スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だ抜け出せない迷宮の中で

珍しくこの3連休は休日出勤命令が出なかったのと、デザインが描けそうな気がしたので、
久しぶりに彫金教室に出かけました。

長さ6.4センチ×幅1.5センチのサイズの方眼紙に対し、2ミリ間隔の斜めのラインを
ルーペを覗きこみながら苦労して3時間程要して描き、それを地金に対して
糊付けしました。
完全乾燥後にポンチタガネで透かし模様を入れたい箇所の先端2ヶ所ずつ打ち込み、
計16か所の均一な平行四辺形を透かし彫りしようとして、糸鋸作業に失敗しました。

どういう事かというと、透かしにしたい箇所からはみ出てしまったのです。
つまり均一な2ミリの透かしではなく、一部3ミリになってしまい、それに応じて
隣接する本来2ミリで残さなくてはならない地金が1ミリの薄さになってしまったのです。

2009071901000000.jpg

両サイドから中心へと透かし彫りをしているのですが、一部線をはみ出ています。

それがどういう事かというと、1ミリの幅の地金をリング状に丸めようとすると
透かしの箇所がいとも簡単に折れたり、それ以前にガスバーナーの炎で熱する段階で
地金が溶けてしまう可能性が極めて高いのです。

この時点で終了。。。作品制作は頓挫しました。

イメージは沸くけど、実際のデザインに起せなかったり、また起こせたとしても
透かし彫りの時点で失敗したりと・・・良い事がありません。

また3時間強かけてデザインを描き直すしかないのですが、
今の私は月に1回作品制作出来れば、かなり満足、というレベルでしかないので
相変わらず大スランプの現状です。

・・・もう少しデザインの地金の幅を補強する必要があります。

次回は8月末くらいでしょうか。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。