スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウ材わらわらΣ(゜□゜;

9月から毎週土曜日になると、今まで通っていたアクセサリー教室のあるフロア(彫金教室)の
1階上のフロアに顔を出すようになりました。
そこは、下の階のように年中物音がするところではなく、PC15台前後が置いてあり、
キーボードやマウスでのクリック音ばかりがこだまする物静かなフロアなのです。

ジュエリーCADコースを受講するようになると、この物静かなフロアでひたすら
モデリングの勉強を行う事になるのですが、実は週1ペースで課題を消化していました。
リング3つにペンダントトップ1つ、です。

とはいえ、銀粘土や彫金作品のように「今日作品が出来ました♪」なんてわけにはいかず、
モデリングしたデータから、まずロウ材に反映して頂く作業が2~3週間かかり、
そのロウ材を耐水ペーパーで丁寧に研磨した後にキャストに出すと、そこから更に1~2週間の
時間がかかります。

その工程の第一弾として、ロウ材が出来あがったので、本日の授業の終わりにロウ材を
受け取りました。

ペンダント以外の3点が今回手渡されたロウ材です。

画像 388

手前の緑色のワックスのうち、左側が最初の作品で平打ちリング(11号)です。
「リングに溝を入れる」という課題でモデリングしたものです。
右の緑色のものは、「立ちのある甲丸リング」の課題でモデリングしたもの(11号)です。
最後に黄色いワックスですが、「波甲丸リング」の課題でモデリングしたもので、
通常の甲丸リングを捻じって変形させたリング(18号)です。
今通っているコースのカリキュラムは、
1.「テキスト課題」として23課題をモデリング
2.「テキスト課題」で身に付けた知識を基に、自分で新たにデザインしたものに対し、
  モデリング後、それを地金にまで具現化する「オリジナル課題」が20課題

の2部構成になっています。
オリジナル課題はテキスト4課題目から付随しています。

最初の平打ちリングでは知識が全く無かったので、溝の深さや幅を変えるに留めたものを
「オリジナル」にしています。
残りの2つについては溝を入れることはテキスト課題そのものには触れていないのですが、
「どうせなら」と思い、溝を入れてみました。

今度の土曜日中に耐水ペーパーでの研磨作業を終了させ、キャストに出す予定です。

さてどんな感じになるやら。。。
スポンサーサイト

テーマ : 天然石・パワーストーン、アクセサリー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。