スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと完成!キャトルリング

日付が変わってしまいましたが、11日(土)に業者にメッキ依頼をしたリングが
戻ってきました。



画像では反射しているので判り難いかもしれません。
手前の部分から、

イエローゴールド(K18金)
ロジウム
チョコレートゴールド
ピンクゴールド

の4色のメッキをかけてもらいました。
リング裏は、ピンクゴールドのメッキです。

メッキ代は占めて5,670円。キャスト代5,754円と合わせ、11,424円かかっています。

このリング、ブシュロンというブランドの代名詞であるキャトルリングがCADの教材として
技法的に有効なため、教科書の課題になっています。
主にイエローゴールドのメッキ部分、チョコレートゴールドのメッキ部分のリングが
同じデザインを環状に配置する、というものであり、普通に手作りすると
気が変になってしまう程の手間のかかる工程なのですが、
CADだとコピー機能で環状配列が簡単なのだ、
という事を学ぶ課題なのです。

本来は全てゴールドを地金の時点で用いて作成するリングなのですが、
本家のブシュロンをネット検索してみると30~50万円の値段がつく代物です。
地金だけでもおそらく20万くらいするのでしょうね・・・
そんなの無理です、作れませんΣ(・ω・ノ)ノ

号数は17号程です。約1.5cmの幅広リングな為、実際の指のサイズよりも
大きく作らないと嵌めた際に指が圧迫されます。
これ、右手薬指に嵌める為、本来のサイズより3号程大きく作りました。

つまり私の右手薬指の実際のサイズは14号なわけです♪

今年の正月明けから作品制作を始めて、7か月半かかってしまいました。。。
そういう意味でも思い出深い作品です。

この記事に興味を持たれたようでしたら、以下をクリックして頂けると有難いです。
  ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。