スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彫金引退?

バンブーリング・・・ここまで制作しています。

画像 386

4ミリ程の厚さの銀角線をリング状に成形した後で、8か所の節を作る作業に入っています。

まず、最初に節部分をヤスリで細く磨り出し、次に節の周りを1ミリ以上磨り出していきます。
が、これが地味に難しく、且つ時間がかかる作業です。
銀粘土やワックスならば削り過ぎても、後から盛って何度でもやり直しが利くのですが、
彫金ではそうはいかず、失敗が許されません。。。
完成はまだまだ先になりそうですΣ(゜□゜;

土曜日の朝10時半から16時半くらいまで教室に通っているのですが、
今日、教室に行ったら、いきなり校長先生に呼び出されました。
30分ばかり世間話をしていた後、アクセサリー制作も銀粘土時代を含め、
足掛け7年ほどやっているので、
「そろそろ商売に繋げてみては?」と打診されたのです。

ただ私の場合、ここのブログでの記事にもありますが、1つの作品を制作するのに
3か月~半年かかります。本職の方で忙しくなると更に制作も延びます。

という事を校長先生にお話ししたところ、
「とにかく短期間で量産出来るようにする事を学んだ方が良いですよ」
と言われました。
今通っている教室は、最近教えるだけのカリキュラムから、生徒に如何に「起業家」として
活躍させるかを目指す教育方針にスライドさせているのですが、
教室でもかなり古い生徒である私がいつまでたっても商売に結び付けていないので、
やきもきしたのかもしれません。

・・・もしかして他の生徒や先生から指摘されたのかな?(´・ω・`)

教室の目指す方向性と真逆の生徒がいるってorz

で、何故か「CAD総合コース」とかいうクラスに在籍する事になりました。
来週の土曜日から。

コンピュータを使用してジュエリーのデザインを描き、それをワックスに対し
自動的に削り出し、キャストに出す。
キャストから戻ってきた作品に対し、仕上げる・・・そんなコースです。在籍期間は2年間。

詳細は来週以降になります。実際どんな物を作るのか・・・謎だらけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。