スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟の事(その4)

警察というところが本当に「縦割り社会のお役所体質」だと、今回痛感しました。。。

11/2の朝9時過ぎに弟の遺体を取り調べた亀有警察署に電話をしました。
弟は足立区綾瀬1丁目と2丁目の間に突き出た「葛飾区小菅4丁目」の路上で倒れました。
・・・小菅とは、あの「死刑囚・宮崎勤」や「元俳優・押尾学」、「ホリエモン」等が収容されていた
「東京拘置所」が所在する町名です。

「弟さんは現在、大塚の監察医務院に安置されています。遺体はまだ解剖されていないと思いますので、
解剖前にお引き取りされるか、解剖に立ち会われるかは監察医務院にて御問い合わせ下さい。
お引き取りされる際は、死体検案書と共に火葬許可書が必要となります。
現在担当の者は夜番でもう帰宅してしまっていますので、警察に出署しましたら書類を取り寄せます」

弟と9年ぶりの再会を果たしたのは、東京都文京区にある「大塚監察医務院」だったのですが、
自殺死体、殺害死体や、身元不明の変死体、そして病院に搬送される途中の救急車内で亡くなったり、
病院で手術後でも1時間を経過していない場合、遺体は病院預かりではなく、監察医務院送りとなります。

つまり病院で手術を行ってカルテを記述しない限り、「うちらは責任持ちませんよ、遺体は警察で引き取って下さい」
・・・と悪い言い方をすると、そうなるわけです。

監察医務院に送られると、遅くとも一両日以内に遺体解剖されます。死因を明らかにする為なのですが、
よくテレビの刑事ものドラマでしか見られず、私には一生無縁の出来事を体験する羽目になりました。

11/2の朝に警察に電話したのですが、遺体は既に10/31に済んでいました。。。
葬儀屋さんが昼過ぎに自宅近くにいらしたので、葬儀屋さんと相談の上、亀有警察署に電話しました。
亀有警察署に出向いてから大塚監察医務院に出向くのは時間がかかるので、直接書類を医務院に届けて下さい、と。

葬儀屋さんは手回しよく、既に棺を車内に用意していました。弟は身長183センチ、体重90キロを超える巨漢なのですが、
それでも十分に入る特大サイズを用意して下さいました。
そして大塚監察医務院に行ったのですが、監察医務院の受付の態度が非常に冷たく、
「書類がないとお引き取りできません」の一点張り。
亀有警察署に電話を何度も繰り返ししましたが、「担当が捕まらないので書類を届けられない」
「担当の人が書類をどこにおいているのか判らない」等、のらりくらりとした返答が返ってくるばかり。
すぐに遺体を引き取れると思っていた葬儀屋さんも困った表情で、「とりあえず棺を車内から出して準備だけしましょうか?」
とは言って下さいましたが。。。

そして準備した棺を見た瞬間、監察医務院の人間が、皆何故か蒼ざめて、
監察医務院の一番偉い人が「とにかく早くお引き取りする手配を進めて!書類が今なくてもFAXで構わないので
遺体検案書を取り寄せて下さい!」と叫び始めました。

・・・何故?

亀有警察署に電話したら「FAXの使い方が判らない」とまで言う始末。信じられん。。。
監察医務院の一番偉い人が亀有警察署の職員を一喝し、FAXが送られてきました(使い方知っているじゃん!)

実は、棺が今まで見たことのないビロード製の最高級のものだったそうで、それを見た監察医務院の職員が
「こんな棺、代議士の息子クラスでないと使われない。こんなところでグズグズしていたら、どうなるか
判らない」とでも誤解したらしく(私は代議士でも何でもございません)、そういう方向になったのです。

これは物凄い偶然なのですが、葬儀屋さんの所有する棺が当時、その最高級の代物しか残っていなく、
時間の猶予もなかったので、その棺を使用したのでした。

友人葬という言葉を初めて知ったのですが、火葬を格安で行う方法らしく、立ち会う人数を10名以下に抑え、
部屋を取らないで行う方法だそうで、これを行えるのは1日に1回のみ、という限定の方法なのだそうです。

もう秋でしたので、すぐに火葬を行わなくてもドライアイスで遺体がもつ、という事から
遺体引き取りを行って火葬は7日(日)に行うことになりました。

ただこの時、久しぶりに弟に再会しましたが、私には悲しみは一切なく、あるのは憎しみだけでした。
「借金ばかり繰り返し、色々な人に迷惑をかけて、その最期がこれか!誰がお前のために涙なんか流すか!」と。

とりあえず11/3に弟の遺留品と火葬許可書を受け取りに亀有警察署に行くことになったのですが、
この日が私にとって人生を一変させる日となったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。