スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟の事(最終話:宿命転換)

東京で最も有名な火葬場の一つである「落合斎場」は私の自宅から徒歩で行けるほどの距離です。
嘗ては告別式で高額な費用をかける傾向にありましたが、最近は家族葬、友人葬といった方法を取り、密葬とはいかないまでも、参列者は必要最小限に留めて費用を抑える傾向にあるようです。
通常、斎場では参列者のためにお座敷を借りて、火葬の待ち時間をそこで費やすのですが、
参列者を10名前後に抑えてしまえば、お座敷を借りず、ロビーでの時間待ちに留める事が出来、
費用を抑える事が出来ます。
更に今回初めての事なのですが、創価学会絡みの葬儀となるので、僧侶を呼ばず、学会員だけで
御題目を唱えるという方式をとる事となりました。
御題目とは「南無妙法蓮華経」の七文字を言い、これを長時間唱えるのです。

斎場での告別式を済ませ、弟の遺骨を持って帰宅後、自宅で告別式を行うことになりました。
僧侶代わりに東京都足立区綾瀬地区の支部長が務めて下さり、法華経の第2章「方便品
(ほうべんぽん)」、第16章「如来壽量品(にょらいじゅりょうほん)」を参列者全員で
唱える事になりました。
とはいえ、私には今まで法華経は全く無縁だった為、何の事かさっぱり判らず、小声で御題目を
ぶつぶつ唱えるのみ。。。

支部長さんがこのように仰いました。「今回弟さんは短命で亡くなりましたが、『宿命転換』により、
その宿命を身を以て断ち切ったのです。お兄様は短命という事はあり得ませんので、御安心下さい」と。

何のことか当時の私には判らなかったのですが、日蓮宗の開祖、日蓮大聖人が御弟子さんに託した手紙(これを『御書』というのですが)の中に、「佐渡御書」という章があり、
「過去世の行為が因となり現世の結果となって現れる。これを因果応報というが、法華経を信じ、守り、弘めていく、という実践によって今世のうちに転換していくのが、『宿命転換』である」のだそうです。
弟は亡くなる直前の2年間で法華経を信じ、念じてきたので、短命という宿命を転換した、というのがその趣旨のようです。

・・・本当かよ、とは思いましたが、素直に信じる事にしました。

7か月経った今も、弟の遺骨は仏間にあり、私はそこで寝起きし、朝晩は法華経を唱え、1日のうち、最低1時間は御題目を繰り返し唱える生活を送っています。
(よく四十九日や百箇日目に納骨するものだ、という通説がありますが、実際には決まりはありません。十三周忌を迎えてから納骨する家庭もあります)
浄土真宗の宗派だった頃は信心を怠っていたものですが、まさか自分がこんなに宗教心厚い人間だったとは驚いていますが。。。

この話は今回で終わりに致しますが、この時期に弟へのオマージュの意味で考えていたアクセサリーのデザインがあります。
次回はいよいよその作品を紹介したく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。