スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【市松模様リングの制作①】地金作り

オーソブライトジュエリーは土曜日&日曜日の午前中の1日半で完成しました。

日曜日は結局、教室に21時近くまでいたのですが、その間は何をしていたかというと、
次の作品に着手していたのです。

市松模様・・・2種類の異なる色の正方形を交互に配置させた、江戸時代頃から存在する
日本特有の模様。これを表面全体に施したリングの制作が彫金復帰第2作品目となります。

教室入り口のショーケースにはこの「市松模様のリング」が展示されています。
「市松模様のリング」は教室のカリキュラムには組み込まれていないものなので、
基本的には学ぶ必要のない作品ですが、彫金コースを卒業し、次のステップに進んだ私にとっては
どうしてもやりたかった作品だったのです。

でも・・・どうやって作るのだろうΣ(゜□゜;

見当もつかなかったのですが、東京・原宿にある「杢目金屋」の元スタッフであり、
現在、教室の日曜日専属で教えにいらしている彫金のスペシャリストがいらっしゃるので、
良い機会だと思い、意を決して挑戦してみることにしました。

画像 343

教室に誰が作ったのか判りませんが、1センチ四方の太い銅棒があり、これを3センチ分程頂きました。
これを2ミリ四方の角棒に伸ばします。大体30センチくらいにまで伸びたでしょうか。。。
それからSV950の直径3ミリの銀丸線8センチを用い、同じく2ミリ四方の角棒に伸ばします。

これらをそれぞれ12センチくらいにカットし、銅角棒2本、銀角棒2本を作ります。
そしてそれぞれ1本ずつ取り出し、更に幅1.2ミリの薄さに伸ばします。
外側は厚さ2ミリの角棒を、そして内側は1.2ミリの角棒を、銀→銅→銀→銅とサンドイッチさせ、
からげ線でしっかり固定し、勿体ないくらい大量の五分ロウを載せ、ロウづけします。
裏面も同様に行います。
この画像はその結果なのですが、これだけでは何だか判りませんよね。

杢目金、唐草彫り、そして以前制作した箱物「たんすピアノ」よりも緻密さと根気強さが要求される作品
なのだそうですΣ(゜□゜;

完成は来年1月末もしくは2月中旬予定。
先に紹介した彫金のスペシャリストさんが私の杢目金&唐草彫りの師匠になるのですが、
その師匠から「市松模様のリング・・・2~3点作ったら、もう二度と作りたくなくなる課題ですよ!」と
脅されましたorz

地道に制作過程をアップしていきたく思いますので、お付き合いのほどをよろしくお願いします。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おひさしぶりです。
なんだか大変そうですが、市松模様のリングの制作過程、楽しみにしてますね~。

てへへ

★綺羅星のごとく さん★

お久しぶりです。お元気にされていましたでしょうか?
フリーコースになったので、私も折を見てワックス作品に挑戦してみようと思います。
昔、1回だけフリーサイズのリングをワックス体験で作ったことがあります。
ワックスというと、造形の複雑でボリュームのある作品のイメージがあります。
最近はひたすらシンプルな作品ばかり作ってますが、ワックス制作の際は色々御教授お願いします。

さて市松模様ですが、とにかく細かくて定規で測ったような糸鋸使いが強制されるのと、
繰り返し行われるロウ付け作業に追われる作品らしいのです。

冬だから焚火代わりに、良いかぁ、とか呑気な気持ちで
丁寧に作っていこうと思います。

ぬる~く期待して下さいね☆⌒(*^∇゜)v !

市松模様ですか~これまた手の込んだものですねぇ。
どんな風にできあがっていくのか、楽しみですね♪

お久しぶりです。
お元気ですかぁ~。

年末はお会いできるかと思っていましたが、残念。

私も明日からちょっと別のところで養生してまいります。

刻さん、また大変そうな作品に挑んでいらっしゃるのですね。
どんな風に出来上がるのか、楽しみにしています♪

NO~!

★七緒さん★

市松模様・・・大変ですよぉ。
銀角棒2本、銅角棒2本を交互に並べてロウ付けをガッチリ行い、
しっかりとヤスリがけするのですが、この時点で燃え尽きています。

更に折角ロウ付けしたのに、今度は1.5ミリ間隔に均等に切断します。
昨日、いくつ切断するのか紙面で計算したら・・・

なんと56個のパーツが必要なのです。

それを偶数列だけひっくり返してまたロウ付けするのですが。。。

な、泣きそうですΣ(T□T;

★shionさん★

年末・・・30日まで仕事なのです。
カイトの大会終わってからも元気に過ごしていますよ☆⌒(*^∇゜)v !

今度の土曜日、自分への御褒美にカイト買うんです♪(*^。^*)


きっと年末お会い出来なくても、朝の東西線の某駅で、私の姿が見れるような気がしますよ。

教室でも今回の作品、先生から期待されまくっています。

「プレッシャーかかるから、期待しないで」とは言っているのですが。。。
来年の1月末もしくは2月に完成させたいですね。
今度の日曜日に糸鋸で地金を分解します。

頑張って下さいね~

きっと素敵な作品が出来上がりますよ

年末お逢いできないのが 本当に残念です


リングに市松模様・・・・・。 (・_・;)
せっかちな私には想像もつかない世界ですね~。

刻さんならきっと大丈夫ですね♪
あの箪笥ピアノのときも、プレッシャーに打ち勝ちましたもん(^-^*)b
制作過程アップ、楽しみにしています~☆
(あ、カイトもね~☆)

手の込んだ作品になりそうですね~。
制作過程、楽しみにしてます♪

カピバラさん時計おそろいですね~(´∀`)
ひこにゃん時計があればいいのに・・・。
でも色々問題があって無理そうですよね(´;ω;`)

刻さん、彫金コース再び!なのですね。今度はフリーですか。じゃ、刻さんワールド全開で楽しめそうじゃないですか~^^

>彫金で全部、一から制作してきた人間にとって「キャスト」という
他人の手を介在する技法にはどうしても抵抗あって。。。

あは、何となくお気持ちわかる~^^))
なんてうなずいちゃった

刻さんの職人気質にバンザイ~

私もね、実はクレイの作品に、自分の手のものでない型押しや型どりを取り入れることに、ついつい抵抗を感じちゃうのです。
オリジナルって言えなくなるような。。。って^^;

でもね、ワックスは興味あったりして~。
ワックス=焼成前のクレイ
キャスト=電気炉で焼成
ってな気分で、お勉強したいわぁ、と思っています(´ー`)

刻さんのワックス作品も、相当興味あるんだけどなぁ。
ニュー貞子さんとか、量産 .。oO

きゃ~っっ


★toruさん★

亀レスになってしまいました(~_~;)
終電帰りが続いていたのと、休日も多忙で書き込めないのがあったのですが。。。

実はこの作品・・・失敗したのですよ。

最初の地金作りの段階で、致命的なミスを犯してしまい、
最初からやり直しになりました。

★arrowsさん★

プレッシャーに打ち負けましたorz

この課題、最初の地金作りが上手く出来ないと何やっても無駄になります。
私はその洗礼をしっかりと受けました。

つまり、外側の銀&銅の方が内側の銀&銅よりも薄くなってしまったのです。
でも一部は厚かったり。。。つまり均一になっていないのです地金の幅が。

明日、リトライしてきます。

カイトの方は、自分へのクリスマスプレゼントとして「JJF」の中風バージョンを購入しました。
色は微風用と同じく、灰色&黒です☆⌒(*^∇゜)v !

★bocoさん★

本当に手の込んだ課題です。
地金を作って、糸鋸で分断して、偶数枚目だけを反転させ、1個ずつしっかりとロウづけするのですが、
最初の段階でミスりましたorz

大変ですよ、この「市松模様」は。

カピバラさん時計。bocoさんのサイトで見かけた時、「あ、いいなぁΣ(゜□゜;」と思ったのですが、
突っ込みどころ満載で、ちょっと躊躇してしまったのです。
でも結局取り入れました。

・・・ひこにゃん時計、あると良いのですけどねぇ(*^。^*)

★Mihoさん★

復帰しましたよ~彫金☆⌒(*^∇゜)v !

復帰するからには、ステップアップは当然していかなくてはなりません。
その為の「市松模様のリング」なのですが・・・難しいです。

杢目金の方がどんなに楽なことかorz

ワックス・・・Mihoさんも御想像の通り、実は「貞子」制作は考えています。
その際は、「箱もの」とのコラボでしょうね♪

い…市松模様ですか
また細かい作業の繰り返しのご様子~
制作過程がとても楽しみです^^

お仕事、カイト…お忙しい中で上手に
制作の時間を作っている刻さんはすごいっ!
私も見習わなくてはいけないわぁ。
(すぐに怠けるのよね、ダメダメな私)

来年もまた楽しい作品の数々、面白いお話を
期待してますよ~
良いお年をお迎えくださいね♪

★mika*さん★

何とかリング状にするところまでは出来ましたが、まだ油断できない状況が続きます。
しかもこれは最初の1個目なので精度は低いです。
プロトタイプにしか過ぎないので、完成度の高い作品にするためには
あと2~3個作る必要があります。

何事もなければ、多分1月中にはプロトタイプは完成しそうな雰囲気です(*^。^*)

・・・私の生き様を見届けて下さい。。。
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。