スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「直線を彫る」・・・ですが(´・ω・`)

前回はタガネの制作、手入れ方法を学びましたが、今回はそのタガネを使用して
直線を彫る練習です。
縦4センチ×横4センチの真鍮板に模様を転写して、そのラインを彫ります。
彫りますが・・・

2012-09-09_1.jpg
彫り跡ガタガタ・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

DSCN0785.jpg

ハワイアンタガネでの彫りの基本は、以下タガネの画像の両端のみを使用して
フェイス部分を30度だけ傾けて、彫っていきます。

画像を拡大して見るとよくわかりますが
①歪に線が曲がっている。
②彫りの角度が一定していない。

2012-09-09_2.jpg

これには原因があり、和彫りの癖が出てしまっている事に起因します。
つまり、
①「引いて彫る」という和彫り技法に慣れてしまっている。これは石留めでも然りです。
 逆に言えば、押して彫るという行為に慣れていない。
②和彫りはタガネの「フェイス全体」で彫る。それに比べてハワイアンでは
 タガネの「両端のピンポイント」でしか使用しない。
という事です。

もっとも、そもそも真っ直ぐに彫れていない。
それ以前に線に沿っていない、という基本が出来ていないのです。

これは認めたくないのですが・・・私がどうやら老眼になってしまったようで、
タガネで彫る際に、線が見えていないのです。

2012-09-09_3.jpg

ハワイアンジュエリーのモチーフの一つ、「亀の甲羅」を彫る練習もさせられました。
タガネの端で彫る際は、手首を捻って固定して彫るのですが、
実は長年のPC作業で、慢性の腱鞘炎の為、手首を内側に捻ると激痛が走ります。
つまり通常の彫りの表現の半分しか物理的に出来ないのです。私。

これは致命傷です。

亀の甲羅は全て外側に手首を捻っての彫りで対応しました。

※用事があって4時間程外出していたため、この直前までの書き込みで一旦アップしてしまいました。

彫りの最後の部分ではしっかりと止めるべき線に対し、
電動のタガネの勢いに負けて流れてしまう彫りが散在しています。

というか、彫りというより、板に傷を入れているだけのような彫り跡に見えます。

100点満点で5点未満、という出来でしょうか?

次は「同心円を彫る作業」に入ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。