スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椅子の制作

【前回までのあらすじ(笑)】 背もたれの無い方は座席部分が結構クッションっぽくてラインが柔らかいっすから。 勿論背もたれ無い椅子にするんなら、ただの箱じゃないでしょうね~~。 座席のクッション感も表現して欲しいですよね~~。(←鬼) ・・・・・・orz moobuさんの上述の言葉がず~っとトラウマになっていて(ーー;)、また、他の方々からも「背もたれ無しの方がよく見かける」というコメントを頂いていましたので、背もたれ無しの椅子を作る事にしました。。。        画像の通りのちょっと可愛い椅子を作ってみました。 サイズは、縦1.7センチ×横1.7センチ×高さ1.2センチで、バフによって角をしっかりと削り取る事で、座席のクッション感を出してみました(^_^)b ど、どうでしょう? ちなみに椅子の裏側はこんな風になっています。       ピアノ本体部分は、鍵盤をリューターのバフポイントを使用して研磨しました。黒鍵盤のロウ漏れ部分は粗方除去でき、鏡面仕上げになりました☆⌒(*^∇゜)v ! 次回はピアノ本体に対して、いよいよ彫り留めを行います。次回か、その次あたりでこの課題「箱もの」はやっと終了する予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いやー、ほんとにお疲れ様でした^^
椅子はとっても雰囲気が出ていましたよー。
みんなピアノの出来栄えに関心して、裏側の引出しの存在を忘れて
いるから、傾けた途端、引出しが「ガチャン!!」^^;
かく言う僕が引出し落下第一号でした・・・ゴメンナサイ。

★銀石さん★
・・・皆さん、落とされるんですよね、引き出し(^_^;)
バレル研磨を行ったり、ピアノ部分をロウ付けする度に、引き出し部分が歪んでしまい、その都度、研磨を繰り返して、その時はピッタリだったのに、時間が経過すると何故か緩々になっているんです。
それで落ちやすくなるんですけど・・・仕方ないですよね。。。orz
次回は一番の難関である「彫り留め」が待ち構えています。
まだまだ気が抜けませんね(>_<)

わははは。(^▽^;)
すんません~~~。
んで、この椅子、本物のピアノ椅子のように高さ調節できるんでしょうね?(←鬼畜)
・・・・あっ、嘘嘘。(笑)
いやぁ、いい感じになってるじゃありませんか。(d ̄▽ ̄)ナイス
雰囲気出てきましたね~。
鍵盤部分の研磨も綺麗に出来てるし。
超力作ですね!
お疲れ様でした~。

すご~い!椅子の高さも調整できて
鍵盤も動くんですか?そして音まで!?
譜面もめくれるんですね! (←悪魔^^)
椅子、かわいいですね♪

★moobuさん★
moobuさんのいぢわる~~o(;△;)o エーン
高さ調節もさることながら、昨日は教室で「鍵盤が動くようにして下さい」なんてムチャクチャ言われました。
・・・・・・銀石さんにヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダ
あとは「石留め」と「燻し」なんですけど・・・この作品を燻せるだけの容器がありません。
教室では無理そうなので、自宅で燻しますか。お鍋の中に「610ハップ」入れて。

★bocoさん★
ヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...
酷過ぎる~(>_<)
そういうギミックものは私には無理なので、bocoさんにバトンタッチ致します。
是非、グランドピアノで実現して下さい(←倍返し)
ところで、この椅子ですが何気に鏡面仕上げになってします。三連リング用の地金で枠組みを作ってからが作業が結構早かったです(^_^)b

こんばんは♪お久しぶりです(^^)
うわぁ、うわぁ。。。
完成間近ですねぇ。。。
とてもステキです!
アップライトのピアノ一式、、、お宝ですねぇ(^^)

★まだむきてぃ☆かおり さん★
やっと、ここまで来ました(^_^;)
「同じものをもう1個作って下さい」とか、「今度はグランドピアノで!」とか言われたら、
「許して下さい~」って言って、泣いて土下座しますよ。。。
・・・でもこれで「彫り留め」に失敗したら、今までの苦労は水の泡になるので、まだまだ気は抜けません。

とうとう…最終段階まで来たのですね。
今度は「彫り留め」ですかぁ…ううう 気が抜けないですね。
えっと…えっと…そうでしたよね、これ、「箱モノ」だったんですよね?
引き出しがあるんですものね??
もうすっかりそんな事は忘れちゃっていて、
「ピアノ制作」だと思っちゃってました(笑)

★mika*さん★
私、石留めは普段殆どやらなくて、その中でも「彫り留め」が一番苦手なんです。
でもでも、残る課題の中で、まだ行っていない「伏せ留め」と「泡留め」を取り入れなくてはならなくて、消去法でいくと、どうしてもこの「箱もの」の課題で、「彫り留め」をする事になってしまうんです。
・・・・・むぅぅ(ーー;)
教室の人達も、これを「箱もの」の課題だと思っている人は殆どいなくて、大抵は「自由課題ですか?」とか「何かのコンテスト用ですか?」とか質問されます。
・・・課題ですって~(>_<)

また 手の込んだ椅子作りましたね(^o^)
この上に泣いているカエル君乗せてみたくなりましたよf(^ー^;
完成した作品 何時みれるのかが楽しみですよ(*^^)v

★toruさん★
えっ、そうですか?Σ(゜□゜;
結構シンプルなデザインの椅子だと思っているのですが(汗)
この椅子、バランスは相当良いです。テーブルの上に置くと、全然傾かないです。
これだけでも「箱もの」として通用します。
実は椅子がメインで、ピアノはオプションです!とか言ったら、皆どう思うでしょうね?
完成は多分そう遠くないと思います。とりあえず明後日は石留めを行います(^_^)b

椅子がメイン!! と言ったら 皆さん固まるでしょうね(^○^)
フリーエリア
プロフィール

刻

Author:刻
平日はコンピュータ会社に勤務しつつ、休日になるとアクセサリー教室に通う、表の顔と裏の顔を持つ、東京都中野区在住の銀細工師の日記です。

2010年9月から通っていたアクセサリー教室の「ジュエリーCAD」コースが2012年8月にて無事卒業。9月より「ハワイアンジュエリー」を勉強する事になりました。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。