スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーソブライト・ジュエリー【ちりめん友禅リング】

お待たせしました。本日、彫金課題「オーソブライトジュエリー」が完成しましたので、画像アップ致します♪      このリング、号数は18号、幅1.5センチ×厚さ2.2ミリのサイズになります。 結局最初に購入した赤いちりめんを使用したわけですけど。。。 問題は幅3ミリの溝にちりめんの柄が潰れてしまい、判らなくなるのではないか?という危惧がありましたが、それは心配ありませんでした。 上下の溝に埋め込んだ模様があたかも繋がっているかのように、演出して模様を組み合わせています。 ちりめんシールなので仮留めが出来るのですが、溝に埋めた布に皺が出来ないように、メノウヘラを用いて丹念に伸ばしています。 別の角度からの画像も撮りました。      赤を基調としたちりめんですが、部分部分に薄くピンクが入り、黄色と紫の花柄が入っています。そして画像では判りませんけれど、実は金糸が散りばめられたちりめんなのです。 1.2ミリの溝の中に布を入れていますが、オーソブライトという凝固剤をその上に山盛りにふりかけ、備え付けの液体状の薬品を垂らしていくと、10分で完全硬化します。 アートクレイの教材にも「UV樹脂」というゼリー状の道具があり、紫外線ライトとブラックライトを備えた「UVボックス」で硬化させるテクニックがありますが、硬化速度はオーソブライトの方が遥かに上だと思います。 問題は硬化後の磨り出しなのですが、これが非常に硬く、バローベのヤスリを以ってしても容易くはありませんでした。 ヤスリ掛けが嫌いな人にとっては辛い課題でしょうね。私は「何だ、ブラスワークリングと変わらないじゃん!」という感覚で磨り出したので、苦ではありませんでしたが☆⌒(*^∇゜)v ! 「何か可愛い色使いましたね♪(・・・らしくない・・・ぼそり)」という先生のコメント。 そうですよね、私らしくない可愛い柄ですよね。。。 って、失礼な!Σ(゜□゜; それは冗談でしょうけど、前回の縄目リング同様、頑張ったと思います。 最近のシルバーアクセサリーの世界では、異素材を組み合わせる事が流行っています。UV樹脂、ガラス、七宝、樹脂粘土等があります。これらはカラフルな素材ですが、それはシルバーアクセサリーだけでは色の表現が難しく、燻しのテクニックでも限界があることと、制作する側が飽きっぽくなってしまうこともあり、相田化学なんかは積極的に取り組んでいるようです。 ブラスワークなんかもそうですね♪ それは銀粘土の世界だけではなく、彫金にも当てはまる事であり、今から400年前から、杢目金のように銅を組み合わせていく技法もあることから明白です。 この「オーソブライトジュエリー」もシルバーアクセサリーの新しい表現方法ではないかな?と私は考えています。 ・・・等と、アクセサリーに携わる人間らしく、それらしい事を珍しく語ってみたり何かしてみたりする(^_^;) そして次の課題ですが・・・今までひたすら逃げ続けてきた課題に着手しようと思います。 長期戦必至の課題であるにも関わらず、いまだにデザインが一向に思いつかない非常に厄介な課題なのです。 それは・・・「チェーン」です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★七緒さん★
本当、不思議ですよね。
この課題は、千代紙、ちりめん、革、アクリル絵の具等を使用して、それをコーティングする事でカラフルな作品を作りましょう♪という事を目指すものです。
私の通っている教室では、皆さん大抵がアクリル絵の具か千代紙が多かったのを事前に知っていました。
ブログのタイトルに「和風の作風を求め」なんて大見得切ってしまっているので、どうしても私はちりめんを使う必要があったのです。
加えて、どうせなら燻しでは絶対に無理な色と言う事で、赤を基調とした色で勝負したかったのです。
このちりめんの柄は、赤&ピンク&紫&黄色&金の5色がバランスよく配置されているので、他にも候補はありましたが、最終的にこの柄を洗濯しました☆⌒(*^∇゜)v !

★はうちぃ。さん★
そうそう、まさに、はうちぃ。さんのご意見どおり、教室の人達(彫金コースでなくてフリーコースの人達)は教室内にある「カラーエポ」で済ませています。
その方がお手軽なのは確かなんですよねぇ(^_^;)
ただ、私の場合、彫金コースの生徒なので、課題としてオーソブライトを使用しなくてはならなかったのです。
でも仕上がりは凄く綺麗な作品ですよ♪

★Mihoさん★
箱もの「たんすピアノ」は突き抜けて次元の異なる作品ですから、あれを完成した事で何か怖いものがなくなったのは事実です。
このオーソブライト・ジュエリーは過去の技法の応用で作れるですよ、土台自体が。
この課題の真の大変さは、オーソブライトが硬化した後の鬼のような研磨作業に尽きます。
バローベのヤスリで銀肌が出るまで大雑把に磨り出し、それから耐水ペーパーを使用しますが、これがまた大変。
#600→#1200→#1500→#2000の順番に番手を上げていくわけですが、これがなかなか上手くいかないのです。
それでも私が研磨を開始したのは土曜日の正午~16時までの4時間。
最初の1時間で棒ヤスリが終了し、残りの時間で均等に4種類の耐水ペーパーを使用しました。
多分UV樹脂よりオーソブライトの方が、強度は上のような気がします。

かわいらしい感じのリングになったんですね♪ふふふ。
それになんだか美味しそう^^
次はチェーンですかぁ。
超ごっつい大物を作って欲しいです(。-∀-)ニヒ♪

★bocoさん★
・・・美味しそう(^_^;)
そういうご意見は初めてでしたが、よく見れば確かに飴っぽいですものね♪
綿菓子とか、金平糖とか。。。カラメル掛かったちょっとレトロな砂糖菓子というところでしょうか?
ところでチェーンですけど。。。
>超ごっつい大物を作って欲しいです(。-∀-)ニヒ♪
え~残念ながらm期待には応えられそうにありません。なぜなら、この課題に関してはbocoさんの御考えと正反対のもの・・・つまりとことんシンプルなものを考えているからです。
それに、ごついものを作ろうとすると数万円の地金代が飛ぶと思います。
出来るだけコストダウンを図って、頑丈なチェーンを作ろうと考えているのです。

なぜか「こんぺいとう」を思い出しちゃいました。
どうしてかしら!?和っぽいから!??
UV樹脂のクリアーって少し黄色味かかった透明で、
あまり好きじゃないのですが、オーソブライトはどうですか?
画像で見ると透明度が高そうですが♪

★mika*さん★
やっぱり和っぽい砂糖菓子は外せないイメージなのでしょうね♪
今までの彫金課題での私の作風とは180度異なる路線です。
ここのBilogにそもそも登録した時の初心表明が「和風の作風」ですので、そういう意味では初志貫徹した課題なのです。
「ちりめん友禅」を使いたかったのも、その拘りからでした。
これ作る際はちょっと時代劇の遊郭っぽいイメージにしてみよう、と企んでいたんです。それでどうしても赤い色のちりめんは外せない、と感じていた次第です。
>UV樹脂のクリアーって少し黄色味かかった透明で、
>あまり好きじゃないのですが、オーソブライトはどうですか?
mika*さんもその事について、感じていらっしゃいましたか(^_^;)
実はその事で、教室のクラスメートであり、ここのブログに最近コメント下さっている銀石さんも同様のことを言っていました。
オーソブライトは非常に透明度高いですよ。実物を御見せ出来ないのが残念ですが、もし実際に御見せする事が出来たら、その透明度の高さにビックリすると思います☆⌒(*^∇゜)v !

シルバーに赤系の色も良い感じですね
生地の上に透明の固まるのが乗っているのですね(^_^)b
次回のチェーンのデザインはどなのに成るのかなぁ~(^o^)

友禅の模様を改めて拝見しましたが、印象がまた違って不思議&素敵ですね♪
オーソブライトっていう素材のことはこちらで初めて知りました(興味深々)。
バローベのヤスリでも苦労されるほどの固さってちょっと大変そう。
それでもこんなに綺麗に仕上げられるんですね。 刻さんさすがですっ☆

完成しましたねぇ~!綺麗ですね♪
異素材で一つのものができるって
なんか不思議な感じがしますけど、
世界が広がるからデザインも広がっていきますね。

綺麗で可愛いですね~☆
「オーソブライト」面白そうですね。
でもそんなに硬いのかぁ・・・。
じゃあ、しばらくはカラーエポでいいや(笑)。

おお、もう仕上がったのですね~。ピアノのご苦労を見ていたせいか、
「やっぱり刻さんにはおちゃのこなのね~♪」なんて思ってしまいました^^;
オーソブライトってそんなに硬い素材なのですか~。
じゃぁ傷もつきにくくて、美しさ長持ち?ですね^^

★toruさん★
覚醒剤みたいな(をい!)「白い粉」をちりめん友禅の上に山盛りにし、何か不明の水分(水道水では無いです、きっと)を数滴垂らすと、即効性の硬化が始まるんです・・・オーソブライトって。
最初は白い膜状のものが表面に張った感じで硬化完了となるので、
「本当にこれ、透明度の高いものになるの?柄はクッキリと出るの?」と半信半疑の状態で作業していました。
え、えーと、チェーンですが(ーー;)、まだデザインが決まりません。
教室には過去作品の写真がアルバム化されて、閲覧可能な状態になっているのですが、それを見てもイマイチ決まらない状況に陥っています。
それどころか何を作るのかも決めかねている状態でして。。。
チェーンの課題ですと、ブレスレットorウォレットチェーンorネックレスのいずれかになるのでしょうが、それすらも決まらず。。。
・・・こんな事初めてです。どうしましょうかねぇ(>_<)

★sayaさん★
私も教室で初めて知ったんです>オーソブライト。
歯科の世界で歯形か何かを作る為の凝固剤らしいです。それを利用して非常に強度のある作品を作るのが今回の課題です。
画像は安物のデジカメ(NIKONのCOOLPIX)を使用しているので、こんなボケたものしかアップ出来ませんでした。
ガラスカテゴリーの第一人者yuka.pさんのデジカメだったら、高性能な画像を御見せ出来たのでしょうけどね。。。
バローベのヤスリで削り難いということは、多分ブラスワークよりも削り難かったんだ・・・と御理解頂けると判り易いかもしれませんね(^_^;)
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。