スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそもCADを始めた理由

珍しく昨日からの連続投稿になります(~_~;)

CADを始めたのは9月第一土曜でした。
8月末までは彫金をやっていたのですが、当日、教室に出向いた時に
いきなり校長先生が雑談をしたのがそもそもの始まりでした。

「最近どうですか?」のと問いに、「体調面で良くないです」と答えたのが
CAD開始の最初の動機でしょうか。。。
GW前に倒れたのは以前お話ししましたが、元々頭痛持ちで、
彫金のロウ付け中に症状が出る事が一度や二度ではなかったのです。
それに長年の右手首腱鞘炎もあり、実は力作業が厳しくなってきていたのです。

あと彫金作品1つ完成させるのに3ヵ月かかるのは非効率ですし、
段々彫金等の手作り作品では無理があるデザインにここ最近は取り組んでいるのも
あります。

・・・校長先生が長々と話しかけてきたのは、「ハワイアンジュエリー」に
私を引き込もう、という誘導計画かと最初感じていました。
私、彫り物好きですし、彫金やっている頃は、「杢目金」と並んで一番多く
取り組んでいたのが「唐草彫り」でしたから。

で、教室に来ない休日の日の私の動向について質問が及び・・・
「葛西で相変わらずカイト飛ばしています」と話しました。
実は私をカイトの世界に引きずり込んだのは、この校長先生なのでした。
本人は色々多忙で、この趣味をしなくなってかなり久しいのですが、
私はコンスタントに今まで続けていたので、驚かれていました。

「カイトのアクセサリーなんて面白いんじゃないですか?CADでだったら表現可能ですよ」
「彫金は体調の良し悪しで、作品制作に影響が出ますが、CADは体力要らないです」
「もちろん手作りも良いですが、作品を展示した時、CADと手作り作品の差は歴然と出ます」
といった話に発展し、一つ上の階のCADクラスのフロアに連れて行かれ、
校長先生が「ライノセラス」というCADソフトでサクサクっとカイトのモデリングを
したのでした。

それから何故かCADクラスへの編入手続きがスムーズに行われ、
今に至っている、というのが真相です。
考えたら私、一度も自分から「CADやりたい。やらせて下さい」
と言った覚え無いんですよね。。。
とはいえ作品の幅が広がる、という意味では良かったのかも。
現在展示会に向けて作成中の「波甲丸リング」・・・今まで作ったどのリングよりも細いかも。
それでいて、PCでモデリングしただけあり、作品のラインが綺麗なんですよ。

今度の土日は用事があるので、次の土曜日に作品制作に出かけます。
例の3作品の仕上げに、展示会の作品のロウ材研磨。
そして正規のカリキュラムでは、「外部データ(BitMap)を撮り込んでのモデリング」
が待っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。