンプルなデザインになりました。
考えてみたら、単純に丸カンだけを繋げる事が、実は最もロウ付けでは苦労する作業だという事に気付き、「これは連続するロウ付けの作業」を習得する課題なのだから、逃げてはいけない!と思ったわけです。
でもシルバーだけでは地金代も馬鹿になりませんし・・・で、今までお伝えしたとおり、真鍮と組み合わせましたが、バレル研磨でここまで綺麗になるとは意外でした。
色がついたことで、少し柔らかい雰囲気になりましたが、教室では
「女性っぽいイメージのチェーンになりましたよね♪」
と先生方にはなかなか好評でした(^_^)b
途中で切れてしまった丸カンのうち、SV950の部分は、「唐草彫り」の次の課題「スネイクリング」で使用しますので、決して無駄にはなりません。
それにしても「唐草彫り」・・・最後の難関です(>_<)

ブログを拝見する前に、写真を見た段階で思わず 『わーーーー☆』っと
声を上げてしまいました(^_^;)
だって前回と雰囲気がまたまた違うし、見るたびにワクワクしています。
途中で切れちゃったのはとても残念ですね。。
発想の転換って可能性が膨らんですごいと思いました。
完成アップ(経過も含めて♪)、楽しみにしています。
がんばってくださいねヽ(^▽^)♪

★mika*さん★
千切れた瞬間、頭が真っ白になりました。。。で、「こ、これ・・・最初から作り直すのか~?」
と落ち込みかけました。
・・・教室内では平静を装っていましたけど(ーー;)
二重カンをつける計画は最初からありましたが、切れた後でもう丸カンをロウ付けしたくなく、それならばと発想の逆転で機転を利かせました。
そこからが早かったですね☆⌒(*^∇゜)v !
直径何センチにすれば55センチを超えるか、トリガークラスプも大きいものだったので、多少大きなサイズにしても違和感は感じませんでした。
むしろこれくらいの大きさの二十カンでないと、クラスプの方が浮いた感じになってしまいます。
色々な偶然が重なって、結局は上手くいきましたけど、次回は・・・(^_^;)
直球勝負の「唐草彫り」はそうはいかないのでしょうねorz

★toruさん★
まだ実際には使用していませんが、迷彩柄の小銭入れと合体させました。
やっぱり、こういった実用性の高いアイテムは作っていて楽しいですよね☆⌒(*^∇゜)v !
どうやってここのブログを見つけたのか知りませんが、意外と知られているみたいです。。。
大仏さんはネットサーフィンでここに辿り着いたそうです。
銀石さんには教えましたけど・・・もしかして出所は銀石さん?Σ(゜□゜;

ああ~。残念でしたね、切れた時さぞがっかりしたでしょう…
私はよく「ヒヤっ」とした気持ちになったものです^^;
でも、刻さんのリカバリー、すごいアイディア♪
3色になっているなんて…偶然とはいえ、いいですねぇ~!

完成したのですね 早速お財布と合体しているのでしょうね(^o^)
三色チェーン是非見せて下さいね(^_^)b 
教室の人が皆さん読んでいるのですかぁ 刻さん人気者ですね(^o^)

★Mihoさん★
結果オーライの偶然が重なった作品なのです。
火を長く当ててしまったが為に、真鍮丸カンの部分が所々剥げて、銅の色が見え隠れしてしまいました。その銅の色がサーモンピンク・・・というか桜色なのです。
もちろん、通常の真鍮の金色も残っている箇所があります。
真鍮丸カンを作る際に、ロウが流れてしまい、丸カンに銀ロウが付着して除去していません。これが斑模様となり何とも言えない風合いに仕上がっています。
この作品は実物を御見せ出来れば、それに越した事は無いでしょうね。デジカメの画像では絶対に表せない微妙な光沢を楽しめる作品ですv(=∩_∩=)v

画像だとよくわからないけれど、桜色もはいった3色なのですか。贅沢~(´▽`人)
切れちゃったなんて残念ですけれど、さすが!アイデアで克服ですね~。
チェーンのお色、ぜひアップでみたいなぁ^^

★大仏さん★
・・・箱もので「たんすピアノ」という革新的な作品を作りましたので、それが教室中に広がっているのではないでしょうか?Σ(゜□゜;
土日に来ている人は、私の事は知らなくても、箱ものの課題で「アップライトピアノ」を作った人間がいる、というのは噂に広まっているので、それで検索をかけたのかも。。。
この課題、ロウ付け以外の部分で勉強になった事の方が大きいかもしれません。

★bocoさん★
デザインは極めてシンプルですが、それ故に色の部分で余計に目立ちます。
この色で、ちょっと植物っぽいイメージに仕上がったのは、偶然ながらも良い結果になりました。
教室の他の人の作るチェーンとは一味違った仕上げになったみたいで、結構珍しがられていました。
さて、ロウ付けですが、実は極めてリズミカルに行えたので、あまり苦には感じませんでした。
むしろハンマーでチェーンを潰す作業が一番辛かったです(^_^;)
多分、腰につけていれば一発で私と判ると思います☆⌒(*^∇゜)v !

どっからばれたんでしょうね。
私は刻さんのハンドルネーム知っていたので、
簡単に見つかりましたけど(笑)
結構いろんな人が知っているような・・・。
確かにこの3色チェーン、いい色具合ですよね♪

3色のウォレットチェーン、
オリジナリティがあって素敵ですね(*^▽^*)
切れてしまったのはちょっと残念だけど
でも 完成して良かったですね^^
あのロウ付けの苦労が・・・(^_^;)
これからこのウォレットチェーンが刻さんの目印になりますね~。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。